ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上杉景勝が五十公野城を攻略(今日は何の日)

10月24日天正15年(1587)

上杉景勝軍の寄せ手は直江兼続、藤田信吉。
上杉景勝31歳、直江兼続27歳の時のことです。

天正15年(1587)年10月13日、景勝は新発田重家領内の五十公野(いじみの)城の東の峰続きに本陣を構え、火矢・大砲で攻めます。
そのときすでに城内には内応者が出ていました。
それは城主・五十公野信宗の側近、河瀬次太夫、羽黒権太夫などでした。

信宗自身も本丸を出て討って出たのですが、藤田信吉隊が木戸に迫ったところで、内通者が城門を開け放ち、藤田軍を引き入れます。
寄せ手は木戸を押し破って乱入、二ノ丸に火を放ったため、やむをえず信宗は本丸に入ろうとしますが、「ニの見橋」の上で内通者の羽黒権太夫が馬上よりこれを引きずりおろし、そこを河瀬らに頸を切られてしまいました。
そして10月24日、城兵一千余も討ち死にし、新発田氏の重要拠点だった五十公野城は落城してしまいました。(10月13日説あり)

そのまま上杉景勝、直江兼続は1万の兵で新発田城を包囲。
新発田勢は家臣共々最後まで戦いますが、ついに新発田重家は城を打って出て、敵陣に突入すると甲冑を脱ぎ捨て、真一文字に腹を掻き切って自刃したといいます。

ここに、7年もの間、直江兼続を悩ませ続けた新発田重家の乱が集結します。

ゆかりの地・史跡
五十公野城址
新潟県新発田市五十公野 新発田市立東中学校裏手
城跡説明板、曲輪跡、堀切、土塁など。

五十公野御茶屋
新潟県新発田市五十公野4926
入場料:無料 
休館日/月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日が休み)、12月1日~3月31日
新発田市役所(生涯学習課):TEL.0254(22)3715(代)
五十公野御茶屋は、新発田藩藩主溝口家の別邸、茶寮として使われた庭園。

現在の建物は1814年(文化11年)建築。1999年(平成11年)に復元修理。新潟県指定有形文化財および国指定名勝です。
奉先堂公園の名称で日本の歴史公園100選にの指定されている、回遊式日本庭園は見事で、日本の美の奥行きを十分に感じさせてくれます。現在の御茶屋は、数寄屋造りの簡素なたたずまい。ゆったりとした気分になれる場所です。
紅葉も素晴らしいところですよ。


1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。
スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 逸話 直江兼続 上杉景勝 新潟県 新発田重家

「天地人」に前田慶次は登場しない・・・?

ネット上で調べてみると、直江兼続の盟友・前田慶次は、どうやら登場しないようですね。「キャストは高橋克典に決定」なんて騒がれたりもしましたが。

前田慶次が登場しないとなると、「
長谷堂城の戦い」はどう描くのでしょうか?
旧日本軍参謀本部の「日本戦史」でも取り上げられるほど見事な、前田慶次が殿軍を務めた撤退戦はどう描くのでしょうか?
自害しようとする直江兼続を、前田慶次が諫める場面はどう描くのでしょうか?

天下分け目の関ヶ原の合戦は、関ヶ原だけで起きたものではなく、日本全土で起きていました。そのなかでも、奥羽の戦、つまり上杉家と最上家・伊達家の戦は、関ヶ原の合戦の勝敗を大きく左右するものでした。

徳川家康は、東を最上義光と伊達政宗に任せ、後方の憂いをなくして西上しました。
もしも、最上家・伊達家の抵抗がなければ、上杉軍は西に向かい、石田三成とともに徳川家康を挟み撃ちに出来たかもしれず、戦局は大きく変わっていたのです。

また数分数秒のナレーションで済ませてしまうのでしょうか・・・

新発田重家の乱もなければ、前田慶次も登場しない・・・

Yahoo!の番組感想のグラフは、去年の篤姫のグラフを逆さまにしたようになっちゃってます。

この期に及んでも、NHKのサプライズを期待していますが・・・

 

 1クリックで1票、応援お願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 直江兼続 前田慶次 上杉景勝 伊達政宗 最上義光 石田三成 徳川家康 新発田重家 山形県 NHK

直江兼続・因縁の相手 新発田重家(福勝寺)

新発田重家像 新発田重家公像

今年6月、新発田に行く機会があり、新発田城新発田重家の像がある福勝寺の近辺を歩いてきました。
大河ドラマ「天地人」で、直江兼続と新発田重家の因縁がどんな風に描かれるのかな?と楽しみにしていたのですが、残念ながらその辺りはほとんど取り上げられませんでしたね。

直江兼続にとって新発田重家とは・・・

新発田重家はもともと上杉謙信の家臣でした。
御館の乱で景勝方につき大いに活躍しますが、ほとんど恩賞を与えられず、さらに景勝が上田衆ばかりを重要視したことへの反発から上杉に反旗を翻します。
そして新発田重家は、7年もの間、上杉景勝に抵抗し続け、特に新発田と領地を隣接する与板を居城とする直江兼続を悩ませ続けた武将です。

新発田城02 新発田城

 
上杉景勝は、幾度となく新発田を攻めますが、時にはあっけなく敗れ、時には散々な目に遭い、時には危うく討ち取られそうにまでなります。

そして天正12年、上杉景勝は直江兼続に新発田を攻めさせますが、戦巧者で知られる新発田重家の前に直江の陣は崩壊。直江兼続は大損害をこうむって敗北しています。

しかし天正15年、羽柴秀吉の支援を受けた1万余の上杉景勝の大軍に新発田城は取り囲まれます。
新発田勢は家臣共々最後まで戦いますが、ついに新発田重家は城を打って出て、敵陣に突入すると甲冑を脱ぎ捨て、真一文字に腹を掻き切って自刃したといいます。

福勝寺前の通り 

福勝寺に続く板塀

福勝寺 

福勝寺(左が新発田重家公像)

福勝寺看板 

案内板(クリックで拡大)

 

新発田重家廟 

新発田重家公廟(像の裏にあります)

 

境内にはお墓や宝物殿があるようですが、時間がなく行けませでした(残念・・・)

 


1クリックで1票、応援お願いいたします!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

 

こちらもポチっとお願いいたします。とても励みになります。

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 直江兼続 新発田重家 上杉景勝 新潟県

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。