ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上杉景勝が五十公野城を攻略(今日は何の日)

10月24日天正15年(1587)

上杉景勝軍の寄せ手は直江兼続、藤田信吉。
上杉景勝31歳、直江兼続27歳の時のことです。

天正15年(1587)年10月13日、景勝は新発田重家領内の五十公野(いじみの)城の東の峰続きに本陣を構え、火矢・大砲で攻めます。
そのときすでに城内には内応者が出ていました。
それは城主・五十公野信宗の側近、河瀬次太夫、羽黒権太夫などでした。

信宗自身も本丸を出て討って出たのですが、藤田信吉隊が木戸に迫ったところで、内通者が城門を開け放ち、藤田軍を引き入れます。
寄せ手は木戸を押し破って乱入、二ノ丸に火を放ったため、やむをえず信宗は本丸に入ろうとしますが、「ニの見橋」の上で内通者の羽黒権太夫が馬上よりこれを引きずりおろし、そこを河瀬らに頸を切られてしまいました。
そして10月24日、城兵一千余も討ち死にし、新発田氏の重要拠点だった五十公野城は落城してしまいました。(10月13日説あり)

そのまま上杉景勝、直江兼続は1万の兵で新発田城を包囲。
新発田勢は家臣共々最後まで戦いますが、ついに新発田重家は城を打って出て、敵陣に突入すると甲冑を脱ぎ捨て、真一文字に腹を掻き切って自刃したといいます。

ここに、7年もの間、直江兼続を悩ませ続けた新発田重家の乱が集結します。

ゆかりの地・史跡
五十公野城址
新潟県新発田市五十公野 新発田市立東中学校裏手
城跡説明板、曲輪跡、堀切、土塁など。

五十公野御茶屋
新潟県新発田市五十公野4926
入場料:無料 
休館日/月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日が休み)、12月1日~3月31日
新発田市役所(生涯学習課):TEL.0254(22)3715(代)
五十公野御茶屋は、新発田藩藩主溝口家の別邸、茶寮として使われた庭園。

現在の建物は1814年(文化11年)建築。1999年(平成11年)に復元修理。新潟県指定有形文化財および国指定名勝です。
奉先堂公園の名称で日本の歴史公園100選にの指定されている、回遊式日本庭園は見事で、日本の美の奥行きを十分に感じさせてくれます。現在の御茶屋は、数寄屋造りの簡素なたたずまい。ゆったりとした気分になれる場所です。
紅葉も素晴らしいところですよ。


1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。
スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 逸話 直江兼続 上杉景勝 新潟県 新発田重家

「上杉家120万石から30万石に減封」の厳しさ

10月4日のNHK天地人で、上杉家が120万石から30万石に
減封
され、家臣たちが大騒ぎしていましたね。
それを直江兼続が治めていましたが、
どのくらい大変なことなのか・・・?


模造刀『上杉景勝』拵え
Amazon.co.jp通販サイト/Amazon

1石は、米1合の千倍、つまり1,000合(約150kg)です。
現在のお金に換算すると、6万円ほどになるそうです。

広さは、1石≒1反≒300坪≒990㎡

上杉家は120万石でしたから、年収720億円ということです。
上杉家直属の家臣は6000人ほど。
6000人の家臣で割ると、年収1人平均1200万円です。

しかし、これはあくまで平均で、
6,000人の家臣の大半は下級武士で、20~50石ほどですので、
年収120~300万円
となります。

そして家臣は、大名から与えられた所領40石に対して1人
戦の時に兵を出さなければなりませんでした。 (いわゆる農民兵)

つまり、40石を与えられていたら、年収が240万円。
その内から、1人の兵とその家族が食べていける分を
出さなければならない
ということで、
家臣の生活も楽ではなかったでしょう。

さて、上杉家は120万石から30万石に減封ですから、
720億円から180億円に減収ということです。
6000人の家臣で割ると、
年収1人平均1200万だったのが、300万円です。
(あくまで平均で)

しかも家臣6,000人だけではなく、
その家族や軍勢(農民兵とその家族)なども含め
3万人が引っ越したといわれています。


どう考えてもこの収入では軍勢など養えません。
しかしそれでは戦の時に、直属の家臣6,000人だけ
なってしまいます。
ですから軍勢は養わなければなりません。

社員の数を減らさずに、会社の収益が4分の1というのは・・・
非常にヒジョ~に厳しいです。

守りの名将・上杉景勝の戦歴 (新書y)
Amazon.co.jp通販サイト/Amazon

1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 直江兼続 逸話 上杉景勝 山形県 福島県

上杉景勝から直江兼続へ、長谷堂城からの撤退命令が届く(29日説あり)(今日は何の日)

9月30日 慶長5年(1600)

西と東の出来事を、日を追ってみました。

9月15日、関ケ原の戦いはこの一日で決します。
しかし奥羽ではこの9月15日、直江兼続率いる上杉軍が、最上領の長谷堂城へ攻撃を開始しています。
この一度目の攻撃で、最上勢は、200~300の将兵が討死。
危機迫った最上義光は、伊達政宗に援軍を求めます。

9月16日、伊達政宗は、留守政景らを援軍とすることを決定。
9月17日、長谷堂城の最上勢が、上杉陣を夜討ちし、首150余をあげます。
9月20日、最上義光の妹・義姫が留守政景宛てに、一刻も早い援軍出動を催促。

9月21日、石田三成が、伊吹山の山中で東軍の捜索隊に捕らえられています。

9月24日、上杉軍が、長谷堂城に2度目の攻撃。伊達軍もようやく出陣します。

9月27日、徳川家康、大坂城入城。戦後処理を開始。

9月29日、上杉軍、長谷堂城に3度目の攻撃。

9月30日、上杉・最上両軍に、関ケ原合戦の結果が到着。
(上杉景勝から直江兼続に知らせが届いたのは29日とも)

10月1日、石田三成、小西行長、安国寺恵瓊が京都六条川原で処刑。
この日、上杉軍、長谷堂より撤退を始めます。
直江兼続が殿軍を務め、前田慶次が奮戦した撤退戦です。
撤退戦での死者は両軍合わせて2000人ともいわれています。

10月3日、直江兼続、荒砥城(山形県白鷹町)へ帰陣。
10月7日、最上領内の戦闘がようやく終息しています。
そして10月8日、上杉全軍が撤退完了。

先週の大河ドラマ「天地人」は、まさにこのあたりでしょうか。
前田慶次は登場しませんでしたが。

長谷堂城を守っていたのは当初1,000あまり。対して長谷堂城を囲んだ直江兼続の軍は1万8000とも。しかし落城させられなかったのは、長谷堂城城主・志村光安の活躍が大きいのですが、直江兼続にその気がなかったのでしょうか?

関ヶ原での決着後、もしも上杉が撤退せずに、最上を破り、伊達と結託し西へ軍を進めていたら・・・?
この時点では、時すでに遅しか・・・。

上杉謙信・景勝・直江兼続 軍神の系譜 (学研M文庫)
Amazon.co.jp通販サイト/Amazon

1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 逸話 直江兼続 最上義光 伊達政宗 留守政景 石田三成 徳川家康 前田慶次 上杉景勝

上杉景勝・直江兼続、生誕の地を巡る旅

上杉景勝と直江兼続が生まれ、若き日をともに過ごした新潟県南魚沼市には、二人のゆかりの地が多数点在しています。
 
樺沢城 新潟県南魚沼市樺野沢
上杉景勝が生まれた城と伝わり、景勝が生まれた時、胞衣(胎盤など)を埋めた、胞衣塚が安置されています。ここは当時から安産の神様として、信仰されているといいます。母・仙桃院のお花畑跡あどもあります。
 
龍澤寺 新潟県南魚沼市樺野沢30
上杉謙信の姉・綾姫は、龍澤寺の八世通顔和尚より「仙桃院」の院号を授かりました。仙桃院は、文殊菩薩に深く帰依し、1568年に守護仏、厨子入り文殊菩薩像を奉安して、景勝公の武運長久を祈願されたとあります。
寺の敷地内には、景勝公生誕の碑があり、本堂には、景勝の正室菊姫が護身用に使った薙刀があるといいます。
 
坂戸城 新潟県南魚沼市六日町坂戸
上杉景勝と直江兼続が居城としたことで有名な城です。2人の名を記した生誕の碑があります。
 
雲洞庵(うんとうあん)
新潟県南魚沼市雲洞660 025-782-0520 
景勝と兼続が「義」と「愛」の精神を学んだ禅寺。
喜平次や与六と呼ばれていたころから景勝と兼続は、この禅寺で北高全祝や通天存達から学問を学び、高潔な精神を養いました。
 


▽おすすめの宿 温泉御宿 龍言

上杉景勝の菩提寺龍言寺の跡地に建ち、江戸時代末期の豪農の館や武家屋敷を移築した木造平屋建の宿です。景勝の父・長尾政景の墓は龍言寺の境内に、漆で固め、鎧兜を着て埋葬されたといいます。
荘厳な長屋門をくぐり、屋敷の玄関を一歩入るとそこは、江戸時代にタイムスリップしたような空間です。
景勝や兼続が少年時代を過ごした坂戸山を見渡せる部屋もあります。
大庭園露天風呂や貸し切り露天風呂、広大な敷地に32の客室、囲炉裏のある茶の間や客室、そして約4000坪の大庭園と、そのスケールの大きさに圧倒されます。
妻夫木聡や北村一樹、高嶋政伸もここを訪れているようです。
(じゃらんnet提供)

宿泊プランも豊富で、ちょっと高めですが楽しめそうです。

天地人~お船の方 プラン
直江兼続の奥方、お船は年上女房。奥さんが年上のカップルには素敵なプレゼントがあります。朝は部屋へモーニングコーヒーのサービス、龍言自慢の貸し切り露天風呂使用料1回サービス(通常40分2000円・完全予約制)、お帰り時にはアトピーに効くと評判の龍言の温泉水を使った「美顔石鹸」がプレゼント。
 


天地人~直江兼続「愛」プラン
名前に「愛」の文字がつく方限定!グレードアップした部屋と地元の美味しいケーキを用意。部屋は、和室10畳に次の間4.5畳がついたお部屋。「愛」カブトをかぶって記念写真。
予約の際は、名前に「愛」の文字がつく人からの連絡で。


新潟県南魚沼市周辺のホテル・旅館はこちらから



にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 上杉景勝 直江兼続 温泉 新潟県

「天地人」に前田慶次は登場しない・・・?

ネット上で調べてみると、直江兼続の盟友・前田慶次は、どうやら登場しないようですね。「キャストは高橋克典に決定」なんて騒がれたりもしましたが。

前田慶次が登場しないとなると、「
長谷堂城の戦い」はどう描くのでしょうか?
旧日本軍参謀本部の「日本戦史」でも取り上げられるほど見事な、前田慶次が殿軍を務めた撤退戦はどう描くのでしょうか?
自害しようとする直江兼続を、前田慶次が諫める場面はどう描くのでしょうか?

天下分け目の関ヶ原の合戦は、関ヶ原だけで起きたものではなく、日本全土で起きていました。そのなかでも、奥羽の戦、つまり上杉家と最上家・伊達家の戦は、関ヶ原の合戦の勝敗を大きく左右するものでした。

徳川家康は、東を最上義光と伊達政宗に任せ、後方の憂いをなくして西上しました。
もしも、最上家・伊達家の抵抗がなければ、上杉軍は西に向かい、石田三成とともに徳川家康を挟み撃ちに出来たかもしれず、戦局は大きく変わっていたのです。

また数分数秒のナレーションで済ませてしまうのでしょうか・・・

新発田重家の乱もなければ、前田慶次も登場しない・・・

Yahoo!の番組感想のグラフは、去年の篤姫のグラフを逆さまにしたようになっちゃってます。

この期に及んでも、NHKのサプライズを期待していますが・・・

 

 1クリックで1票、応援お願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 直江兼続 前田慶次 上杉景勝 伊達政宗 最上義光 石田三成 徳川家康 新発田重家 山形県 NHK

武田勝頼の痛恨の判断ミス? 徳川家康と北条氏政が同盟を結ぶ 武田家滅亡への序章(今日は何の日)

9月5日 天正7年(1579) 

徳川家康と北条氏政の同盟には、武田勝頼はもちろん、上杉景勝(直江兼続)が大きく関わっています。

天正6年(1578年)、越後国で上杉謙信が死去すると後継者を巡る御館の乱が発生します。
武田勝頼は当初、夫人の実の兄である北条氏政の要請もあり、また夫人の実の兄にあたる上杉景虎を支持していました。

しかし、もう一方の後継者候補である上杉景勝から武田勝頼に対して願ってもない和議の申し入れがあったのです。
それは、和議が成立した際には、上杉景勝から武田勝頼に一万両を献上するというものでした。

いわゆる金での買収という「卑怯」な手段は、上杉景勝を説き伏せた直江兼続の策略であったろうといわれています。

金一両が今のお金にして4万円ほどといいますから、一万両は4億円ということになりますでしょうか。

当時武田家は、長篠の戦いで織田・徳川連合軍に大敗を喫したうえ、出兵に次ぐ出兵で軍資金が底をついていました。
さらに、武田の財政を支えてきた甲斐・信濃の金山が枯渇し始めたと言われています。武田軍の軍用金の多くが産出されたと伝わる黒川金山(山梨県甲州市塩山)は天正4年(1576)に廃坑となっています。
つまり当時の武田家は、武田信玄が生きていた頃と違い、財政難状態だったのです。

武田勝頼にとっては、まさに魅力的な和睦条件でした。

さらに甲陽軍鑑によると、武田勝頼側近の跡部勝資と長坂光堅(釣閑斎)にも、それぞれ二千両の賄賂が渡されていたとされています。

そして武田勝頼は上杉景勝と甲越同盟を結んでしまいます。

この報を聞いた北条氏政は、武田家との甲相同盟を破棄します。
そして天正7年の9月5日、北条氏政は織田信長・徳川家康と同盟を結びます。この徳川・北条同盟により武田家と北条家は完全に断交に至ります。(北条・徳川の完全な同盟成立は9月13日とも)

結果的に武田勝頼のこの判断は、武田家自体の運命を決めてしまう格好になってしまいました。


1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

ポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 徳川家康 北条氏政 上杉謙信 上杉景勝 直江兼続 武田勝頼 山梨県

直江兼続・因縁の相手 新発田重家(福勝寺)

新発田重家像 新発田重家公像

今年6月、新発田に行く機会があり、新発田城新発田重家の像がある福勝寺の近辺を歩いてきました。
大河ドラマ「天地人」で、直江兼続と新発田重家の因縁がどんな風に描かれるのかな?と楽しみにしていたのですが、残念ながらその辺りはほとんど取り上げられませんでしたね。

直江兼続にとって新発田重家とは・・・

新発田重家はもともと上杉謙信の家臣でした。
御館の乱で景勝方につき大いに活躍しますが、ほとんど恩賞を与えられず、さらに景勝が上田衆ばかりを重要視したことへの反発から上杉に反旗を翻します。
そして新発田重家は、7年もの間、上杉景勝に抵抗し続け、特に新発田と領地を隣接する与板を居城とする直江兼続を悩ませ続けた武将です。

新発田城02 新発田城

 
上杉景勝は、幾度となく新発田を攻めますが、時にはあっけなく敗れ、時には散々な目に遭い、時には危うく討ち取られそうにまでなります。

そして天正12年、上杉景勝は直江兼続に新発田を攻めさせますが、戦巧者で知られる新発田重家の前に直江の陣は崩壊。直江兼続は大損害をこうむって敗北しています。

しかし天正15年、羽柴秀吉の支援を受けた1万余の上杉景勝の大軍に新発田城は取り囲まれます。
新発田勢は家臣共々最後まで戦いますが、ついに新発田重家は城を打って出て、敵陣に突入すると甲冑を脱ぎ捨て、真一文字に腹を掻き切って自刃したといいます。

福勝寺前の通り 

福勝寺に続く板塀

福勝寺 

福勝寺(左が新発田重家公像)

福勝寺看板 

案内板(クリックで拡大)

 

新発田重家廟 

新発田重家公廟(像の裏にあります)

 

境内にはお墓や宝物殿があるようですが、時間がなく行けませでした(残念・・・)

 


1クリックで1票、応援お願いいたします!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

 

こちらもポチっとお願いいたします。とても励みになります。

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 直江兼続 新発田重家 上杉景勝 新潟県

岐阜城 陥落(今日は何の日)

岐阜城攻防戦は関ヶ原の合戦一連の戦です。

慶長5年(1600)徳川家康は、上杉景勝に上洛命令を出します。しかし、景勝は自国の会津を動かず、家老・直江兼続が、挑発的な書状(いわゆる「直江状」)を返し、徳川家康を激怒させます。

徳川家康は、会津征伐の軍事行動を起こします。(この行動は、自分が畿内を留守にして、石田三成に挙兵のチャンスを与えるためだったといわれています)
石田三成は、毛利輝元を総大将として西軍を構成し宣戦布告。伏見城を攻め落とします。一方徳川家康は「小山評定」で東軍を結成。諸将を西上させます。

西上した東軍主力は、尾張清洲城に滞陣し、家康の指示を待ちますが、当の家康は江戸から一歩も出る気配がなく、指示も出さぬまま日にちだけが進んでいました。
これは、先鋒の諸将の忠誠心をはかるためといわれています。
「自分たちは試されている」と知った諸将は競い合うようにして戦いに出ます。

東軍主力は、福束城、高須城などを次々と陥落させ、三成が援軍を出した竹鼻城も、東軍・福島正則らにより一日で陥落してしまいます。

岐阜城に追いつめられた城主織田秀信(信長の孫)は22日夜、大垣城と犬山城に救援要請を飛ばし、軍評定を開くものの、城主織田秀信の独断により木曽川にて迎え撃つと決まります。
待ち構えていた西軍織田勢は、渡河してくる東軍に対し、一斉射撃で応戦するも、数で圧倒され、後退。

城主秀信も激戦を展開しますが、敗れ、織田勢は岐阜城へと退却、援軍到着まで籠城死守することに決めます。
しかし東軍の浅野幸長、井伊直政、福島正則らが岐阜城砦に殺到。

そして23日朝、総攻撃を開始。諸砦を落とし、岐阜城は瞬く間に包囲されてしまいます。 
万策尽きた秀信は城中より笠を掲げて降伏の意を伝え、東軍はこれを容れて攻撃を停止しました。 
こうして岐阜城は、わずか一日であっけなく落城。

頼みにしていた援軍はついに一兵も来なかったといいます。


ゆかりの地・史跡
岐阜城 岐阜県岐阜市金華山
「岐阜城パノラマ夜景」開催中

岐阜城周辺のホテルも1泊4,000から!お得情報満載!



ポチっとお願いします。とても励みになります。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 徳川家康 石田三成 上杉景勝 直江兼続 関ヶ原の合戦 直江状 岐阜県

伊達政宗宛に、徳川家康から「百万石のお墨付き」が送られる(今日は何の日)

8月22日 慶長5年(1600)

伊達政宗は、天正17年(1589)、内紛のあった会津・葦名氏を破り、会津は伊達の支配下に入りました。伊達政宗は、現在の山形県・宮城県・福島県の三県にまたがる広大な領地を得て奥州の覇権を確立し、さらに関東への進出をねらいました。伊達政宗、時に23歳。

しかし時の権力者・豊臣秀吉の命令で、わずか一年余の支配で伊達政宗は会津の地を手放す事になります。

そして慶長3年(1598)、思いがけない大物が会津に乗り込んできました。豊臣家五大老の一人、上杉景勝でした。
伊達政宗に対する羽柴秀吉の牽制策であることはいうまでもありません。
上杉景勝は会津、仙道をはじめ、長井、刈田を加えた百万石の大名として、家老の直江兼続とともに移ってきました。 

伊達政宗は、羽柴秀吉が没した後の翌慶長4年、長女・五郎八姫と徳川家康の息子・忠輝との婚約を成立させます。
これに文句をつけたのが石田三成でした。
羽柴秀吉は遺言で、大名同士が勝手に婚姻関係を結ぶことを禁じていたのです。

徳川家康と石田三成の対立がにわかに緊張してきました。
徳川家康と対立する上杉景勝も、伊達政宗の動きに警戒の目を注ぎます。
(上杉景勝は、重臣の直江兼続が石田三成と懇意だったことなどから、徳川家康と対立していました)

慶長5年、関ヶ原の戦いが起こります。石田三成挙兵の報を受けた徳川家康は、上杉勢の行動を押さえるため、伊達政宗に出兵を依頼しておいて西へ向かいます。 

この時、徳川家康が伊達政宗に送った書状が、いわゆる「百万石のお墨付き」です。

内容は、石田三成との戦いに勝った際には、刈田、伊達、信夫、二本松など伊達の旧領七ヵ所を伊達政宗に贈るというものでした。
伊達政宗にしてみれば、現在の所領58万石に加え、新たに49万石の領土を与えられることになり「百万石のお墨付き」と呼ばれるようになります。 

伊達政宗は、直接には関ヶ原の決戦には参加していませんが、石田三成の唯一の協力者といっていい上杉景勝の動きを完全に封じたのです。 もし上杉景勝がその主力を率いて石田三成の西軍で活躍していたら、関ヶ原の合戦は別の結果を見せていたでしょう。 徳川家康の大勝は、伊達政宗の力あってこそといえるかもしれません。

「百万石のお墨付き」の約束は、ご存知のように果たされず、わずかに刈田一郡を送られただけ。伊達政宗の百万石の夢は崩れ、結果的には伊達家六十二万石ということで終わりました。

『徳川家康領知覚書』(いわゆる「百万石のお墨付き」) は仙台市博物館が所蔵

 

1クリックで1票、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

 

ポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 伊達政宗 徳川家康 関ヶ原の合戦 石田三成 上杉景勝

上杉景勝・直江兼続VS伊達政宗(今日は何の日)

8月7日 慶長5年(1600)

徳川家康が伊達政宗に書状を発し、秀忠・佐竹義宣の双方と協力して上杉景勝に当たるよう命じた日



豊臣秀吉の死後、慶長5年(1600年)6月に会津攻めのため出陣していた徳川家康が、下野小山において石田三成の挙兵を知り反転、西上します。

徳川家康の脅威が去った上杉景勝は、最上義光攻略に出ます。 そこで家康は、慶長5年8月7日、伊達政宗に書状を発し、上杉景勝に当たるよう命じるのです。
上杉軍の大将・直江兼続は最上領向けて侵攻を開始。総兵力は2万5000人。 それに対して最上軍の総兵力はおよそ7000人。山形城には4000人(?)ほどの兵力しかありませんでした。

伊達政宗は、徳川家康に命じられた通り、援軍として留守政景を将とした約3000の軍勢を差し向けます。 しかし伊達の援軍をあわせても、上杉軍の優位に変わりはなく、最上は危機迫った状態となります。


ところが関ヶ原の本戦で石田三成率いる西軍が、徳川家康率いる東軍に大敗を喫します。その知らせを聞いた直江兼続は自害しようとしたものの前田慶次(前田利益)に諫められ撤退を決断。兼続は鉄砲隊で最上軍を防ぎながらその追撃を振り切り米沢城に帰還しました。

「奥羽における天下分け目の東西合戦」ともいわれます。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 徳川家康 伊達政宗 上杉景勝 直江兼続 前田慶次 逸話 石田三成

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。