ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直江兼続の子・竹松のために開かれた五色温泉

NHK大河ドラマ「天地人」で直江兼続の子・竹松が病弱であることが語られていました。 

直江兼続は、眼を患った某僧が五色の湯に入って治ったという話を耳にし、生来の病弱に加え、両眼を病んでいた嫡子景明(竹松)のために、慶長14年(1609)、五色温泉に湯壷を開いたといいます。
浴舎や小屋を設け、大名並みに足軽60名に警護させ、長い湯治を行ったそうです。

実は天正年間、医者の薬で治らない奇病にかかった兼続が、五色温泉に湯冶に訪れ、快癒したという経験があったみたいです。

その五色温泉は、1300年ほど昔に役の行者が吾妻山中で五色の湯煙が立上るのを見つけ、温泉を発見したといいます。

五色温泉は炭酸水素塩泉で、そのお湯が含むカルシウムイオンやマグネシウムイオンには鎮静作用があり、けいれんや痛みをやわらげて炎症を抑える効果があります。

ですので、竹松の病がどんなものであったか分かりませんが、炎症性の目の病気(結膜炎、角膜炎、ブドウ膜炎)などには有効かもしれません。

▽五色温泉の宿
五色温泉 宗川旅館(むねかわりょかん)
秘湯好きにはたまらない、山あいの一軒宿(注:口コミ参照のこと)
立ち寄りも可能です。


(じゃらんnet提供)


1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 逸話 直江兼続 山形県

「上杉家120万石から30万石に減封」の厳しさ

10月4日のNHK天地人で、上杉家が120万石から30万石に
減封
され、家臣たちが大騒ぎしていましたね。
それを直江兼続が治めていましたが、
どのくらい大変なことなのか・・・?


模造刀『上杉景勝』拵え
Amazon.co.jp通販サイト/Amazon

1石は、米1合の千倍、つまり1,000合(約150kg)です。
現在のお金に換算すると、6万円ほどになるそうです。

広さは、1石≒1反≒300坪≒990㎡

上杉家は120万石でしたから、年収720億円ということです。
上杉家直属の家臣は6000人ほど。
6000人の家臣で割ると、年収1人平均1200万円です。

しかし、これはあくまで平均で、
6,000人の家臣の大半は下級武士で、20~50石ほどですので、
年収120~300万円
となります。

そして家臣は、大名から与えられた所領40石に対して1人
戦の時に兵を出さなければなりませんでした。 (いわゆる農民兵)

つまり、40石を与えられていたら、年収が240万円。
その内から、1人の兵とその家族が食べていける分を
出さなければならない
ということで、
家臣の生活も楽ではなかったでしょう。

さて、上杉家は120万石から30万石に減封ですから、
720億円から180億円に減収ということです。
6000人の家臣で割ると、
年収1人平均1200万だったのが、300万円です。
(あくまで平均で)

しかも家臣6,000人だけではなく、
その家族や軍勢(農民兵とその家族)なども含め
3万人が引っ越したといわれています。


どう考えてもこの収入では軍勢など養えません。
しかしそれでは戦の時に、直属の家臣6,000人だけ
なってしまいます。
ですから軍勢は養わなければなりません。

社員の数を減らさずに、会社の収益が4分の1というのは・・・
非常にヒジョ~に厳しいです。

守りの名将・上杉景勝の戦歴 (新書y)
Amazon.co.jp通販サイト/Amazon

1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 直江兼続 逸話 上杉景勝 山形県 福島県

直江兼続・前田慶次 奥羽の関ヶ原(今日は何の日)

9月13日 慶長5年(1600)

上杉景勝の家臣・直江兼続の直江状を読んだ徳川家康は上杉家討伐を決意し、大坂城を離れ下野の小山までやって来ます。
そして家康は上杉領に隣接する諸大名に対しても出動命令を下します。伊達政宗には北東の信夫から、最上義光には北の米沢から、仙道口を佐竹義宣に、西の津川口を前田利長・堀秀治に、そして家康自身は白河から。

しかしそこへ、家康の思惑通り、石田三成の挙兵の知らせが入り、家康は上杉の警戒を最上義光と伊達政宗に任せ江戸城に引き返し軍を整えます。

徳川家康に命ぜられた最上義光は、上杉領の酒田城を攻めようとします。
それに対し上杉は最上領への侵攻を決定。直江兼続を総大将として2万の軍勢が先制攻撃をしかけます。

直江兼続の主力軍は、最上領の最前線にある支城・畑谷城へ南側から攻め入ります。

一方、簗沢にまわった前田慶次の軍は、簗沢城を攻め(実際は明け逃げ)、村を焼き払い北側から畑谷城へ攻め上ります。

畑谷城を守るのは江口光清とわずか300の兵。

最上義光は「城を放棄して逃げよ」と江口光清に指示を出しましたが、江口光清は聞き入れず、徹底抗戦の構え。
直江軍からも無益な戦いをしたくないと、城の明け渡しを迫りますが、江口光清はこれを拒絶。「この城が欲しいなら、戦って取るがよい。上杉の習いはいざしらず、最上の武士は最後の一人になろうとも、城を明け渡すことはない」(奥羽永慶軍記)と300の兵で直江軍2万の軍勢に斬りかかります。

しかしやはり数の上でかなわず、9月13日、畑谷城は4時間で落城。江口光清は自刃、300の兵も一人として生き残らなかったといいます。

直江兼続は、この時の様子を秋山伊賀守宛ての手紙で、
「去る十三日、最上領畑谷城を乗り崩し、撫で斬りを命じて、城主江口五兵衛父子含めて、首を五百余り討ち取った。簗沢の城も空け逃げ、在々に放火し、昨十四日には最上の居城に向かい陣を構えている……」と書いています。「撫で斬り」とは、つまり、女子や子供なども切り捨てたということですが・・・兼続が虐殺を行ったのどうか、その事実は今となっては分かりませんが、とにかく江口光清の抵抗により、壮絶で悲惨な戦いとなったのでしょう。

直江兼続はその後、軍を長谷堂城へ向けます。

ゆかりの地・史跡
畑谷城(はたやじょう) 山形県東村山郡山辺町大字畑谷
城の麓にある長松寺に江口光清父子らの墓があります。

1クリックで1票、応援お願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 直江兼続 前田慶次 逸話 江口光清 山形県

前田慶次 【慶次V.S兼続 歌で激突!?】

インテリ婆娑羅!前田慶次

米沢直江会監事で元県議の野村研三さん(62)が、
直江兼続と、その盟友の前田慶次の関係にスポットを当てた
「雲龍の出遭(であい)」を出版しました。
雲龍の出逢 

500円 米沢市内の書店などで発売中

ともに武勇に優れ、古今典籍にも通じた文武兼備の将として
知られる両雄。兼続の漢詩や書状、慶次の和歌、日誌などの
資料を通じ、それぞれの生身の人間像をクローズアップさせている。
メーンとなるのは、慶長7(1602)年、亀岡文殊堂で開かれた
「亀岡文殊奉納詩歌の会」で詠んだといわれる兼続の漢詩7首と、
慶次の和歌5首。
( 2009年1月14日付 山形新聞より )

◆亀岡文殊堂(高畠町)の“文殊”は、もんじゅの知恵の文殊。
学問の神で知られる徳一上人が開いたお寺で、
合格祈願者が数多く訪れるそうですよ。
慶次・兼続ともに、男女の恋花鳥風月を題材にした
作品を残し、文人としてかなりの腕前だそうです。

◆かの前田利家おじさんを騙して水風呂に入れ
絶叫させた問題児が、すごい変わりようですね~
でも年表で確認したら、50歳前後の出来事!
若々しさというか、少年の心というか、
見習いたいものです…

《書籍に関する問い合わせ》
発行元・新産業開発研究所0238-26-7050


1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 前田慶次 直江兼続 書籍 山形県 逸話

「天地人」に前田慶次は登場しない・・・?

ネット上で調べてみると、直江兼続の盟友・前田慶次は、どうやら登場しないようですね。「キャストは高橋克典に決定」なんて騒がれたりもしましたが。

前田慶次が登場しないとなると、「
長谷堂城の戦い」はどう描くのでしょうか?
旧日本軍参謀本部の「日本戦史」でも取り上げられるほど見事な、前田慶次が殿軍を務めた撤退戦はどう描くのでしょうか?
自害しようとする直江兼続を、前田慶次が諫める場面はどう描くのでしょうか?

天下分け目の関ヶ原の合戦は、関ヶ原だけで起きたものではなく、日本全土で起きていました。そのなかでも、奥羽の戦、つまり上杉家と最上家・伊達家の戦は、関ヶ原の合戦の勝敗を大きく左右するものでした。

徳川家康は、東を最上義光と伊達政宗に任せ、後方の憂いをなくして西上しました。
もしも、最上家・伊達家の抵抗がなければ、上杉軍は西に向かい、石田三成とともに徳川家康を挟み撃ちに出来たかもしれず、戦局は大きく変わっていたのです。

また数分数秒のナレーションで済ませてしまうのでしょうか・・・

新発田重家の乱もなければ、前田慶次も登場しない・・・

Yahoo!の番組感想のグラフは、去年の篤姫のグラフを逆さまにしたようになっちゃってます。

この期に及んでも、NHKのサプライズを期待していますが・・・

 

 1クリックで1票、応援お願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 直江兼続 前田慶次 上杉景勝 伊達政宗 最上義光 石田三成 徳川家康 新発田重家 山形県 NHK

前田慶次 【味覚の秋にピッタリのイベント!】

インテリ婆娑羅!前田慶次 

米澤前田慶次の会主催「月見の会」 
開催日 2009年9月27日(日) 

前日の9月26日(土)は午後6時から松川河川敷で
「夜の川中島」のイベントが行われます。 
米沢へ1泊して、翌日前田慶次と月を見ながら
「米沢名物いも煮会」なんてどうですか。
 

 会費は、1名3,000円です。
 HPから御申込み下さい。米澤前田慶次の会HPはこちら
 米澤前田慶次の会

 締切は9月14日(月)までです。
 

 午後13時30分 堂森善光寺集合
 午後14時30分 前田慶次供養塔前で供養、読経、焼香
 午後15時    道中日記解説の講演
 午後16時    月見の宴(いも煮会)イベント企画募集中
( 米澤前田慶次の会H.Pより )

◆前日に行われる一大イベント“夜の川中島合戦”
なかなか見ごたえがありそうですね!
上杉戦国絵巻夜の陣

直江兼続に惚れて上杉家に仕えた慶次ですが、
初目見えの際に持参したのが“大根三本” 

「この大根のように見かけはむさ苦しいが、
 噛めば噛むほどいい味がでる拙者でござる」

と、真顔で言ったそうですね…
これをヘラヘラしながら言ったら軽~く見られそうです。
表情も言葉以上に人の心を動かす、彼の“武器”
だったのかもしれません。

 

1クリックで1票、応援お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

 

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

 

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 前田慶次 山形県 川中島の合戦 祭り 逸話 名言

前田慶次 天下御免の供養塔!

インテリ婆娑羅!前田慶次 

出羽之国「堂森善光寺」にて
毎月4日に前田慶次郎月命日供養
米沢善光寺 
前田慶次が埋葬されたと伝えられる善光寺では
彼の御霊を祀る供養塔が建立されています。
~碑文(部分)~
慶長五年、最上討伐には直江と共に出陣、
大いに戦い殿軍をつとめ完全撤退を果たして、
戦史に名を留めた。後、この地堂森に居を賜り、
邸を無苦庵とよび悠々自適この地を愛し郷民と親しみ、
慶長十七年六月四日七十歳の生涯を閉じた。


◆善光寺境内には慶次が力試しをした際に持ち上げた
「慶次の力石」があります。史実では60歳を超える
年齢…。無茶してますねー、慶次殿!
本堂内では、かなり「慶次グッズ」が充実、
モバイルサイトでは「善光寺限定・慶次郎殿待受け画像」の
プレゼントも実施中ですよ!
http://www.doumorizenkoji.com/mobile.html

【前田慶次 名言】

◆慶次が米沢に来る前、諸大名から「高禄(高給)で召し抱えたい」と
かなりの誘いがあったそうですが、彼はこれを断りました。 
「たとえ大大名たりとも、心のままにならなければ、
            卑しい男となんら変わりはない」
 
 地位や金はどうでもいい…これが“慶次流”だったらしいです。
 すがすがしいお言葉、ありがとうございます。



前田慶次ゆかりの地・史跡

米沢堂森善光寺 山形県米沢市万世町堂森山下375 電話:0238-28-1638



    


米沢のホテル情報も、もちろん満載です!

 

1クリックで1票、応援お願いいたします!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 前田慶次 逸話 名言 山形県

インテリ婆娑羅!前田慶次 【秋の米沢「前田慶次展」のお知らせ!】

今週は、前田慶次に関する最新情報とともに名言や逸話を特集します。

前田慶次展 

前田慶次展

宮坂考古館(山形県米沢市)

開催日:平成21年9月1日(火)~11月3日(火) 

直江兼続を支えた、天下御免の傾寄者(かぶきもの)
前田慶次展開催中!

◇花の慶次リトグラフ展同時開催!
◇企画展示品
 道中日記、堂森秋月図、上田士籍(上杉文書)
 (上記3点は、9/19(土)~10/18(日)まで
 甲冑、槍、面ほか

( 
米沢観光物産協会公式H.Pより )

◆前田慶次が晩年を過ごし骨を埋めた地・米沢は、
「天地人」効果もあって、かなり盛り上がってる
みたいです。
さんざん無茶した若い頃に比べ、米沢時代は
「無苦庵」で風流を愛して過ごす“静”の面が
顔を出します。
関ヶ原の戦いの直後、前田慶次が伏見から米沢に
向かう際に綴った「道中日記」には、こんな歌が
記されていました。
 

誰ひとり浮世の旅をのがるべき
             のぼれば下る逢坂の関

◆街道の山越えの苦難は、誰ひとりとして逃れられない
人生の“苦しみ”や“悲しみ”みたいなもんだ…
っていう感じですかね。
考えさせられる永遠のテーマなんですね~。
個人的には、「誰ひとり」ってところが響きます。



米沢天地人博2009ほか東北縦断のツアーはこちら↓↓↓


 

 

1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 前田慶次 名言 逸話 山形県

戦国史上最大の死闘「川中島の合戦」が甦る!『米沢上杉戦国絵巻』

『米沢上杉戦国絵巻 夜の陣 』

日時:平成21年9月26日(土)18:00~
場所:山形県米沢市 松川河川敷

戦国史上最大の死闘といわれた上杉・武田両軍の激突、永禄4年秋の川中島合戦が再現されます。

これは「米沢上杉まつり」の秋の祭典です。

「米沢上杉まつり」は、米沢上杉家の家祖である上杉謙信公を祀る上杉神社、上杉鷹山公、上杉景勝公、直江兼続公などを祀る松岬神社の春の例大祭として、古くより市民や観光客の皆様に親しまれてきました。

今年はNHK大河ドラマ「天地人」の放送を記念し、新しい秋の祭典として「よねざわ上杉戦国絵巻 夜の陣」を開催するとのこと。

松川河川敷に繰り広げられる戦国絵巻が皆様を戦国時代へ誘います。

火縄銃の発砲、上杉謙信公が単騎で武田信玄本陣に斬りこむ「三太刀七太刀」、千曲川を渡り押し寄せる高坂隊等の名場面が、闇の中に幻想的に蘇ります。

詳しい情報はこちら
よねざわ上杉戦国絵巻プロジェクト 本陣
〒992-0011 山形県米沢市中田町742-8(卸売団地内)
TEL 0238-36-0337(09:00~18:00) FAX 0238-36-0338
E-MAIL info@uesugi-festa.com

 


テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 上杉謙信 NHK 武田信玄 山形県 祭り 川中島の合戦

上杉謙信ほか上杉家伝来の甲冑、勢ぞろい!

 
上杉神社宝物殿 稽照殿(山形県米沢市)
 
上杉神社の宝物館で、上杉家伝来の甲冑・刀剣・衣装・絵画など多くの重要文化財を収蔵・展示しているのが稽照殿。
直江兼続所用の「愛」の一字の甲冑(「小札浅葱糸威二枚胴具足付属兜」)もここで見ることができます。 
 
上杉謙信公、上杉景勝公、直江兼続公の甲冑が一同に揃う様は、
身震いがするほどの重厚さと気高さを感じさせます。
上杉謙信所用「色々威腹巻」、「紅地雪持柳桐文平絹胴服」、「色々威腹巻兜・壼袖付附黒漆鎧櫃」、「毘」「龍」の軍旗、「絹本著色毘沙門天画像」、上杉謙信直筆の書状、上杉景勝「紫色威伊予札五枚胴具足」他、服飾類、太刀類等々。 
さて、上杉神社からすぐの上杉博物館では、「米沢 愛と義のまち 天地人博2009」が開催中!
平成21年1月24日~平成22年1月11日 会期中の休館なし。
一般700円 高校・大学生500円 小・中学生300円
 
織田信長から上杉謙信へ贈られたと伝えられる、国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示は10/10(土)~11/6(金)
ミニチュアも販売されています。
 
米沢を訪れた際は、こちらもいかがでしょうか?
小野小町の伝説に彩られた美人の湯
小野川温泉
小野川温泉観光協議会 0238-32-2111
1200年前に小野小町が父を探し京都から東北に向かった途中で病に倒れ、この地の温泉につかって病を癒したという伝説が今でも残っています。
 
上杉謙信ゆかりの地・史跡
上杉神社宝物殿 稽照殿 山形県米沢市丸の内1-4-13 0238-22-3189
9:0016:00(入館は15:45まで)

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 上杉謙信 上杉景勝 直江兼続 山形県

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。