ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田信長の要請により山科言継が、足利義昭参内用の装束を調達する(今日は何の日)

10月7日 永禄11年(1568)

「足利義昭参内用の装束」とは、まもなく控えている、征夷大将軍就任のため京都御所に参内するためのものでしょう。(なぜ山科言継が装束の調達などをしているのか?これはまた別の機会で)


京を支配する松永久秀と三好三人衆を排して幕府権力を回復するため、上洛の機会を窺う足利義昭(義秋)の援軍要請に応え、織田信長は永禄11年の9月26日、ついに上洛を果たします。
関連記事9月4日分「今日は何の日」参照

しかし信長は入洛後息もつかずに、28日柴田勝家ら四将を先頭に立て、岩成友通の守る勝龍寺城を攻め、30日には芥川城、越水城、滝山城を次々と落とし、信長は義昭に供奉して芥川城へ入城します。

10月2日、信長は池田城を攻め寄せ、城下に火をかけて町を焼き払い、芥川の本営に凱旋。ここに五畿内およびその隣国が信長の支配するところとなります。

芥川城滞在中、信長の元へは参賀の使者が内外の珍物を携えて続々と来訪し、「門前に市をなすがごとき盛況」となったといいます。
松永久秀九十九髪茄子の茶入れ(当時の茶人の、垂涎の的)を進上。
今井宗久は、名物松嶋茶壷紹鷗茄子の茶入れ千利休の師:武野紹鷗が所持していたもの)を献じます。
中には九郎判官義経(源 義経)が一の谷で着用したという鎧を進上するものもあったといいます。
みんな一生懸命ですね。

そして10月7日 かねてより信長が山科言継に要請していた、足利義昭参内用の装束が出来上がり届きます。
山科言継は、足利義輝の御服を参考にしたといいます。

14日、信長、義昭、帰洛。
18日、義昭は朝廷より正式に宣下を受けて征夷大将軍に就任し、22日参内を果たすのです。


1クリック1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 織田信長 逸話 武野紹鷗 山科言継 足利義昭 柴田勝家 岩成友通 松永久秀 今井宗久 千利休

前田利家VS佐々成政 前田慶次も出陣!(今日は何の日)

天正11年(1583)、羽柴秀吉は、賎ヶ岳の戦いで柴田勝家を破り、信長の三男・織田信孝を自害に追いやり、いよいよ天下取りまであと一歩と迫っていました。

賎ヶ岳の戦いで柴田勝家側についていた越中の守護で富山城主の佐々成政は、秀吉に降伏します。しかし、それはもちろん本意ではありませんでした。

一方、賎ヶ岳の戦いで柴田勝家を裏切った前田利家は、秀吉から加賀二郡を加増され、尾山城(金沢城)に移ります。

織田家を蔑ろにする秀吉に対し、信長の次男・織田信雄は徳川家康を頼り、小牧・長久手の戦いを挑みます。この時、成政は家康と同盟し、越中富山で秀吉に反旗を翻すのです。

天正12(1584)年8月28日、成政は突如、柴田勝家を裏切った前田利家の領内・朝日山砦を攻撃、さらに前田領を南北に分断するため、加賀と能登の境目の要地である末森城を8千の兵で取り囲みます。

9月9日、佐々成政は攻撃を開始。末森城は前田家の奥村永福が守っていましたが、佐々成政の前田家に対する恨みはすさまじく、それが攻撃になってあらわれます。佐々軍は城門をいとも簡単に突破、城内に雪崩れ込み、曲輪を次々に奪っていきます。1500ほどいた城兵を300ほどまでに討ち減らし、末森城を落城寸前まで追い詰めます。

急報を受けた、前田利家・利長はわずか3,000の兵で救援に向かいます。

この3,000の兵の中には、前田慶次(宗兵衛)の名もあるといいます。

 
しかし圧倒的に少ない兵数。前田利家は奇襲攻撃をかけるため、静かに末森城に近づきます。
そして11日未明、突如、佐々軍の背後から前田軍が襲い掛かり、同時に城側からも打って出ます。不意を付かれた佐々軍は鉄砲を乱射して応戦前田勢は銃弾に怯んでしまいます。

しかしこの時、鉄砲隊の猛射の中、前田利家自身が黄金の馬印をうち振り、「敵の銃弾降りそそぐ下で止まったままでは、戦死者が増えるばかりだ。者ども、臆するな、うってかかれ!」と味方を叱咤したといいます。
指揮官の叱咤に応えた前田勢は奮起し、ついに佐々軍は挟み撃ちされる形となり総崩れ、壊滅状態となってしまいました。
佐々成政はこれを見て富山に兵を引きます。

前田利家は、その後も上杉景勝らと連絡をとりながら越中を攻撃。
佐々成政の富山城攻めの際には先導の役を果たし、秀吉が10万の大軍を率いて攻め込むと成政は降伏。

佐々成政はほとんどの領土を没収され、前田家は三ヶ国を領する大大名となり、信長配下では同僚だった成政と利家の明暗はくっきりと分かれました。

ゆかりの地・史跡
朝日山砦 石川県金沢市加賀朝日町
末森城 石川県押水町末森山


1クリックで1票、応援お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 前田利家 佐々成政 石川県 柴田勝家 羽柴秀吉 奥村永福 前田慶次

織田信長、柴田勝家に六角承禎(義賢)の籠もる鯰江城攻略を命令(今日は何の日)

9月4日 元亀4・天正元年(1573)

足利義昭を京都から追放した織田信長は、3万の軍勢を率いて越前国に行軍。 
8月20日には、朝倉義景を賢松寺にて自害に追い込み、9月1日には羽柴秀吉が小谷城を攻略し、浅井久政・長政父子を自害に追い込みます。

浅井・朝倉を滅ぼした勢いで、織田信長は近畿一帯の反対派の鎮圧に取り掛かります。

まず目標としたのが、岐阜に繋がる八風街道を押さえる鯰江城でした。
さらに鯰江城には、観音寺城を追われた六角承禎(義賢)がいたのです。
六角義賢は、徹底して信長に対抗していた人物で、何度も信長と戦を繰り返していました。

織田信長は柴田勝家、使佐久間信盛、丹羽長秀らに命じ、鯰江城周囲に井元城・中戸城などの砦城を築きます。 

そして9月4日、佐和山城に入った織田信長は、ついに柴田勝家へ鯰江城攻略を命令、周囲を固められた鯰江城は落城します。

その後の六角承禎の詳細は不明、鯰江氏は各地に分散し、鯰江定春は秀吉に仕えます。
そして織田信長は、武田勝頼を破り、一揆勢を討ち取り、織田政権を推し進めていきます。

ゆかりの地・史跡
鯰江(なまずえ)城  滋賀県東近江市鯰江町
現在は石碑と一部土塁、石垣が残るのみです。



城の宝庫・滋賀県の女性限定宿泊プラン!
びわ湖展望露天風呂などの温泉が人気の「琵琶湖グランドホテル」
【レディースプラン】貸切風呂45分、カラオケ1時間が無料♪
延暦寺境内にある「延暦寺会館」。静かな環境と豊かな自然が自慢。食事は全て精進料理。
【レディースプラン】ウェルカムドリンクと写経体験付!

 

1クリックで1票、応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 織田信長 柴田勝家 六角義賢 滋賀県

織田信長が、弟の信勝・柴田勝家を破る(稲生の戦い)(今日は何の日)

8月24日 弘治2年(1556)

織田信長22歳、清洲城主だった時の出来事です。
当時信長は、家中からも「うつけ者」と呼ばれ、頭領に相応しくないと目されていたといいます。

「信長では織田家をまとめられない」と考えた信長宿老の林秀貞と弟林美作守、信勝老臣の柴田勝家らは、信長を排除し、家中でも評価の高い信勝に家督を継がせようとしました。そして信勝自身も、信長への反抗の姿勢を示します。

そしてついに、8月23日、柴田勝家が1000名余を率い林美作守が700名余を率いて尾張国名塚砦を攻撃
信長勢は佐久間盛重、信盛、前田利家、丹羽長秀ら700の兵で迎え受けます。
戦上手の柴田勝家を擁する上に、倍以上の軍勢の信勝軍有利はいうまでもありませんでした。

危ないと見た信長は、自ら出陣し、林美作守を信長本人が討ちます。信長自らの出陣で士気が高揚した織田軍は奮戦。形勢は逆転し、8月24日、ついに信勝勢は敗走してしまうのです。

戦後、信勝は母・土田御前の取り計らいで許され、柴田勝家らも許されて忠誠を誓うのです。 

ポチっとお願いします。とても励みになります。

 

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 織田信長 織田信勝 柴田勝家 林美作守 林秀貞

羽柴秀吉・柴田勝家ら大失敗 信長に叱られる(今日は何の日)

8月13日 元亀4・天正元年(1573) 

この日の「信長公記」はちょっと面白いです。

8月12日夜、激しい風雨の中、織田信長は自ら馬廻りたちを率いて、ずぶ濡れになりながら、朝倉軍が篭っていた近江の大嶽城、丁野山城を攻撃、そしていとも簡単にこれを陥します。
大嶽・丁野が落ちたため、信長は朝倉勢が今夜のうちにも越前へ退却を始めると読みます。
そして先手の諸将へその旨を伝え、「退却する朝倉軍を逃さぬよう覚悟せよ」と再三にわたって命じたのです。
しかしそれでも信長は自分を抑えきれず、日が変わった13日ついに自らも越前衆陣所へ攻め入ったのです。

このとき越前軍の近くに布陣していた先手とは・・・
佐久間信盛・柴田勝家・滝川一益・蜂屋頼隆・羽柴秀吉・丹羽長秀・稲葉一鉄・蒲生氏郷・進藤山城守・永田刑部少輔・阿閉貞征・山岡景隆らそうそうたる顔ぶれ。 

ところが! 
朝倉義景の退却に対して、追撃を最初に仕掛けたのは、織田信長でした。 

信長からの再三にわたる命にも関わらず、油断しきっており、信長に先を越されてしまったのです。

先手衆らはあわてて信長の後を追い、そして地蔵山でようやく信長に追いつき、神妙な面持ちで御前に並びます。 
信長は「この比興者どもめが」と彼らを激しく叱責したそうです。

「比興者」(ひきょうもの)とは、「困ったやつら」といった意味でしょうか。
いつの時代も「比興者」がいるんですね。

 

それにしても秀吉たち、焦ったろうなぁ

ポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 織田信長 羽柴秀吉 佐久間信盛 柴田勝家 滝川一益 蜂屋頼隆 丹羽長秀 稲葉一鉄 逸話

織田信長、上杉謙信に備え柴田勝家を大将、羽柴秀吉・丹羽長秀・滝川一益・稲葉一鉄らを加賀国に派遣(今日は何の日)

上杉謙信は、武田信玄が病没したあと、本願寺顕如と講和、武田勝頼とも和睦、織田信長との同盟を破棄、そして足利義昭の上洛要請に応え、西に向って領土を拡大すべく、進軍していきます。 

能登国を支配下にするべく侵攻していた上杉謙信に対し、能登当主、能登畠山氏が七尾城に籠城します。七尾城は北陸でも屈指の堅城だったため、戦いは翌年までもつれこみました。 
能登畠山氏の重臣・長 続連が織田信長に救援を求め、信長もこれに応えます。
天正5年(1577)8月8日、織田信長は、柴田勝家を大将、羽柴秀吉・丹羽長秀・滝川一益・稲葉一鉄らを加賀国に派遣します。 柴田勝家を総大将にした1万8千ともいわれる援軍を先発させて、信長自身も3千の軍を率いて後から出発しました。

しかし、援軍到着前に七尾城内から謀反が起こり、天正5年(1577)9月七尾城は落城することになります。 
七尾城落城を知らないまま進む織田信長の援軍。 

織田軍が向っているのを知った謙信は、七尾城を出て手取川附近の松任城に入ります。

そして「手取川の戦い」で上杉謙信は圧勝するのです。

能登から加賀国のほとんどを支配下に置き、織田信長よりも優位になりました。 

しかし上杉謙信は、翌年3月に上洛をしようとしましたが、実現しないままこの世を去ることになります。 上杉謙信、最期の戦いとなりました。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 上杉謙信 織田信長 柴田勝家 石川県

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。