ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長宗我部元親が安芸城の安芸国虎を攻める。国虎自刃、安芸氏は滅亡(今日は何の日)

8月11日 永禄12年(1569)
長宗我部元親が安芸城の安芸国虎を攻め、安芸氏を滅亡させる。

安芸氏は、壬申の乱(672年)で土佐へ追放になった蘇我赤兄の子孫として伝えられ、地頭として安芸庄を支配し、繁栄の基礎をつくりました。

戦国期には大豪族として、土佐国東部で最大の勢力を誇るようになりました。安芸城の城主である安芸国虎は、土佐統一を進めていた長宗我部元親と対立。激しい抗争を繰り返しました。

永禄12年(1569)4月、長宗我部元親は安芸国虎に宛て、「和睦したいので岡豊城へ来ていただきたい」という書状を送りますが、国虎は「無礼千万」として取り合いませんでした。これを大義名分として元親は安芸領へ攻め込みます。

7月、元親は、7200人の兵をひきいて金岡城(安芸郡芸西村)を落城させ、これに対し国虎は5300人の兵を集めて、八流(安芸市)で守りを固めました。
八流は海に面した自然の要害でしたが、長宗我部軍の奇策により動揺した安芸軍は総崩れとなり撤退します。
そして、この間に長宗我部軍が安芸軍内の協力者の先導で山越えし、城の背後から攻め込んだため、安芸軍は全軍城に引き揚げ、安芸城に立て籠もることとなりました。籠城は24日間に及びましたが、敵に内通する者が出て、城内の井戸に毒を投げ入れたため、ついに国虎は城を明け渡すことを決心します。

国虎は一子千寿丸を阿波へ落ちのびさせ、夫人を生家の一条家(中村市)のもとに送り返した後、全将兵の助命を条件に浄貞寺に入り自刃。永禄12年の今日、8月11日のことでした。 その墓は、殉死した有沢、黒岩両家老の墓に守られるように、今も浄貞寺に残っています。

安芸国虎ゆかりの地・史跡
安芸城址 高知県安芸市土居
問い合わせ 安芸市商工観光課 0887-35-1011
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線安芸駅より車で5分

浄貞寺 高知県安芸市西浜556 0887-35-3081 

高知県安芸へ観光・旅行の際はこちらがお得!




ポチっとお願いします。励みになります。
スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 長宗我部元親 高知県 安芸国虎

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。