ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽柴秀吉が、石田三成・千利休を従えて有馬に湯治(今日は何の日)

9月14日 天正13年(1585)

天正13年(1585)というと・・・
その3年前、本能寺で織田信長が討たれ、羽柴秀吉は謀反を起こした明智光秀を山崎の戦いで敗走させると、翌年、信長継承問題で対抗する柴田勝家を賤ヶ岳の戦で破ります。さらに天正12年には、小牧・長久手の戦いで、織田信勝と徳川家康を配下にすることに成功。
羽柴秀吉は、実質的な天下人となっていました。
そして大坂城を築城して居城とし、天正13年7月11日には、人臣の最高位である「関白」となります。さらに9月9日、朝廷より、「豊臣姓」を下賜されます。

その5日後のことです。 
9月14日 羽柴秀吉、治部少輔・仁右衛門・紀介・抛筌斎・施薬院全宗・今井宗久・今井宗薫ら側近を随行させ摂津国有馬に湯治。

「治部少輔」とは石田三成、「仁右衛門」とは増田長盛。「紀介」とは大谷吉継、「抛筌斎」は千利休のことです。

秀吉はこの前年くらいから頻繁に有馬に湯治のため訪れています。体調が思わしくなかったのでしょうか?
しかし、これだけ多くの側近を連れての湯治は珍しく、関白になったことのお祝いも兼ねていたのかもしれませんね。

ちなみにその年の2月5日には、ねね(北政所)が、有馬湯山に薬師堂建立(再建)のため、1500貫と地料として100石を寄進しています。妻として秀吉を陰で支えていた様子がちょっと分かりますね。

 


1クックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 羽柴秀吉 ねね 千利休 温泉 逸話 兵庫県 石田三成

愛姫?お船?まつ?おね? あなたはどの戦国妻タイプ? 相性診断チャート

こんな診断チャートがありました。

戦国妻&武将タイプ診断 

「歴女」(女性)向けに作られたもので、まず自分がどの戦国妻タイプなのかを診断。

左様じゃ(Yes)か、否じゃ(No)で進んでいって、自分がどの戦国妻のタイプかが分かります。

タイプは、お船、まつ、愛姫、おねの4人。


続いて今度は自分からみた旦那(結婚がまだの人は彼氏or好きな人)のタイプを調べます。

こちらのタイプは、先の妻の旦那、直江兼続、前田利家、伊達政宗、豊臣秀吉の4人です。

質問事項をすべてチェックして、一番チェックの多い武将が夫の戦国武将タイプとなり、相性をみるというものです。

 

男の私には使えないものですが、女性の皆さん、試してみてください。

 

ちなみに、自分がどの戦国武将タイプか?だけを試してみたのですが、チェックした数がすべて同じになってしまいました・・・戦国武将に向いていないってことか・・・(涙) いや、別の、織田信長とか、武田信玄とか、真田幸村とか、そっちのタイプなのです! きっと・・・

 

こちらもよかったら投票お願いします。

「好きな戦国武将」ランキング →→→

「彼氏にしたい戦国武将」ランキング →→→ 右にあります。

 

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 伊達政宗 羽柴秀吉 直江兼続 前田利家 愛姫 お船 ねね まつ

木下藤吉郎結婚 伊達政宗誕生 豊臣秀頼誕生(今日は何の日)

8月3日 永禄4年(1561)
木下藤吉郎、浅野長勝の養女「祢(ね)」と結婚。

木下藤吉郎(豊臣秀吉)は24歳、
祢(ね)(ねね・おね・北政所)は14歳。

この結婚には、こんな逸話があります。
当時、秀吉は信長の足軽組頭をつとめていました。
その頃から秀吉は、浅野長勝の養女・ねねに心惹かれていたようです。
しかし、最初にねねに縁談の話を持ちかけたのは前田犬千代(前田利家)でした。
ところが、14歳のねねの返事は・・・
「ごめんなさい。私は犬千代さまより、藤吉郎さまの方が好きです」
落ち込む犬千代であったが、男らしくそのことを藤吉郎に告げます。
こうして、木下藤吉郎とねねは結ばれたといいます。


それから6年後の8月3日 永禄10(1567)年 
伊達政宗、陸奥国に誕生

米沢城主・伊達輝宗と義姫(最上義守の娘)の間に嫡男として生まれます。
幼名は梵天丸。梵天とは神が宿る幣束のこと。つまり梵天丸は神の化身という意味があります。
伊達政宗が生まれた永禄10年当時、
武田信玄46歳、織田信長33歳、豊臣秀吉30歳、徳川家康24歳でした。



8月3日 文禄2(1593)年
淀殿(羽柴秀吉側室)、大坂城二之丸において男子(拾丸:ひろいまる)を出産。

昨日のNHK「天地人」では、深キョン(淀殿)が、稚児を授かったことを比嘉愛未ちゃん(菊姫)と常盤貴子ちゃん(お船)に話していましたね。来週あたり生まれるのでしょうか?

拾丸は後の豊臣秀頼です。
秀吉の次男(一説には三男)として生まれました。兄の鶴松はすでに世になかったので、秀頼が事実上の後継者となります。


秀頼の誕生は、正室・ねね(北政所)と側室・茶々(淀殿)の確執を生みます。

ねねの結婚記念日と、茶々の子の誕生が同日。偶然というか因縁というか・・・


  

ポチっとお願いします。いつもありがとうございます。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 羽柴秀吉 豊臣秀頼 伊達政宗 ねね 北政所 茶々 淀殿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。