ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田信玄が上野の箕輪城を総攻撃(今日は何の日)

9月27日 永禄9年(1566)

天文21年(1552)、北条氏康に追われた関東管領上杉憲政は、越後の長尾景虎(上杉謙信)を頼り、上杉姓と関東管領職を譲ります。
このままだと関東の上野が長尾景虎の支配下となって、越後と上野の両面から領地を脅かされることになる甲斐の武田信玄は、そうなる前に上野侵攻を決意します。

しかし上野の西部を支配する箕輪城は、政略にも優れていた智勇兼備の名将・長野業政(ながの なりまさ)が守っていました。

武田信玄は、弘治3年(1557)上野侵攻を開始しますが、長野業政の巧みな守りに箕輪城を落とすことは出来ず退却。
武田信玄は以後計6度に渡る上野侵攻を繰り返しますが、長野業政は見事にこれを退けたといいます。

信玄は「業正ひとりが上野にいる限り、上野を攻め取ることはできぬ」と嘆いたといいます。

しかしその長野業政が永禄4年(1561)に病死。業政の死を知ると信玄は大いに喜び、「これで上野を手に入れたも同然」と述べて、すぐに軍を上野に向けます。

まず箕輪城を中心とした一揆の一角、小幡氏が武田に降り、永禄7年(1564)には安中・松井田城、さらに翌年には箕輪城の支城・倉賀野城が落城します。

そして永禄9年(1566)、里見城・雉郷城・鷹留城を落とし、箕輪城を孤立させると9月27日、武田信玄は箕輪城に総攻撃を仕掛けます。
まず若田ヶ原で野戦となりますが、数に勝る武田軍に押されて箕輪城に引き籠りました。

そして9月29日暁より武田軍は箕輪城を攻めます。
箕輪城の城兵は城門を開き打って出ます。しかしその度に討ち死にし、城兵の数も少なくなると、ついに城主・長野業盛は、持仏堂に入り、念仏を三遍唱えて自害。家臣たちもその後を追って自害したといいます。

箕輪城は武田氏の上野経営の拠点と位置づけられ、有力家臣である甘利昌忠、真田幸隆(幸綱)、浅利信種が城代に任じられました。


武田信玄ゆかりの地
箕輪城址 群馬県群馬郡箕郷町西明屋字城山



1クリックで1票、応援お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 武田信玄 上杉謙信 群馬県 長野業政 甘利昌忠 真田幸隆 浅利信種 逸話

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。