ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田信玄軍、木曾福島城を包囲 木曽義康、降伏し開城(今日は何の日)

8月21日 天文24年(1555)

天文24年3月、武田信玄は自ら兵を率いて松本に進出し、栗原左兵衛、足軽大将・多田淡路らに木曽へ侵入させ、薮原に布陣させます。
4月、武田軍は準備が整い、福島へ攻め込もうとしますが、越後の上杉謙信が川中島へ出陣するという情報が届きます。信玄は、薮原に栗原左兵衛、多田淡路らを残して、川中島へ向かいます。 (第2次川中島の戦い)

多田淡路ら武田軍は福島城を目指し進軍。

迎える木曽軍勢は地形の険峻な天然の要塞を利用し戦い、持久戦となりますが、8月21日、木曽家18代義康は木曽の安全を計り、和議を申し立て、福島城が開城されました。

木曽義康は娘の岩姫を人質として甲府に送り、信玄は三女を木曽義康の息子義昌の妻とし、西の防備を固めました。

その後、木曽氏は武田氏の親族衆として手厚くもてなされたといいます。

ゆかりの地・史跡

木曽福島城址 長野県木曽町福島5703

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 武田信玄 上杉謙信 川中島の合戦 長野県 木曽義康 木曽義昌 栗原左兵衛 多田淡路

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。