ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅井万福丸(輝政)が磔に処される(今日は何の日)

10月17日 天正元年(1573)


浅井万福丸は、北近江の鷹といわれた浅井長政の嫡男。

生母は不明。お市ではないとの説も。
2011年のNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」で主役となる江や茶々、初の兄です。

天正元年(1573)、織田信長は、3万の軍勢を率いて北近江への侵攻を開始します。
織田軍の総攻撃が間近になったと悟った小谷城の浅井長政は、継室・お市に三人の娘(茶・初・江)と一緒に山を降りるように説得します。

織田信長も、妹・お市の身を案じ、小谷城に遣いをやり、降伏を勧告。
長政は拒むお市を説得し、三人の娘と一緒に信長の本陣へ送り届けました。

しかし嫡男の万福丸は越前へ逃がし、敦賀の木村貞之介という者のところへ預けます(生まれたばかりの次男・万寿丸は城下の寺院へ預けられた)。

天正元年9月1日、浅井長政、自害。

信長は禍根を絶つため、「我が甥である万福丸を、長政に劣らぬ立派な武将に育てる」と
お市を騙し、万福丸の居場所を聞き出したといいます。

そして早くも9月3日、万福丸は捕まり、羽柴秀吉のもとへ送り届けられたのです。

信長はすぐにその処刑を命じたといいます。

万福丸は天正元年10月17日、関ヶ原で磔(串刺しとの説も)に処されました。
万福丸、享年10。


捕まってから処刑まで、1ヶ月半、この間、何があったのでしょうか?

お市による兄・信長への、助命の懇願か?

なおこのいきさつは、秀吉の独断という話もありますが真相は不明です。





1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

 

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 逸話 織田信長 浅井長政 お市の方 万福丸 羽柴秀吉 茶々 お初 お江

織田信長、比叡山延暦寺を焼き討ちする(今日は何の日)

9月12日 元亀2年(1571)
 
現在では、その焼き討ちの規模が疑問視されている、信長の比叡山の焼き討ち。
 
比叡山延暦寺を焼き討ちするとの信長の決意に、もっとも驚いたのは、反対したと伝わる明智光秀以上に、織田家家中の中でも教養のあるといわれる石田三成かもしれません。
古い経典も数多く宝蔵に蔵し、建物も日本の工学の粋を集めている。
しかし、それと同時に多くの僧兵を抱える軍事勢力でもありました。
三成は「僧のみを捕らえて斬り、山は残すように」と進言します。しかし、三成の進言は当然受け入れられることなく、三成も、自分を邪魔するものは惜しげもなく捨ててきた信長のことだから、これ以上反対すると自分の身に危険がある、と引いたといいます。
 
当時の延暦寺の様子は(「信長公記」によると)
「山門、山下の僧衆王城の鎮守たりといえども、業躰業法、出家の作法にも拘らず、天下の嘲弄をも恥じず、天道をも顧みず、淫乱、魚鳥を服用せしめ、金銀賄いにふけり、浅井、朝倉に贔屓せしめ、恣に相働く」だったそうです。
 
信長は焼き討ちの前年に、比叡山山門の衆徒を召し出し、織田勢への協力を求め、味方した際には分国中の山門領を元の通り還付すると、金打と朱印状で硬く誓約しています。(信長の一方的なやり方でしょうが。)
 
さらに一方への贔屓が無理な場合には、せめて中立を保つよう説得したといいます。その上でもしこれに違背して朝倉・浅井に肩入れした場合には、根本中堂・山王二十一社ことごとく焼き払うと宣告していたのです。
 
しかし、比叡山は行いを改めることもなく、また約束を果たさず、浅井・朝倉に協力したため、元亀2年の9月12日、織田信長は「残念ながらも(信長公記)聖域に馬を打ち入れ、焼き討ちとなりました。 
 
この時の信長の心中はいかに?

「残念だ」?「愉快だ」?「次の敵は・・・」?「今晩の飯は何だろう」?



ゆかりの地・史跡

 

比叡山延暦寺 滋賀県大津市坂本本町4220 077-578-0001(代表)

瑠璃堂 焼き討ちで唯一残ったと伝わるお堂(西塔)

比叡山・奥比叡ドライブウエイ割引券 http://www.hieizan.or.jp/dwticket.pdf



◆和室・風呂付◆世界文化遺産延暦寺境内にある、静かな環境と豊かな自然が自慢のお宿
【大満足飲み放題プラン】ビール・お酒・焼酎(芋・麦)・ウーロン茶・オレンジジュース120分飲み放題!


1クリックで1票、応援お願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 織田信長 逸話 石田三成 明智光秀 滋賀県 浅井長政 朝倉義景

織田信長、小谷城へ攻撃開始 浅井久政自害(今日は何の日)

8月27日 天正元年(1573)



天正元年(1573)、織田信長は、3万の軍勢を率いて北近江への侵攻を開始します。

浅井長政は居城の小谷城に5000人の軍勢とともに籠城し、朝倉氏へ援軍を要請します。朝倉義景は自ら2万の軍勢を率いて小谷城の北方まで進出しますが越前への連絡路を脅かされたためやむなく撤退。

 
織田信長は本陣に羽柴秀吉を残して、自ら軍を率いて撤退する朝倉軍を猛追します。8月17日には、朝倉氏の居城一乗谷城を攻め、焼き払い朝倉義景を自害に追い込み、朝倉氏を滅ぼします。 

そして8月27日、小谷城攻略を請け負った秀吉は、3000の兵を率いて、浅井久政(長政の父)と浅井長政の連携を遮断するため小谷城京極丸を攻撃しておき、まず浅井久政の小丸を攻略します。 

窮地に陥った浅井久政は、近侍の浅井惟安(浅井福寿庵)の介錯により自害します。(介錯を務めた浅井惟安も直後に自害)

その日、羽柴秀吉は浅井久政の首級を携え、織田信長が陣を構える虎御前山へ届けました。

浅井家が滅亡するのは、これから4日後のことです。


ゆかりの地・史跡
小谷城跡 
滋賀県東浅井郡湖北町伊部

小谷寺(おだにじ)
浅井家三代の祈願所 浅井家の滅亡とともに焼失。現在の小谷寺は豊臣秀吉の再建で、かつての寺地から南方400mの所にあります。
本尊の如意輪観音をはじめ、浅井長政正室・お市の方の持念仏・愛染明王、片桐且元の守護仏・十一面観音、菅原道真筆の両界蔓茶羅、雪舟の釈迦如来像、国の重要文化財の孔雀文磐などの宝物を所有しています。 

山門脇の大きな松の切株は、お市の方が長政と死別した後、柴田勝家に嫁ぐ直前に自ら植えたものといいます。

再来年は、NHK大河「江~姫たちの戦国~」があり、茶々、初、江が生まれた小谷周辺は多くの人が訪れるスポットになっているでしょうね。

静かに拝観するなら、今年か、来年前半までがよろしいかと。
小谷寺境内、普段はうっそうと茂る天然林の中、静寂そのものだそうです。


拝観料200円 問い合せ 高密照円TEL:0749-78-0257
JR長浜駅からタクシーで20分/駐車場 普通5台

ポチっとお願いします。とても励みになります。

 

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 織田信長 浅井長政 朝倉義景 羽柴秀吉 NHK 滋賀県

朝倉義景、浅井長政を救援するため1万5千余の軍勢を率い近江国小谷に到来、「高山」に布陣(今日は何の日)

7月29日 元亀3(1572)年  今から437年前のこと

7月27日にアップした今日は何の日「織田信長、浅井長政勢力下の2城を攻略(今日は何の日)」 の1年前の出来事です。

浅井・朝倉もまだ少し元気があります。

「高山」とは大獄城のことで、小谷山の山頂に築かれた小谷城の支城的な位置づけにあります。

元亀元年(1570)6月28日、姉川の戦いで織田・徳川連合軍に敗れた浅井長政は、同じ年9月に、石山本願寺攻めをする織田信長の隙を衝いて朝倉義景と共に坂本に出陣します。

そして織田家家臣の森可成の宇佐山城を攻め落とした後、織田軍と対峙し織田信長を窮地に追い込みますが、戦線が膠着し勅命により和議を結びます。

元亀2年(1571)9月比叡山を焼き討ちした織田信長は、翌元亀3年3月に小谷城を攻めますが一進一退で戦果を上げられず、三度軍を起こします。

この報を聞いた朝倉義景は、7月29日、浅井長政を救援するため1万5千余の軍勢を率いて大獄城に布陣します。

しかしここで悲劇。 浅見対馬守信の内通によって大嶽城の北にある焼尾砦に入った織田軍は、対馬守の手引きで朝倉軍の立て籠もる大嶽城をいとも簡単に攻め落とすのです。
織田軍は、続いて波多野玉泉坊が立て籠もる丁野山城を落とします

要害堅固で知られた小谷城が織田信長によって落城するのは、それから2年後の天正元年(1573)8月のことです。

そして浅井・朝倉は滅亡してしまうのです。


朝倉義景・浅井長政ゆかりの地・史跡
大獄城址 滋賀県東浅井郡湖北町伊部

小谷城址 滋賀県東浅井郡湖北町伊部
国指定史跡。城館址の平地や一部に石垣などが残すのみだが、登山道も整備されており案内板も要所に立ててある。

焼尾砦址 滋賀県伊香郡余呉町文室

丁野山城址 滋賀県東浅井郡湖北町丁野



お得な宿情報満載!使わなきゃ損!絶対得です!!

 

ポチっとお願いします。いつもありがとうございます。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 織田信長 浅井長政 朝倉義景 滋賀県

織田信長、浅井長政勢力下の2城を攻略(今日は何の日)

7月27日 元亀 4・天正 元(1573)年

武田信玄が西上の途中、53歳で没すると、越前の朝倉・北近江の浅井にとどめを刺す時が来たと、織田信長は判断します。

7月27日 
織田信長、京都を発し近江国高島郡へ「大船」を以て参陣。残敵の籠もる近江国木戸城・田中城を攻略。(『信長公記』)

「大船」は、佐和山城主、丹羽長秀に命じて作った長さ30間(18m18㎝)の船のこと。

田中城と木戸城は、浅井長政の勢力下の城。

織田信長はこの2つの城を攻略した後、一旦岐阜城に戻り、改めて浅井・朝倉討伐に向かいます。

そしてこれからわずか1ヶ月ほどで、信長は浅井・朝倉を滅亡させてしまうのです。 織田信長、この時40歳です。


織田信長ゆかりの地・史跡


田中城址 滋賀県高島市安曇川町田中

土塁や堀などの遺構を見ることが出来ます。琵琶湖の眺めが非常に良い。


木戸城址 滋賀県大津市木戸

 






ポチッとお願いします。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 織田信長 浅井長政 滋賀県

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。