ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田幸村ゆかりの地(NHK歴史秘話ヒストリアで紹介)

もうずいぶん前のことになりましたが、NHK歴史秘話ヒストリアで紹介された真田幸村ゆかりの地をまとめてみました。

真田昌幸・幸村が幽閉されていた地、九度山(くどやま)
和歌山県九度山町は、高野山の麓の町です。
最寄り駅は南海高野線の九度山駅になります。

真田の抜け穴
大坂城までつながっていて、
九度山脱出の時に使ったという伝説があります。
実は古墳の石室です。
和歌山県伊都郡九度山町九度山1339付近

真田庵
元は真田昌幸・幸村父子の屋敷跡です。
和歌山県伊都郡九度山町大字九度山1413
0736-54-2019


敷地内には、幽閉11年目に65歳で亡くなった昌幸の墓
昌幸を祀った真田地主大権現、宝物資料館があります。

真田宝物資料館
土蔵づくりの資料館です。
真田幸村が愛用したと伝えられる槍先や鎧などの
武具や書状、真田紐などが数多く展示され、
在りし日の真田一族の面影を偲ばせています。
真田庵敷地内 0736-54-2218

雷封じの井戸
真田庵の庭にあります。
屋敷に落ちた雷を、幸村が捕まえて井戸に封じ込め、
村人を落雷から救ったと伝わります。


より大きな地図で 真田の抜け穴 真田庵 を表示

町の雑貨屋さんでは「真田紐」が紹介されていました。
真田紐は、袋状のため丈夫で、鎧兜の紐に使われました。
幸村の家臣たちが真田紐を諸国で売り歩き、
徳川打倒のための情報を集めたと伝わります。

幸村からもらった手水鉢
個人の商店の庭にあるので場所の紹介は控えます。

その他、九度山町には至る所に六文銭が見られます。
また池波正太郎著の「真田太平記」に描かれている、
九度山を脱出する時に使った船渡は、
紀ノ川にかかる九度山橋の上流の深淵にあるそうです。
そこで幸村は女忍者お江に逢い、
大坂へ向かいます。

周辺の宿【九度山 中川旅館】
素泊り・真田十勇士おみやげ日本タオル付きプラン


九度山から少し離れます。

蓮華定院(れんげじょういん)
和歌山県伊都郡高野町大字高野山700
地図(クリック)
南海高野線の終点・極楽橋から高野山ケーブル~バス

古くから真田氏発祥の地・佐久の武士たちと
深い縁のあったお寺です。
幸村が焼酎を所望した書状のほか、
真田家の墓所があり、昌幸の位牌が残ります。


次は大阪へ移動します。

安居神社(やすいじんじゃ) 幸村終焉の地
真田幸村が大坂夏の陣で戦死した地と伝えられ、
真田幸村戦死跡之碑が建てられています。
手傷を負った幸村が寄りかかって休んだと伝わる
「さなだ松」は二代目になります。
大阪府大阪市天王寺区逢阪1丁目3−24
06-6771-4932

志紀長吉神社(しきながよしじんじゃ)
大坂夏の陣で、真田幸村が戦勝を祈願した神社です。
その際、伊達軍の銃弾の跡が残る六文銭軍旗と刀剣が
奉納されました。(刀剣は終戦後没収)
幸村が戦勝祈願をしたことから、江戸時代以来
勝利のご利益があるといわれます。
大阪府大阪市平野区長吉長原2丁目8−23‎ 
06-6709-1757


最後はぐっと飛んで宮城へ

当信寺(とうしんじ)
紋所は真田の六文銭。
片倉小十郎(二代目・重長)の室となった幸村の娘・阿梅や
次男・大八(片倉守信)の墓があります。
幕府から守信の調査命令が出された時、伊達家は、
守信の存在をひた隠しに隠したといいます。
本尊は幸村戦死の地、大坂天王寺から運ばれたもの。
宮城県白石市字本町62 0224-26-3473



1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 真田幸村 和歌山県 大阪府 宮城県 片倉小十郎 真田昌幸

「俺が行かずば誰が行く!」 片倉小十郎の城下町 宮城県南の古都も熱い!

奥州藤原時代に築城された白石城。江戸時代には伊達軍の切り込み隊長・片倉小十郎が城主となり、以後260余年、白石は伊達支藩片倉家の城下町として繁栄しました。


戦国BASARA「片倉小十郎」木札ストラップ
Amazon.co.jp通販サイト/Amazon

白石城(しろいしじょう)
現在の天守閣は、平成7年、江戸時代の図面を基に従来の工法で忠実に再現されたもので、建築学的にも注目度が高いといいます。
土日祝日には、白石城観光ボランティアガイドの方々が、天守閣や本丸、武家屋敷の歴史を、白石弁を交えた楽しい調子で物語ってくれます。
ガイドの所要時間は30分~1時間。
白石城 宮城県白石市益岡町1-16 大人300円 小人150円
問い合わせ 白石城管理事務所 0224-24-3030

白石城で片倉小十郎の甲冑が特別展示!
白石城に隣接する「白石城歴史探訪ミュージアム」で片倉小十郎の甲冑や関連資料が特別展示されます。
そのほか戦国絵巻をくり広げる200インチの立体ハイビジョンシアターもあって楽しめます。
特別展10月1日(木)~11月8日(日)
場所 白石城歴史探訪ミュージアム
宮城県白石市益岡町1-16  0224-24-3030
問い合わせ
白石市教育委員会博物館建設準備室 0224-26-2453

「第2回 鬼小十郎まつり」
今週末に迫りましたが、10月3日(土)、白石城の本丸芝生広場にて行われます。
大坂夏の陣で伊達の先鋒として真田幸村とも激闘を交わし、「鬼小十郎」の異名をとった二代目・片倉小十郎重長。その活躍ぶりを、幸村から遺児の教育を託されたエピソードも交え、約70名の甲冑武者が迫力ある合戦シーンを再現します。
また午前中には、「戦国武将コンテスト」(コスプレ審査)もあります!
時間10時~15時30分
問い合わせ 白石市企画情報課 0224-22-1324

さらに白石のお隣、角田では。
「第7回角田ずんだまつり」開催!
ずんだは伊達政宗が陣中で、陣太刀(じんだち)で枝豆をすり潰したことから、「じんだち」が訛って「ずんだ」になったとする説があります。
角田は県内有数の大豆の産地で、その中でもこだわりの秘伝豆を使って開催されます。
秘伝ずんだ餅の振舞いや朝取り秘伝豆の即売会や、太鼓演奏・各種ゲームの催しもありそうです。
開催日 10月4日(日)
場所 阿武隈急行線 角田駅オークプラザ駅前広場
問い合わせ 角田市観光物産協会 0224-61-1192



「俺が行かずば誰が行く!」 週末は白石へ行かねば!



白石市周辺のホテル・旅館一覧はこちらから(クリック)


▽おすすめの宿
遠刈田温泉 大沼旅館
江戸時代から続く老舗。御影石・ヒノキの内湯・露天岩風呂・貸切露天など風情の異なるお風呂が人気です!

(じゃらんnet提供)
「とおがった 親孝行プラン」 1万1500円~
女性に人気の「おこもりプラン」 1万500円~

夕食は蔵王山麓の湧き水で育てた岩魚の塩焼きや、人気の牛すき風うどん、女性からの支持も高いヘルシーなもち豚のセイロ蒸など。朝食・夕食ともに囲炉裏のある個室の食事処で楽しめます。

 
伊達政宗と片倉小十郎 (名将・名軍師立志伝)
Amazon.co.jp通販サイト/Amazon





1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 伊達政宗 片倉小十郎 祭り 宮城県

伊達政宗の正室・愛姫、人質となり秀吉の元へ(今日は何の日)

7月26日 天正18年1590年 今から419年前
伊達政宗の正室・愛姫、人質となり秀吉の元へ
 
羽柴秀吉は、小田原征伐を終え、奥州平定のため、7月26日に宇都宮に到着しています。その日のこと。
 
以下、「伊達家文書」より引用
7月26日 
木下吉隆(秀吉の家臣)、伊達政宗へ出羽国・陸奥国・その他への「御置目」が通達されることを知らせ、伊達政宗も少数の供衆を随行し、早々に下野国宇都宮に参上すべきという羽柴秀吉の「御朱印」が発給されたので「いかにもてかたく、片時も御急」いで参上することを督促。
また最上義光も召喚されたされたことに触れ、陸奥国へは伊達政宗の「御差図」を参考にするとのこと、不届きな輩のもとへは「上使」が派遣されること「以外之御急」の事態であるので夜中であっても参上すべきこと、更に伊達「御足弱衆」の上洛も命令されたので「御急専一」であること、詳細は木村吉清(「木村弥一右衛門尉」)へ申し入れるべきこと、「早々参候へ」という羽柴秀吉「御朱印」であるので緊急に参上すべきことを通知。(「伊達家文書」)
 
天下を手中にした秀吉の高圧的な態度が分かりますね。


 
米沢城に移っていた伊達政宗は、正室の愛姫や片倉小十郎たちを引き連れて、秀吉のもとを訪れています。


羽柴秀吉は、愛姫を見て「ほう、美しい。京を案内して、もてなしたい」と言ったといいます。もちろんこれは妻を京に差し出せ、ということです。


その後、愛姫は人質として京で過ごすこととなり、政宗と離れ離れになってしまうのです。
史跡・ゆかりの地
宇都宮城 栃木県宇都宮市本丸町3520 028-632-2593


 

ポチっとお願いします。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 伊達政宗 羽柴秀吉 愛姫 片倉小十郎 栃木県

伊達政宗、上杉景勝の支城・白石城を落とす (今日は何の日)

7月25日 慶長5年1600年 今から409年前

7月25日ネタがもうひとつあったので。
それにとってもタイムリーなネタでもあるので。

白石城落城の背景・・・


伊達政宗は、天正18年(1590)、小田原に参陣し、羽柴秀吉に服属。
しかし、翌年、全国をほぼ手中に治めた豊臣秀吉から、一揆を扇動していた嫌疑をかけられます。

 

そして伊達政宗は、米沢城から玉造郡岩手沢城に58万石に減らされての転封となります。(城名を岩出山城に変える)

慶長3年(1598)、越後国春日山城より上杉景勝が会津120万石の大身で若松城へ封ぜられます。 上杉景勝は、白石城城主に甘糟備後守清長を任じます。
(直江兼続には米沢城が与えられた)


そして慶長5年(1600)

関ヶ原合戦前夜、西軍に属した上杉景勝の討伐に赴いた徳川家康の命を受け、伊達政宗は白石城を攻撃。


この時、徳川家康より俗に言う「百万石のお墨付き」を得て、旧領回復を狙う伊達政宗の攻撃は激しかったといいます。 

7月25日に白石城陥落。

東北での関が原の戦いはここ白石城から始まります。
戦いの後、白石城は政宗の側近中の側近、片倉小十郎景綱が城主となります。 そして以後明治維新まで260余年間、片倉氏の居城となるのです。

史跡・ゆかりの地
白石城
宮城県白石市益岡町1-16 0224-24-3030
白石城のある益岡公園には、白石城歴史探訪ミュージアムがあります。
1階には三階櫓(天守閣)、2階には展示室があり、白石城と周辺の城下町を復元した500分の1の模型や片倉家ゆかりの甲冑、刀剣、火縄銃など展示コーナーとなっております。





 

ポチっとお願いします。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 伊達政宗 片倉小十郎 上杉景勝 宮城県 徳川家康

TVアニメ「戦国BASARA」グッズフェア開催中!

戦国BASARAグッズフェアが、JR池袋駅東口・地下鉄有楽町線または丸の内線35番出口すぐの"宮城ふるさとプラザ"で、開催されています。

どんなグッズが並んでいるかと。

戦国バサラオリジナルラベル麦酒  500円
戦国バサラ笹かまBOX  380円
戦国バサラ米  1000円
戦国バサラ白石温麺  700円
戦国バサラ伊達の赤味噌・片倉の白味噌・殿様めんつゆ  各630円
戦国バサラ玉虫塗ポストカード  金粉・銀粉各4種類   各々399円
戦国バサラオリジナルラベル日本酒  1050円 

戦国バサラ米は、伊達政宗バージョンと、片倉小十郎バージョンがあります^^

もちろん、お米の品種は宮城の「ひとめぼれ」です!

「戦国BASARA」グッズフェアは8月31日までの開催ですよ~ 

宮城ふるさとプラザ 

東京都豊島区東池袋1-2-2東池ビル(JR池袋駅東口徒歩2分)

TEL.03-5956-3511

営業日 年末年始を除く毎日
営業時間 午前11時00分~午後8時00分

人気ブログランキングへ   クリックしていただけると嬉しいです!



「戦国BASARA」グッズはこちら(amazon.co.jp)もご覧下さい 。
戦国BASARA 伊達政宗パスケース
 

戦国BASARA 真田幸村Tシャツ バーガンディ サイズ:L


和柄・家紋ポーチ「石田三成」





ポチッとお願いします。

テーマ : これほしい! - ジャンル : 趣味・実用

Tag : 伊達政宗 片倉小十郎 グッズ

戦国武将物語 伊達政宗その4

「父の復讐」第4話

二本松城を必ずや落としてみせる

小浜城に戻った政宗は、片倉小十郎景綱を呼んだ。
小十郎は、「武の成実」に対して、「智の景綱」と言われ、政宗の教育係だった人物で、政宗よりも10歳年上でこの時は30歳になる。

二本松城は、要害堅固な城じゃ。どう攻める

小十郎は答えた。
内から攻めるのがよろしいかと存じます

うむ。小十郎、ではそなたに任せる

小十郎は、早速密書を送るなどして、二本松城のなかに内応する重臣らを増やしていった。
そして、頃合を見て小十郎は政宗に進言した。
準備が整いました。そろそろ、よろしい時と思われます」

政宗は静かに腰を上げた。
父上、仇を取ってまいります」(つづく)

小浜城

小浜城  福島県二本松市
二本松城攻略の拠点となった城

小十郎の梨の木
近くの片倉小十郎屋敷跡に、小十郎お手植えの梨の木の大木がある。樹齢400年とか。

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

Tag : 伊達政宗 逸話 福島県 片倉小十郎

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。