ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛利元就ゆかりの地 出雲の鏡池で良縁占い

島根県松江市の南方の山沿いに、八重垣神社はあります。
八重垣神社03
八重垣神社の社家、佐草家に伝わる古文書の中には、毛利元就のものがあり、昨年にはミニ企画展が催され、元就の文書が展示されたようです。
毛利元就もこの八重垣神社を訪れたことでしょう。

八重垣神社は、素盞嗚尊(すさのをのみこと)と、稲田姫命(いなたひめのみこと)の御夫婦が主祭神です。
稲田姫命が八岐大蛇(やまたのおろち)の難を避けるためこの地に避難していたところを、素盞嗚尊が退治し、夫婦としてこの地に宮を築いたという神社で、縁結びの神様として知られています。

社殿の後方には奥の院が鎮座し、「鏡の池」と呼ばれる神池があります。鏡の池は稲田姫命が、素盞嗚尊に勧められ、この社で八岐大蛇から身を隠している間、鏡代わりに姿を映したと伝えられるもので、良縁占いができます。

八重垣神社01
社務所で売られている半紙に、小銭を乗せて池に浮かべると、お告げの文字が浮かびます。
八重垣神社03
そして紙が早く沈めば、近いうちに縁があり、
なかなか沈まないと縁はしばらくないのだそうです。
また近くに沈むと、近くの人と縁があり、
遠くに沈むと、遠くの人と縁があるそうです。

私の場合、3分ほどで沈んだのですが、これが早いのか遅いのか・・・?
ちなみに他の人が占っているのを見ていたら、15分経っても沈まない人がいました。こうなると小銭を投げて沈めたくなりますが・・・そんなことしたらバチが当たりますよ!

若い女性や、カップルがひっきりなしに訪れ、占っていました。



八重垣神社は、縁結びの神様であると同時に、子宝の神様でもあり、境内にはこんなものも。
八重垣神社04

八重垣神社05


宝物収蔵庫で公開されている素盞嗚尊と稲田姫命の壁画は、神社建築史上類例のない壁画と推賞されています。こちらも必見です!

八重垣神社

島根県松江市佐草町227 0852-21-1148 


島根県松江市周辺のホテル・旅館の一覧はこちら





1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 毛利元就 島根県

「おいでませ」毛利氏ゆかり山口の旅

萩藩・毛利公の御用湯治場
【湯田温泉】~山口県山口市~
 
アルカリ性単純泉で皮膚によく馴染むことから
お肌をスベスベにする効果が高いそうですよ!
600年ほど前、源泉が湧き出したとき、その中から
「薬師如来の金像」が現れてびっくり…
それを湯田温泉を鎮護する仏としたそうです。
毛利氏の人々もそのご利益にあやかろうと、
湯治場としたのかもしれません。
 
▼冷え性改善にお役立ち! 「足湯めぐり」
温泉街には女性に人気の足湯が5か所もある充実ぶり!
さらに、観光案内所で売られている「開運飲泉ぐい呑み」
ぐいっと温泉を呑めば、健康運も上昇!
 



▼おすすめの宿 「湯別当 野原」
湯田温泉発祥の地・創業460年の老舗旅館

毛利のお殿様もハマった泉質の温泉を堪能しながら

山口名物トラフグの会席料理プランなんていいですね~

ご家族・カップルに人気の貸切風呂も魅力です。

(2タイプあります:50分¥2100/¥1500)


(じゃらんnet提供)
 
      周辺探訪:毛利元就の菩提寺「洞春寺」
1572年に広島・安芸国吉田に創建。
江戸時代になって毛利の殿様が萩に移ったときに
萩に移りましたが、 明治になって山口に移されました。
隣にある香山公園には国宝瑠璃光寺五重塔
幕末から明治にかけての毛利氏当主の墓所など、
毛利(盛り)だくさんに楽しめます!



1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもポチっとお願いいたします。とても励みになります。

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 毛利元就 温泉 山口県

毛利元就の二男・松寿丸が14歳で元服、元春を名乗る(今日は何の日)

8月30日 天文12年(1543)

吉川元春は享禄3年(1530年)、毛利元就の次男として安芸吉田郡山城で生まれます。母は吉川国経の娘・妙玖。幼名は松寿丸。

天文10年(元服前の12歳の時)宮崎長尾合戦(尼子晴久討滅戦)で、自ら初陣を志願。勇躍敵陣に突入し奮戦したといいます。

その2年後の天文12年(1543)の8月30日、14歳で元服しました。

兄の毛利隆元より「元」の字を受けて元春と名乗ったともいわれていますが、
元春という名は毛利氏の先祖で、安芸に土着した毛利氏の勢力拡大に腐心した「毛利元春」と同名で、父・元就が元春に掛けた期待のほどが窺えます。

吉川元春は、弟の小早川隆景と共に毛利家発展の基礎を築き上げました。生涯で76度の合戦に臨み、64度の勝利を収め、一度として敗れたことのない名将と伝えられています。
父・元就をしてその勇猛ぶりは、「我は戦では元春には及ばぬ」と言わしめたとされています。

その一方で、読書家であり、謹厳実直な性格で、自分の子ども達に対する躾も厳しく、着衣、飲食、礼儀作法などを詳しく訓戒した書面も残しています。
吉川元春にとって最後の戦場となった九州では、撤退の途中、猛吹雪の中で凍死寸前の商人を発見して救ってやるという仁愛に厚い武将の一面を見せ
ています。

ポチっとお願いします。とても励みになります。

 

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 吉川元春 毛利元就 小早川隆景 逸話

毛利元就 人心掌握術と名言

今週特集してきた毛利元就の逸話です。
 
元亀元年、毛利軍が尼子討伐のために出雲へ出陣していたときのこと。
毛利元就の陣中で岩木源六郎道忠が膝を矢で射られ、矢尻が抜けずに苦しんでいました。
医者を呼んで診せたところ、「膝を切らなければ治らない」といいます。
道忠は真っ青になりました。
 
しかし毛利元就はこの医者を叱って退けてしまいます。
そして元就は道忠の傷口にかぶりつき、傷口を吸いはじめたのです。そして膿と一緒に、矢尻まで吸い取ってしまったのです。
 
道忠は、この元就の行為に驚き、「死して恩に報ぜんとする志」が顔色に顕われ、感涙にむせんだといいます。
 
道忠のこの様子を見ての、元就の名言です。
「厚き恩信を思はゞ大勇の者にあらず」
(恩に報いて、死を持って・・・などと思うのならば、大いなる勇者ではない)

と、道忠を深く誡めたといいます。
 
家族や渡辺通をはじめとする家臣たちが目の前で死んでゆく姿を見てきた元就だからこその言葉かもしれません。


ポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 毛利元就 名言 逸話

中国地方の覇者 毛利元就の真実【マザコン武将の秘密!】

元就の終焉の地・安芸高田市から

ちょっとマニアックな講座のお知らせです。

 

安芸高田市民文化センター(広島県)

 公開講座「毛利氏をめぐる女性たち」

 

開催日:平成21年11月8日(日)

 

 講師:県立広島大学人間文化学部教授 秋山信隆

 

受講料は無料。定員は100名程度だそうです。

申し込み方法などのお問い合わせは

「安芸高田市吉田歴史民俗資料館」まで。

℡:0826-42-0070

 

 

◆上記の詳しい内容は、残念ながら紹介されていませんが、

元就は、かなりの愛妻家だったという証拠が

多く残されています。

その中の一つが正室の死後、長男・隆元へ送った手紙。

 

「お前たち三兄弟のお母さん(亡き正室・妙玖(みょうきゅう)のことを

いつも考えている。今、ここにいてくれたらなあ…」

 

彼こそ“愛”の前立がふさわしい武将だったんですね…

元就は5歳で母親を、10歳で父親を亡くしています。

もしかしたら、親の愛情に飢えていたから

正室に対して、「母の愛」を求めていたのかもしれませんね。

一見意外な一面のように思えますが、わかる気がします。

 

◆ガンダム世界でいう、シャアのララアに対する思いですね…

「ララアは私の母になってくれたかもしれなかった女性だ!」

 なんとなくわかる気がしますね~

(知らない方、すいません。)

 


格安高速バスなら広島までなんと7500円~!


広島までの往復航空券と宿泊券、朝食もついて

衝撃プライス! 25800円~!!

ポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 毛利元就 広島県 逸話

中国地方の覇者 毛利元就の真実【“自己管理”が最大の武器!】

◆前回に引き続き、山口県ネタです。
防府市の「毛利博物館」と合わせて訪れてみると
いいかもしれませんね。

住吉神社(山口県下関市)

河渡祭(かわたりさい) 
開催日:平成21年12月1日(火)

この祭りは、
石見国江川で毛利氏と尼子氏が戦ったとき, 
毛利元就は全軍に神酒を与え,田作りと餅粥をふるまって, 
その勢いでいっきに奇襲して江川を渡ることに成功した、

という古事に始まり,現在では大きな釜に餅粥を炊いて 
一般参拝客にふるまっている。
( 山口県観光情報より )


◆前回のエピソードに出てきた“餅”がまた出ましたね。(笑)
ちなみに元就自身は、ほとんどを口にしなかったそうです。
というのも祖父・父・兄がいずれも酒害がもとで
早くして亡くなっていたからだそうで、晩年こんな言葉を
残しています。 

「酒さえ飲まなかったならば、 
人は七十、八十までは生きられる」
 
志ある者の自己管理を、身をもって示した重い言葉です。

とはいえ、酒に逃げたいって思うことは多いよね~
でも酔いが覚めたとき、
「何も変わっちゃいないことに気がつく」んだよね…
かの清志郎さんも歌ってました。
(♪「いい事ばかりはありゃしない」より)

住吉神社
山口県下関市一の宮住吉1-11-1 TEL:083-256-2656
神功(じんぐう)皇后の創建と伝わる長門一の宮。国宝の本殿毛利元就造営の拝殿(重要文化財)などがあります。
また宝物館には、毛利元就及び元就の長男隆元、二男元春らの文書も多数所蔵されいます。

 





ポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : お祭り - ジャンル : 地域情報

Tag : 毛利元就 祭り 山口県 逸話 名言

中国地方の覇者 毛利元就の真実【昼も夜も気配りNo.1武将!?】

◆山口県防府市の毛利博物館から 
毛利元就ファン必見の企画展のお知らせ! 

毛利博物館企画展
 「対決!毛利氏と信長・秀吉・家康
    ~名品と書状で語る戦国絵巻~」


期間:平成21年9月17日(木)~10月26日(月)

西国の雄であった戦国大名毛利氏が、

信長・秀吉・家康など戦国の名将たちと対決し、

激しく争う歴史を、毛利家伝統の文化財からひもときます。
( 毛利博物館HPより )


◆毛利博物館は、旧長州藩主毛利家に伝来する

美術工芸品・歴史資料約2万点を収蔵、公開している

西日本有数の博物館。
中でも「毛利元就所用色々威腹巻(重文)」は、

兜・大袖・喉輪(のどわ)など、製作当初の小具足

完存していて全国的にも珍しいとのこと。


[ 詳しくは… ]

毛利博物館HPまで
http://www.c-able.ne.jp/~mouri-m/



◆ちなみに、元就は名だたる戦国武将の中では珍しく、
物静かで誰に対しても礼儀正しかったそうです。
常に餅と酒を用意しておき、城下の侍や下人が来た時に、
酒好きには酒を飲ませ、飲めない者には餅を与えたそうな…

そんな元就、女性に対しても“気配り”がいき届いた男
として評判だったらしく、合わせて9男2女をもうけたそうな…
11人目の子は、71歳の時の子。
元気さよりも、マメさに見習うべきものがありますね~(笑)


ワケあり大バーゲンでお得に泊まれますよ! 通常のプランより割安感のある、そんな訳ありプランです!(一例:低層階のお部屋など)

1クリックで1票、応援お願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

ポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 毛利元就 逸話 山口県

中国地方の覇者 毛利元就の真実 【厳島神社で幻想的なお祭り「萬燈会」】

開催日:平成21年9月9日~9月11日


厳島神社大鳥居ライトアップ 

「萬燈会(まんとうえ)」は、
「宮島ローソクまつり」ともいわれ、大聖院の境内一円に、
供養物の一つであるろうそくや燈篭を灯し、
ミニコンサートを開いて世界平和を祈願するお祭りです。
大聖院の山門をくぐると98段の石段が続き、
その石段にもろうそくが灯され、幻想的な美しさに
包まれます。
(宮島観光公式サイトより)

毛利元就の厳島神社への厚い信仰は広く知られる
ところですが、当時荒廃していた神社の本殿を
現在のように改築したとのこと。
元就は13歳の時に初めて参詣し、
「天下の主となりますように」と願ったそうです。
その時、「安芸の国の国主に~」と願った家臣に対して
「最初から望みを高くもたねば、何も成し遂げられない」
みたいなことをさらっと言ってます。

 “でっかく生きようぜ”って感じでカッコイイですね~。
 私も今度は地元の神社に
 「ロト6で4億円をお願い」したいと思います!マジで。

厳島神社

広島県廿日市市 宮島・厳島神社(日本三景:世界文化遺産)


[ 萬燈会については… ]
宮島観光公式サイトまで
http://www.miyajima-wch.jp/

 

お得ツアー情報 萩・津和野・安芸の宮島と瀬戸内旅情3日間

東京~広島航空運賃、宿泊料金、朝2夕2の食事代込みで、

なんと3万円から!



 

1クリックで1票、お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

ポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : お祭り - ジャンル : 地域情報

Tag : 毛利元就 祭り 逸話 名言 広島県

中国地方の覇者 毛利元就の真実 異論!反論!「三矢の訓」

三本の矢物語

広島城で面白そうな企画展開催中! 

開催日:平成21年7月17日(金)~9月6日(日)

毛利元就が臨終の折、三人の子供に
「一本の矢なら折れるが、三本の矢なら折れない」と
戒めた逸話は有名。 
しかしこの話、もともとの矢の本数や子供の人数は 
「三」ではないのです! 
この逸話と関連の話を、三本の矢の名称を冠した
「サンフレッチェ広島」などを交えて紹介します。 
( 広島城HPより )


◆“三本の矢”に関しては、全くの創作・作り話だとか、
実際に“矢”の例えを使って教訓を垂れていたとか
諸説あるようですが、今回の企画展ではなんと 
「三本」ではなく「たくさんの矢」の例えで諭していた
というのです!
おおざっぱであるがゆえに信憑性が高いと感じますね…
同様に元就は、皆が協力し合えば何事も成し遂げられる 
という意味で「百万一心」という言葉(石碑)を残してます。
よほど“たくさん”が好きな方だったんですね~


[ 詳しくは… ]
広島城HPまで
http://www.rijo-castle.jp/rijo/main.html


◆ちなみに、私も3人男兄弟ですが、
親から「3本の矢」的な話しは全くなかったですね…
最近、力を合わせたといったら、
ばあちゃんの棺運んだことくらいかな~(笑) 


広島への、観光・旅行はこちらがお得です!  
宿泊するだけで、国内航空+宿泊10万円分、パナソニック 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビVIERA、パナソニック HDD搭載ハイビジョンBDレコーダー ブルーレイDIGAが当たります! 9月30日の宿泊までです!






ポチっとお願いします。とても励みになります!

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

 

 

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 毛利元就 広島県 逸話

毛利元就の嫡男・毛利隆元 没(今日は何の日)

8月4日 永禄6年(1563) 

毛利隆元は、安芸(広島県西部)の戦国大名。毛利元就の嫡男。 豊臣五大老となった毛利輝元の父。

毛利隆元は、安芸国多治比猿掛城で生まれました。

父・元就に似ず、おっとりとした弱気な性格だったといわれます。
毛利元就は、弱気で真面目な長男の性格を案じたのか、長男の隆元、次男の元春(吉川元春)、三男の隆景(小早川隆景)の三兄弟に十四か条の書状(「三子教訓状」)を送り、三人が結束して毛利家の安泰に努めるよう諭したといいます。「一本の矢は容易に折れるが、三本だと折れない」と元就が諭したという「三本の矢」の逸話はこの書状にヒントを得たものと言われています。

永禄6年(1563年)8月4日未明急逝。謎の死を遂げます。享年41でした。

死因は食あたりとも毒殺ともいわれていますが真相は不明です。

父に先立つものの、毛利家の存続と勢力拡大のため精力的に活動し、優れた手腕によって父・元就を陰ながら支え、後三百年の毛利家の基盤を構築しました。

元就は隆元の死後、「隆元候ツル時ハ世上ノオソレモスクナク候テ罷リ居リ候」
隆元が生きていた頃は心強かった)と手紙を記しています。

毛利隆元ゆかりの地・史跡
毛利隆元逝去の地
佐々部の蓮華寺で遺骸を荼毘にふしました。その火葬跡を死去地としています。
国道433号線沿い、民家の庭にあるので一言声をかけましょう。
安芸高田市高宮町佐々部 式敷地区
0826-57-1803
安芸高田市教育委員会高宮教育分室







ポチっとお願いします。励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 毛利元就 毛利隆元 広島県 小早川隆景 吉川元春 逸話

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。