ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳川秀忠が、上田城の真田昌幸に降伏を勧告(今日は何の日)

9月2日 慶長5年(1600)

慶長5年(1600)8月24日、徳川家康の率いる軍は東海道を、徳川秀忠率いる軍勢は宇都宮を発し中山道を通り、それぞれ関ヶ原を目指します。

徳川秀忠軍は、碓氷峠を越えて小諸城に着陣します。目の前には、石田三成を中心とする西軍に加勢した、真田昌幸の籠る上田城が見えてきました。
この先、本来なら上田を支障なく通過し、諏訪に出て木曽路を通り、美濃へ向かって家康軍と合流して、関ヶ原に進みたいところでした。

そこで9月2日、上田城に籠る真田昌幸に対し降伏を勧告するのです。

軍使は、真田昌幸の長男・真田信幸(信之)と本多忠政でした。

翌日、上田城外の信濃国分寺で真田信幸と本多忠政は、真田昌幸と会見し、城明け渡しを説得します。長男の説得に父・真田昌幸は降伏して頭を剃ると申し出たといいます。

しかし、これは籠城の為の時間稼ぎでした。
本多秀忠は真田昌幸の引き延ばし作戦に乗せられていたことを激怒。

真田信幸に弟・真田幸村(信繁)の籠る戸石城を攻めさせます。真田幸村はこれを受け、戸石城を開城。上田城に撤退します。

そして6日、上田城攻めが開始されます。
徳川秀忠軍38,000の軍勢に対し、真田方はわずか2,500。

しかし、真田昌幸は真田家得意の戦法で応戦します。
敵を城壁のそばまでおびき寄せ、城中から狙撃し、敵がひるむや否や出撃するという戦法で善戦。徳川秀忠軍は日時を浪費するのみで上田城を攻略することができませんでした。

徳川秀忠はついに上田城攻めをあきらめ、抑えの将兵だけを残し、小諸城を9月11日に出発。上田領を避け、雨境峠から大門峠を経て諏訪から塩尻、木曽福島を通り、17日妻籠宿に到着。しかしこの宿で徳川秀忠は東軍大勝利という関ヶ原の報に接します。

中山道を上った秀忠軍は、関ヶ原戦に間に合わなかったのです。徳川家康にとっては実に不愉快なことであり、徳川秀忠は当分の間、面会を許されなかったといいます。

関ヶ原の合戦後。
敗れた西軍に加勢していた真田昌幸・真田信繁(幸村)父子は九度山に配流となり、上田城は徹底的に破却されました。

ゆかりの地・史跡
上田城 長野県上田市二の丸
小諸城 長野県小諸市丁311
信濃国分寺 上田市国分1049

 



国内航空+宿泊10万円分、パナソニック 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビVIERA、パナソニック HDD搭載ハイビジョンBDレコーダー ブルーレイDIGA他が毎月当たる!



1クリックで1票、応援お願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

ポチっとお願いします。とても励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 真田昌幸 真田幸村 真田信幸 関ヶ原の合戦 徳川家康 長野県

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。