ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おいでませ」毛利氏ゆかり山口の旅

萩藩・毛利公の御用湯治場
【湯田温泉】~山口県山口市~
 
アルカリ性単純泉で皮膚によく馴染むことから
お肌をスベスベにする効果が高いそうですよ!
600年ほど前、源泉が湧き出したとき、その中から
「薬師如来の金像」が現れてびっくり…
それを湯田温泉を鎮護する仏としたそうです。
毛利氏の人々もそのご利益にあやかろうと、
湯治場としたのかもしれません。
 
▼冷え性改善にお役立ち! 「足湯めぐり」
温泉街には女性に人気の足湯が5か所もある充実ぶり!
さらに、観光案内所で売られている「開運飲泉ぐい呑み」
ぐいっと温泉を呑めば、健康運も上昇!
 



▼おすすめの宿 「湯別当 野原」
湯田温泉発祥の地・創業460年の老舗旅館

毛利のお殿様もハマった泉質の温泉を堪能しながら

山口名物トラフグの会席料理プランなんていいですね~

ご家族・カップルに人気の貸切風呂も魅力です。

(2タイプあります:50分¥2100/¥1500)


(じゃらんnet提供)
 
      周辺探訪:毛利元就の菩提寺「洞春寺」
1572年に広島・安芸国吉田に創建。
江戸時代になって毛利の殿様が萩に移ったときに
萩に移りましたが、 明治になって山口に移されました。
隣にある香山公園には国宝瑠璃光寺五重塔
幕末から明治にかけての毛利氏当主の墓所など、
毛利(盛り)だくさんに楽しめます!



1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもポチっとお願いいたします。とても励みになります。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 毛利元就 温泉 山口県

中国地方の覇者 毛利元就の真実【“自己管理”が最大の武器!】

◆前回に引き続き、山口県ネタです。
防府市の「毛利博物館」と合わせて訪れてみると
いいかもしれませんね。

住吉神社(山口県下関市)

河渡祭(かわたりさい) 
開催日:平成21年12月1日(火)

この祭りは、
石見国江川で毛利氏と尼子氏が戦ったとき, 
毛利元就は全軍に神酒を与え,田作りと餅粥をふるまって, 
その勢いでいっきに奇襲して江川を渡ることに成功した、

という古事に始まり,現在では大きな釜に餅粥を炊いて 
一般参拝客にふるまっている。
( 山口県観光情報より )


◆前回のエピソードに出てきた“餅”がまた出ましたね。(笑)
ちなみに元就自身は、ほとんどを口にしなかったそうです。
というのも祖父・父・兄がいずれも酒害がもとで
早くして亡くなっていたからだそうで、晩年こんな言葉を
残しています。 

「酒さえ飲まなかったならば、 
人は七十、八十までは生きられる」
 
志ある者の自己管理を、身をもって示した重い言葉です。

とはいえ、酒に逃げたいって思うことは多いよね~
でも酔いが覚めたとき、
「何も変わっちゃいないことに気がつく」んだよね…
かの清志郎さんも歌ってました。
(♪「いい事ばかりはありゃしない」より)

住吉神社
山口県下関市一の宮住吉1-11-1 TEL:083-256-2656
神功(じんぐう)皇后の創建と伝わる長門一の宮。国宝の本殿毛利元就造営の拝殿(重要文化財)などがあります。
また宝物館には、毛利元就及び元就の長男隆元、二男元春らの文書も多数所蔵されいます。

 





ポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : お祭り - ジャンル : 地域情報

Tag : 毛利元就 祭り 山口県 逸話 名言

中国地方の覇者 毛利元就の真実【昼も夜も気配りNo.1武将!?】

◆山口県防府市の毛利博物館から 
毛利元就ファン必見の企画展のお知らせ! 

毛利博物館企画展
 「対決!毛利氏と信長・秀吉・家康
    ~名品と書状で語る戦国絵巻~」


期間:平成21年9月17日(木)~10月26日(月)

西国の雄であった戦国大名毛利氏が、

信長・秀吉・家康など戦国の名将たちと対決し、

激しく争う歴史を、毛利家伝統の文化財からひもときます。
( 毛利博物館HPより )


◆毛利博物館は、旧長州藩主毛利家に伝来する

美術工芸品・歴史資料約2万点を収蔵、公開している

西日本有数の博物館。
中でも「毛利元就所用色々威腹巻(重文)」は、

兜・大袖・喉輪(のどわ)など、製作当初の小具足

完存していて全国的にも珍しいとのこと。


[ 詳しくは… ]

毛利博物館HPまで
http://www.c-able.ne.jp/~mouri-m/



◆ちなみに、元就は名だたる戦国武将の中では珍しく、
物静かで誰に対しても礼儀正しかったそうです。
常に餅と酒を用意しておき、城下の侍や下人が来た時に、
酒好きには酒を飲ませ、飲めない者には餅を与えたそうな…

そんな元就、女性に対しても“気配り”がいき届いた男
として評判だったらしく、合わせて9男2女をもうけたそうな…
11人目の子は、71歳の時の子。
元気さよりも、マメさに見習うべきものがありますね~(笑)


ワケあり大バーゲンでお得に泊まれますよ! 通常のプランより割安感のある、そんな訳ありプランです!(一例:低層階のお部屋など)

1クリックで1票、応援お願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

ポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 毛利元就 逸話 山口県

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。