ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田家ゆかりの地で紅葉巡り 温泉三昧

真田幸村の兄である真田信之が初代藩主となり
信州真田家10万石の城下町となった松代。
先週「松代藩真田十万石まつり」で盛り上がった
ばかりの松代ですが、
この街には真田宝物館や、真田邸(新御殿跡)、
菩提寺など、真田氏関連の遺跡が多くあり、
また、武田信玄と上杉謙信の川中島古戦場善光寺も近く、
歴史ファンならずとも訪れたい所です。

そしてこれからの季節、紅葉が素晴らしいスポットでもあります。

松代城(海津城)は、永禄3年(1560)頃、
甲斐の武田信玄が上杉謙信の侵攻に備えて、
家臣の山本勘助に築城させたともいわれています。
永禄4年9月の第4次川中島の戦いでは、
武田信玄の本陣となりました。

武田氏滅亡後、織田氏家臣の森長可の居城となり、
江戸時代に入り、真田信之が入城し、以後、真田家の居城と
なります。

修理復元を行い、現在は江戸時代の姿に
限りなく近い状態で再現され、一般公開しています。

特に真田邸の紅葉は見事です。

真田宝物館・真田邸・松代城
住所 長野市松代町松代4-1
休館 毎週火曜日(祝日を除く)、年末年始
開館時間 9:00~16:30
入館料 大人500円 小中学生200円

長国寺 真田家の菩提寺
真田信之の霊廟(重要文化財)をはじめ、
歴代藩主の墓所、真田幸村・大助親子の供養塔があります。
本堂の屋根の鯱と、その下にある真田家の家紋六文銭が印象的。
長野県長野市松代町松代1015-1
境内無料(真田家墓所・霊廟見学300円、内部特別拝観500円別途)
霊廟の見学は1週間前までに申し込みが必要。

長野善光寺
広い境内の様々な場所で美しい紅葉を見ることが出来ます。
長野県長野市元善町491
026-234-3591
夏期4:30~16:30、冬期6:00~16:00

▽おすすめの宿
国民宿舎 松代荘
歴史の町松代にふさわしく、施設内の日本庭園など
景観にも配慮した公共の温泉宿。


▽おすすめの宿
信州松代ロイヤルホテル
【朝食付】歴史の街!城下町松代へ行こう!プラン






1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします。とても励みになります。 

スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 真田幸村 真田昌幸 真田信之 温泉 武田信玄 上杉謙信 長野県

真田一族ゆかりのイベント お殿様・お姫様の江戸暮らし~江戸は天下のワンダーランド~


開催日:平成21年6月10日~9月7日

真田幸村の兄・真田信之が初代藩主となり、
信州の雄藩として代々治められてきた松代。
そこにある真田家伝来の武具や大名道具が公開されている  「真田宝物館」で 要チェックの特別展が開催中です!


江戸時代、江戸は様々な人々・物資が集まる一大ワンダーランド。

これまで、松代藩の江戸屋敷については、その実態があまりわかっていませんでした。

そこで、江戸屋敷の絵図や道具類を展示し、藩主や藩士たちの江戸での生活の様子を探るという展示です。

目玉は「体験プログラム」!

 お殿様お姫様気分が味わえるという楽しい催しです。

「お姫様の遊び」
お姫様気分で、お筝や貝合わせを楽しんでみよう!
8月3日(月)~9日(日)、8月17日(月)~23日(日)

「お殿様のおもてなし ~お茶会~」
お殿様気分で、お茶をたててみよう!
9月5日(土) 


[ 問合せ(真田宝物館) ] 
TEL026−278−2801

[ アクセス ]
○長野駅から 松代行きバスで30分 松代駅下車 徒歩3分
○長野I.Cより車で5分

松代のお得な宿探しは「期間限定!お得な宿泊プラン!」






ポチっとお願いします。

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 真田幸村 長野県 真田信之

真田昌幸・信之・幸村、犬伏の別れ(今日は何の日)

7月21日 慶長5年1600年
真田昌幸・信之・幸村親子、犬伏の別れ


真田昌幸・幸村親子は、上杉景勝討伐へ向かった徳川家康に従い下野(栃木県)まで行軍してきていた。
そして、7月21日、下野犬伏の唐沢山城に着陣した時、昌幸の陣に石田三成からの密書が駆け込んできた。
密書は、西軍の挙兵を知らせ、昌幸の加担を求めてきたものだった。

昌幸は至急、小山に布陣していた信之にも連絡し、犬伏で親子三者会談を開いた。
三者会談の場所は、米山古墳にある薬師堂と伝わっている。

嫡男・信之は、家康が器量人であることを説き、また自分の妻が徳川家の四天王・本多忠勝の娘であることから、西軍につくことを反対する。

しかし父・昌幸の娘は三成の義兄・宇田頼次に嫁いでおり、次男・幸村(信繁)の妻は、三成の親友・大谷吉継の娘であったので、西軍につく意思を固めていた。

そして、昌幸・幸村父子は西軍に、信之は東軍に分かれて戦うこととなった。

関ヶ原の戦いのあとも父子兄弟の間は反目することがなかったことから考えて、親子で袂を分ければ、どちらが負けても真田家を存続させることができる・・・と、信濃の一武将にすぎない真田家の存続をかけた苦肉の策でもあったと推測されている。

真田幸村ゆかりの地・史跡 真田昌幸ゆかりの地・史跡
唐沢山城跡 
場所 栃木県佐野市富士見町および栃本町

米山古墳薬師堂 
場所 栃木県佐野市犬伏新町



テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 真田昌幸 真田信之 真田幸村 栃木県 逸話 石田三成 徳川家康

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。