ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今川義元VS北条氏康 武田晴信救援で義元勝利(今日は何の日)

8月16日 天文14年(1545)

【今井狐橋の戦い】今川義元が北条氏康と駿河今井狐橋で戦い、武田晴信(信玄)の救援を得た義元が北条勢を破る。 

天文14年(1545)の7月、今川義元は突如として東に軍を進め、駿河・長久保城を包囲します。
北条氏康は、一万の軍を率いて小田原を発し、沼川と滝川が合流する今井狐橋で対陣。
そこには甲斐武田、風林火山の旗がなびいていました。 

8月16日、北條勢は今川・武田両軍を相手に苦戦を強いられ、伊豆・三島まで退却します。

この戦いの後、北条綱成の守る川越城が上杉軍によって包囲されたという知らせが入ってきます。つまり北条氏康の軍勢を東西に分散させるための壮大な戦略の一端だったのです。

その後、北条は日本三大夜戦(日本三大奇襲戦)といわれる川越夜戦を起こします。


(長久保城と今井狐橋の位置関係が不明です。沼川と滝川が合流する点に今井狐橋があったとすると、今井狐橋の方が長久保城よりも15kmあまり西になります。)

ゆかりの地・史跡

長久保城址 静岡県駿東郡長泉町下長窪
城山神社一帯には土塁を見ることが出来ます。



            

 

           

ポチっとお願いします。とても励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 武田信玄 今川義元 北条氏康 書籍 グッズ 川越夜戦 静岡県 埼玉県

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。