ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田信玄 上洛を開始(今日は何の日)

10月3日 元亀3年(1572)


戦国武将ペンダント・鎧『武田・武田菱』
Amazon.co.jp通販サイト/Amazon

武田信玄は、常々「早く西上して天下を取り、まつりごとを正しく行いたい」と強く望んでいました。
ですから、足利義昭の要請は、きっかけに過ぎないと思いますが・・・

元亀2年(1571年)2月、武田は織田家との同盟関係を維持したまま、足利義昭の信長包囲網要請を受ける形で、2万5000の大軍を率いて徳川領へ侵攻し、4月15日には、三河国足助城(真弓山城)を攻略します。
しかし当時武田は、上杉・北条・徳川に3方を囲まれている状況で、長期間の遠征を維持することができず、甲斐へと撤退します。

ところが、思わぬ形で東方の憂いがなくなります。
元亀2年の12月、北条氏康の遺言により、跡を継いだ北条氏政は武田と甲相同盟を復活します。これで3方のうちのひとつの憂いがなくなりました。

この年、織田信長は比叡山を焼き討ちにし、浅井・朝倉連合軍との戦いも優位に進めています。

危機迫った足利義昭は翌年・元亀3年(1572)の1月、本願寺顕如を通じ、武田信玄へ織田信長の背後を脅かすよう依頼します。

 

フィギュア 武田信玄


信玄は、まだ北の上杉謙信からの脅威があったため、本願寺顕如に要請し、越中で一向一揆を起こさせます。
こうして戦力を一点に集中できるようになった信玄は、9月29に西上作戦を開始。
そしてついに10月3日、武田信玄は、2万2000の兵力を率いて甲府から出陣しました。


その後、武田信玄は三方ヶ原の戦いで徳川家康を破り、三河に侵攻するも、持病が悪化し、信州駒場で没します。

天下取りを目指して甲府を出陣してから6ヵ月後のことでした。


武田信玄 (学研M文庫)
Amazon.co.jp通販サイト/Amazon





1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもポチっとお願いします。

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 武田信玄 織田信長 徳川家康 本願寺顕如 足利義昭 北条氏政 北条氏康 山梨県 愛知県 静岡県

武田信玄生誕の地・要害山の隠し湯 積翠寺温泉

山梨県のJR甲府駅から北へ行くと、武田氏三代の居城・武田神社(躑躅ヶ崎の館)に出ます。その裏山にそびえるのが要害山です。
駿河の今川が、甲斐国に侵攻した時(飯田河原の合戦)、武田信虎は夫人たちを要害山へ避難させました。
身重の大井夫人は山上まで登れず、途中の「積翠寺」(せきすいじ)で男児(後の信玄)を出産しました。積翠寺境内にはこの産湯を汲んだ井戸が現在も残っています。
 
要害山は、スニーカーで気軽に登ることができる山で、大小の曲輪跡や門跡があり、その山頂は広場になっていて「武田信玄公誕生之地」の碑があります。
 
要害山の山肌に湧く鉱泉が発見されたのは鎌倉時代。信玄も手厚く保護し、たびたびこの地を訪れました。
 
現在は、甲府盆地が一望でき、夜景は必見!
戦国の世に、武田信玄はここから何を見ていたのでしょうか?
 
この「信玄の隠し湯」は今も変わらず冷泉が湧き続けています。

そして要害山の麓、標高780メートル、深い山々に囲まれた2軒の宿がひっそりと佇んでいます。


積翠寺温泉 要害
【特典付】24hロングステイ!カップルプラン
露天風呂からの風景です 

じゃらんnet提供)

二人っきりでのんびり、グラスワイン片手にゆっくりお話♪
夜11時以降は絶景露天風呂の貸切もできます。
山里の旬にこだわった食事も自慢。甲州名物おざらや季節の果実狩も楽しめます。



積翠寺温泉古湯坊 坐忘庵  

極上貸切朝露天!21hステイプラン
  (じゃらんnet提供)

最も贅沢な過ごし方を約束する【特別室】。ちょっとセレブな温泉お篭もり旅に人気の部屋。和室からもベッドルームからも甲府の夜景を見ることができます。特典:夜と朝、それぞれ露天風呂が30分貸切!






にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 武田信玄 山梨県 温泉

武田信玄が愛した下部温泉(信玄の隠し湯)

戦国時代の武将の多くは温泉を重視していました。その中でも武田信玄は温泉の発見や、開発にことさら熱心でした。
その温泉は傷ついた将兵の治療や休養に使われたり、また金山などで働く人々の療養にも使われたといいます。
他の戦国武将にもゆかりの温泉はあるのですが、武田信玄に関する温泉は、26カ所と非常に多く、信玄がいかに重要視していたかが分かります。

なかでも「武田信玄の隠し湯」として有名なのが山梨県の下部温泉です。
開湯はなんと1200年前。古くから骨折や切り傷に効く湯として知られ、武田信玄が川中島の戦いで受けた刀傷を癒したと伝わっています。

下部川の渓流に沿う温泉街は、湯治場の風情が今も漂い静寂な雰囲気につつまれています。

「下部ホテル」
武田信玄の隠し湯で6種類の露天風呂と11の湯船で湯めぐり♪広めのお部屋でゆっくりプラン
 
(じゃらんnet提供)
14,900円~ 1泊2食付 1人に1枚お呈茶券付!

「健康・旬彩の宿ホテル守田」
セレクション 地元の有機野菜や有精卵を取り入れた健康を追求した料理を楽しめます。
100種類の成分入りダイエット茶、女将手作りの梅干し、硬度150のミネラル豊富なダイエット効果のある下部の飲める源泉をサービス!
(じゃらんnet提供)
26,900円~ 1泊2食付

「湯元ホテル」
【部屋タイプお約束】 本館 和室10畳+踏込 お約束プラン
 (じゃらんnet提供)
9,450円~ 1泊2食付




テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 温泉 武田信玄 隠し湯 山梨県

武田勝頼の痛恨の判断ミス? 徳川家康と北条氏政が同盟を結ぶ 武田家滅亡への序章(今日は何の日)

9月5日 天正7年(1579) 

徳川家康と北条氏政の同盟には、武田勝頼はもちろん、上杉景勝(直江兼続)が大きく関わっています。

天正6年(1578年)、越後国で上杉謙信が死去すると後継者を巡る御館の乱が発生します。
武田勝頼は当初、夫人の実の兄である北条氏政の要請もあり、また夫人の実の兄にあたる上杉景虎を支持していました。

しかし、もう一方の後継者候補である上杉景勝から武田勝頼に対して願ってもない和議の申し入れがあったのです。
それは、和議が成立した際には、上杉景勝から武田勝頼に一万両を献上するというものでした。

いわゆる金での買収という「卑怯」な手段は、上杉景勝を説き伏せた直江兼続の策略であったろうといわれています。

金一両が今のお金にして4万円ほどといいますから、一万両は4億円ということになりますでしょうか。

当時武田家は、長篠の戦いで織田・徳川連合軍に大敗を喫したうえ、出兵に次ぐ出兵で軍資金が底をついていました。
さらに、武田の財政を支えてきた甲斐・信濃の金山が枯渇し始めたと言われています。武田軍の軍用金の多くが産出されたと伝わる黒川金山(山梨県甲州市塩山)は天正4年(1576)に廃坑となっています。
つまり当時の武田家は、武田信玄が生きていた頃と違い、財政難状態だったのです。

武田勝頼にとっては、まさに魅力的な和睦条件でした。

さらに甲陽軍鑑によると、武田勝頼側近の跡部勝資と長坂光堅(釣閑斎)にも、それぞれ二千両の賄賂が渡されていたとされています。

そして武田勝頼は上杉景勝と甲越同盟を結んでしまいます。

この報を聞いた北条氏政は、武田家との甲相同盟を破棄します。
そして天正7年の9月5日、北条氏政は織田信長・徳川家康と同盟を結びます。この徳川・北条同盟により武田家と北条家は完全に断交に至ります。(北条・徳川の完全な同盟成立は9月13日とも)

結果的に武田勝頼のこの判断は、武田家自体の運命を決めてしまう格好になってしまいました。


1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

ポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 徳川家康 北条氏政 上杉謙信 上杉景勝 直江兼続 武田勝頼 山梨県

武田陣中ほうとう祭り(武田信玄も愛したほうとうが食べ放題!)

富士山01  

武田信玄に関するお祭りをもうひとつ。

武田家終焉の地、天目山の田野(甲州市大和町)で、ほうとうが食べ放題で満喫できるお祭りです!

 

ほうとうは山梨県の郷土料理で、武田信玄が陣中食として用いたものとして知られています。

甲斐の国は山国で水田が少なく、米の代わりにほうとうがよく食べられていました。野菜をたっぷり入れることで、鋭気を養い戦に臨んでいたともいわれています。

現代の山梨では、「ほうとうを作れる娘は、良いとこに嫁に行ける」という言葉があるほど、馴染みのある食べ物なんですよ~。

もちろん各家庭の味、母の味というのがあって、山梨県民は物心つかない頃から母の作るほうとうを食べているので、記憶に刻まれた「ウチのかあちゃんの作るほうとうが一番旨い!」と胸を張って言います。

さてお祭りですが、甲州市や大和町の特産物の直売他、力強い和太鼓の演奏絵手紙教室じゃんけん大会などで、雰囲気を盛り上げるといいます。

 

ただし、当日は予約制で先着600名なので、参加希望者は電話・ファックス・はがきで事前に申し込む必要がありますのでご注意を。

 

参加費 大人500円、小人300円

問合せ先 TEL 0553-48-2111 FAX 0553-48-2024(代表)(甲州市観光協会事務局(甲州市役所観光課内))

E-mail : kankou03@city.koshu.yamanashi.jp

 

場所:日川渓谷レジャーセンター
日時:2009年10月31日(土)

住所:山梨県甲州市大和町田野

 



食べに行けない方は、こちらからお取り寄せも出来ます。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 武田信玄 山梨県 祭り

春の「信玄公祭り」と秋の「武田勝頼公新府入城祭り」・・・(?)

武田信玄のお祭りといえば、信玄の命日4月12日に合わせて甲府で行われる「信玄公祭り」が有名です。
信玄公祭りパンフ

そのメインとなる「甲州軍団出陣」は1,600人余りの鎧を身に纏った武者たちが、甲府の町をねり歩くという日本最大級のお祭りです
「信玄公祭り」は、「甲州軍団出陣」のほかにも、「武田24将騎馬行列」「甲府囃子演奏」、「子ども武者行列」、約1,000人による「風・林・火・山総踊り」、
変わったところでは「湖衣姫コンテスト」「こいひげコンテスト」(笑)など、盛大に行われます。


春のお祭りが「信玄公祭り」ならば、秋は「武田勝頼公新府入城祭り」があります。
いや・・・正確に言えば「あった。」です・・・
今年(2009年)から名称も内容も大幅にリニューアルされるそうです。
「武田の里にらさき・ふるさとまつり」~夢と感動のにらさき自慢市~と生まれ変わります。
内容はというと、たたみ1畳ほどの絵画65点を街中に展示する「武田三代物語絵巻展」、「おらが自慢の大声コンテスト」、「韮崎の中心で愛を叫ぶ」、「特産品早食いコンテスト」、「韮崎自慢絵手紙コンテスト」、「まちなかパフォーミング・アーツスタジアム」(ライブ・大道芸・紙芝居・陶芸の個展など)・・・と戦国色をほとんど無くしています。

「武田勝頼公新府入城祭り」を飾る最大のイベントだった、武田勝頼が新府城に入城する様を再現した時代絵巻行列はなくなってしまいました。

もともとこのお祭りは、勝頼が新府城に入場した12月24日ではなく、韮崎市の市制施行日に合わせて、20年前から始まったものでした。

武田勝頼を偲ぶお祭り、というよりは、とにかく大騒ぎして(失礼・・・)町を盛り上げようという発想が強いみたいですね。
戦国ファンにとっては、ちょっと残念です。もうちょっと歴史を重ねて欲しかったです。

でも、これはこれで楽しめるのかも・・・ですね。

「武田の里にらさき・ふるさとまつり」 詳しくはこちらpdf(観光協会)
開催日:10月11日(日)
JR中央線韮崎駅から徒歩5分。中央道韮崎ICから5分。
武田の里まつり実行委員会 0551-22-1111
山梨県韮崎市 韮崎駅前中央通り・本通り(歩行者天国内)
11:00~16:00



まだ間に合う!9月の大型連休に泊まれる旅館・ホテル特集!

今がチャンス!無料会員登録で得しちゃいましょう!


 

1クリックで1票、応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 武田信玄 祭り 武田勝頼 山梨県

武田信玄ゆかりの地

武田信玄を知る上で外せない、ゆかりの地を紹介します。(ほんの一部、4ヶ所)

躑躅ヶ崎の館跡(武田神社)  
武田神社02

武田信虎、信玄、勝頼の三代が住んだ館。 
永正16年(1519)勝頼が新府城を築いて移るまで、甲斐の国の中心でした。
館跡には当時からの堀、石垣、古井戸等が残り、信玄を始め一族の遺香を現在まで伝えています。

境内にある「三葉の松」は全国でも珍しく、黄金色になって落葉することから、身につけると「金運」のご利益があるといわれています。

信玄を祀る武田神社は大正時代に創建されたもの。宝物殿では、金小実南蛮胴具足「武田家相伝」(戦国時代)、信玄公軍扇(戦国時代)、武田二十四将図(江戸中期)、武田信玄公木造などを見ることができます。

躑躅ヶ崎の館跡(武田神社)
山梨県甲府市古府中町2611  055-252-2609 


大きな地図で見る


恵林寺

恵林寺  
武田信玄が快川紹喜を住職に招き、菩提寺にしていた寺です。

元徳2年(1330)夢窓国師によって開山された、臨済宗妙心寺派の名刹。寺の山門に掲げられた「心頭滅却すれば火自ずから涼し」は織田信長の焼き討ちにあった際、快川和尚が唱えたもの。

信玄没後4年目に武田勝頼を喪主として恵林寺で大葬儀が執行されています。
境内には、武田信玄の墓、武田家家臣の墓七十基も並びます。

信玄公宝物殿の収蔵品は、武田信玄所用と伝わる兜や軍配、真田昌幸所用と伝わる甲冑、風林火山の旗、武田信玄書状、甲陽軍鑑初版本をはじめ、400点以上といわれ、その一部を定期的に変更して展示されています。 また明王殿には、武田信玄が生前に対面で摸刻させたという、等身大の不動明王が安置されています。

恵林寺
山梨県甲州市塩山小屋敷2280  0553-33-3011

雲峰寺 
天平17年(745)、行基が開いたとされる由緒ある寺院。本堂、庫裏、書院、仁王門がすべて国の重要文化財に指定されています。室町時代に消失したのを武田信虎が再興しました。

宝物殿には、武田家の家宝である日本最古の日の丸の旗、信玄の軍旗・孫子の旗(風林火山の旗)、信玄の御身旗・諏訪神号旗、信玄の馬印などのほか、武田の古文書類が多数保存されています。

旗類は、武田勝頼が天目山の合戦で敗れ滅亡した際、託された家臣が山伝いに運び寺に納めたものです。

雲峰寺
山梨県甲州市塩山上萩原2678  TEL.0553(33)3172 



甲斐善光寺
武田信玄が創建した寺です。

川中島の戦いで、長野の善光寺に戦火が及ぶのを恐れた武田信玄は、永禄元年(1558)、本尊の阿弥陀如来や寺宝を移して創建しました。

武田氏滅亡により、御本尊は織田・徳川・豊臣氏を転々としましたが、慶長3年(1598)信濃に帰座しています。

寺は宝暦4年(1754)に消失しましたが、同年に本堂は再建されています。

金堂(本堂)は、高さ27メートル、奥行49メートルという、日本有数の木造建築として有名(東日本最大の木造建築物)で、山門とともに重要文化財に指定されています。その金堂下には、「心」の字をかたどる、お戒壇廻りもあり、鍵を触れることによって、御本尊様と御縁を結ぶことができるそうです。鳴き龍は日本一の規模。

甲斐善光寺
山梨県甲府市善光寺3-36-1 TEL 055-233-7570

 

 

「ドライブ旅行応援プラン」「駐車場料金無料プラン」「ガソリン代にも使えるQUOカードつきプラン」の三つのお得なプランが新発売!その他にもお徳情報が満載ですよ!




テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 武田信玄 山梨県

武田信玄からのミッションをクリアし、由布姫を救出せよ!

武田信玄とのゆかりは、直接にはない場所ですが…。

山梨県の富士急ハイランドに、信玄ファンにはたまらないアトラクションがあります。
その名も「武田信玄埋蔵金伝説『風林火山』」。脱出パニック系アトラクションです。
ネーミングを聞いただけでも行きたくなっちゃいませんか?

簡単なルールは、制限時間内に、「風」「林」「火」「山」の四つの文字を探し出し、さらわれた由布姫を救い出す、というもの。

制限時間があるために、室内を結構走り回りますが、なかなかクリアできずに、ハマる人も多いみたいです。

由布姫とはご存知の通り、武田信玄から寵愛を受けた側室・諏訪御料人のこと。武田勝頼の母ですね。
「武田信玄の埋蔵金」と呼ばれる埋蔵金は、山梨県の各地に眠っていると考えられています。埋めた場所を石に刻んだ地図も残されているといいます。しかし、伝説とは裏腹に埋蔵金にたどり着いたものはほとんどいないそうです。

さて、アトラクションですが、制限時間内に「風」「林」「火」「山」の4つの文字を全て集めると「最上階への扉」の向こうへ行けるらしいです。その先には何があるのか? ぜひ、ご自身の目でお確かめ下さい!
(私は・・・まだクリアできていません^^;)

武田信玄埋蔵金伝説『風林火山』入場料:500円

富士急ハイランド
山梨県富士吉田市新西原5-6-1
TEL : 0555-23-2111
2009年度の休園日は10/20(火)、11/17(火)、12/15(火)、1/19(火)、2/2(火)。




「ドライブ旅行応援プラン」「駐車場料金無料プラン」「ガソリン代にも使えるQUOカードつきプラン」の三つのお得なプランが新発売!その他にもお徳情報が満載ですよ~!

 

ホテル湖南荘
日本一の麗峰富士山の麓河口湖畔船津浜の中心地に位置し、雅ただよう和風旅館。富士山展望大浴場、露天風呂、クラブ、カラオケルーム、展望足湯などなど。 「富士急ハイランドへ行こう!プラン」 [朝食付]のお手軽宿泊プラン!
※富士急ハイランドのチケットは含まれません。

 

 


 

 

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 武田信玄 由布姫 諏訪御料人 武田勝頼 山梨県

武田信玄の甲州流城塞づくり 驚愕の飛脚篝火

武田信玄は、甲斐一国全体を城と考えていました。そしてその防衛体制は驚くべきものでした。

そのひとつが武田の軍法では「飛脚篝火」と呼ばれる「狼煙台」です。
狼煙台は東西南北の国境から、甲府の躑躅ヶ崎の館に急を知らせらることができるよう、4~5kmの間隔で点在、場所によっては1~2km間隔で配置されていたといいます。

川中島の合戦の場合、最前線の海津城からの火急の知らせは、松代の狼煙台から高遠山(伊那市)、大門峠(白樺湖)、葛窪(長野県富士見町)、観音平(山梨県北杜市小淵沢町)とつながれ、なんと海津城から甲府の躑躅ヶ崎の館まで約2時間半で到着したと言われています。(和田峠、金沢峠越えのルートもあったようです) 

武田の飛脚篝火は、驚くほど精密に作られ、厳重に管理されていたといいます。
武田信玄が一国全体を城と考えていたことがよく分かります。

ちなみに海津城~躑躅ヶ崎の館間は、直線距離でおよそ120km。
ナビタイムで移動時間を計ってみると、車で5時間19分(149.4km)。 

当時、早馬では10時間以上の距離。 
2時間30分は、驚く早さです!
おそらく、当時の通信手段としては、これ以上早いものはなかったでしょうね。

武田信玄、恐るべし。

 



1クリックで1票、応援お願い致します。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

ポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 武田信玄 山梨県 逸話

武田信玄が辿った秘密ルート解明!? 歴史発掘登山ツアー!

今週は、甲斐の虎こと、武田信玄を特集します。 

武田信玄 JR甲府駅前の武田信玄像


相模国・北条氏康の篭る小田原城攻めの際、犬越路(いぬこえじ)を越えたという武田信玄が辿った行軍ルートの謎を解きながら歩くというこのツアーがあります。主催は「NPO法人かながわ山岳ガイド協会」。

永禄12年(1569)、すでに相甲駿三国同盟は破れ、相模国小田原城主の北条氏康は、北からの脅威を排除するために、越後の上杉謙信と同盟し、北条氏政の正室(武田信玄の娘:黄梅院)を、甲斐国へ送り返します。 
これに激怒した武田信玄は、相模国に侵入、8月北条氏康の小田原城を包囲するのです。この時、甲斐から相模に攻め入る際、通ったのが犬越路です。

犬越路といえば、あまりの険しさに犬を先導させたことに由来するといわれるほど、険峻な地形のところです。
ツアーの難易度は、4段階で難易度の高い方から2番目。しかし「少し体力を使います」程度で、誰でも参加可能とのこと。

ガイドの興味深い話を聞きながらの山歩きだといいます。

日程:9月27日(日曜日) 
目安:6時間
参加費:2,000円(路線バス代別)
募集定員:15名 
※参加費に含まれるものは、登山ガイド費と旅行災害保険料のみ。 
※交通費・食費・宿泊費等は各自負担。

コース
小田急線新松田駅~(バス)~丹沢湖・世附~地蔵平~世附~(バス)~新松田駅

詳しい情報はこちら 
NPO法人かながわ山岳ガイド協会
http://www.sakura11.com/kmga/
申込書
http://www.sakura11.com/kmga/2009ecot2.pdf

明日から9月、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋ですね。
家に閉じこもってないで(俺のことだ^^;)、武将たちの汗や涙や思いが染み込んでいる「道」を歩いてみてはいかがでしょうか? 

ポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 武田信玄 神奈川県 山梨県

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。