ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊達政宗、畠山義継を父・輝宗と共に討つ(今日は何の日)

10月8日 天正13年(1585)

伊達政宗の起こした事件(?)でよく知られる、
父・輝宗の銃殺です。
この時、政宗19歳。家督を継いでまだ1年経っていません。
父・銃殺の経緯は、過去記事を参照いただくとして・・・

過去記事 戦国武将物語 伊達政宗その1 伊達政宗その2


今回は畠山義継が伊達家へ降伏に至ったいきさつの辺りを。

二本松城の畠山義継は、天正13年(1585)5月、
伊達政宗が黒川城(会津)の芦名氏を攻めた時に、
芦名に味方して政宗を敗走に追い込ました。
また同年8月、政宗が小浜の大内定綱を攻めた時にも義継は、
会津の芦名と共に後ろから伊達軍を攻撃し、
政宗を窮地に追い込みました。


しかし政宗はこの戦で勝利し、小浜城の支城である
小手森城・城内の男女800人を殺戮します。
(小手森城の撫で斬り)


政宗の次の目標はもちろん、二本松の畠山義継。

しかし、苛烈無惨な政宗の仕置きに恐れた畠山義継は、
政宗の大叔父である伊達実元に泣きつきます。


「この義継、かつては輝宗殿のご奉公につかまつったこともあります。
事情があってやむなく一時は芦名や大内に味方しましたが、
伊達家に異心あってのことではありません」

全くの詭弁ですね。こんな道理が通るはずがありません。
畠山勢に2度もやられている政宗です。
「手のひらを返した戯言なり」(会津四家合孝)と一蹴します。

しかし隠居した伊達輝宗の仲介により、義継は命は助けられることと
なります。
その代わり、義継の領地のうち、その大部分、杉田川以南と
油井川以北を没収、世子の国王丸を人質に出せ、
という非常に
厳しい条件が出されたのです。

倒すか倒されるかの戦国の世、当然の仕置きです。
しかし命を助けられただけでも万々歳であり、
これを呑むほか生きる道は無いというのに、
どこまでも図々しい義継は、領地の半分は残してくれ、
と再び泣きついたといいます。

結局、政宗はこの義継の願いを受け入れることはありませんでした。

義継も仕方なく、この仕置きを受け入れるのですが、
仲介のお礼ということで伊達輝宗の宮森城を訪ね、帰り際に
輝宗を拉致し、駆けつけた政宗によって輝宗もろとも
銃殺されます。

天正13年10月8日のことでした。

伊達輝宗 享年42
畠山義継 享年33

二本松城(霞ヶ城・白旗城) 福島県二本松市郭内4丁目
黒川城(鶴ヶ城・会津若松城)福島県会津若松市追手町1-1
小浜城 福島県二本松市小浜字下館
小手森城 福島県二本松市針道字愛宕森

家紋ストラップ伊達政宗
(伊達家より家紋使用許可済み)
Amazon.co.jp通販サイト/Amazon


1クリックで1票、応援お願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。
スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 伊達政宗 逸話 福島県 畠山義継 大内定綱 伊達実元 伊達輝宗

「上杉家120万石から30万石に減封」の厳しさ

10月4日のNHK天地人で、上杉家が120万石から30万石に
減封
され、家臣たちが大騒ぎしていましたね。
それを直江兼続が治めていましたが、
どのくらい大変なことなのか・・・?


模造刀『上杉景勝』拵え
Amazon.co.jp通販サイト/Amazon

1石は、米1合の千倍、つまり1,000合(約150kg)です。
現在のお金に換算すると、6万円ほどになるそうです。

広さは、1石≒1反≒300坪≒990㎡

上杉家は120万石でしたから、年収720億円ということです。
上杉家直属の家臣は6000人ほど。
6000人の家臣で割ると、年収1人平均1200万円です。

しかし、これはあくまで平均で、
6,000人の家臣の大半は下級武士で、20~50石ほどですので、
年収120~300万円
となります。

そして家臣は、大名から与えられた所領40石に対して1人
戦の時に兵を出さなければなりませんでした。 (いわゆる農民兵)

つまり、40石を与えられていたら、年収が240万円。
その内から、1人の兵とその家族が食べていける分を
出さなければならない
ということで、
家臣の生活も楽ではなかったでしょう。

さて、上杉家は120万石から30万石に減封ですから、
720億円から180億円に減収ということです。
6000人の家臣で割ると、
年収1人平均1200万だったのが、300万円です。
(あくまで平均で)

しかも家臣6,000人だけではなく、
その家族や軍勢(農民兵とその家族)なども含め
3万人が引っ越したといわれています。


どう考えてもこの収入では軍勢など養えません。
しかしそれでは戦の時に、直属の家臣6,000人だけ
なってしまいます。
ですから軍勢は養わなければなりません。

社員の数を減らさずに、会社の収益が4分の1というのは・・・
非常にヒジョ~に厳しいです。

守りの名将・上杉景勝の戦歴 (新書y)
Amazon.co.jp通販サイト/Amazon

1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 直江兼続 逸話 上杉景勝 山形県 福島県

伊達政宗、二本松城を攻め、畠山氏敗走。伊達政宗の母・義姫没 (今日は何の日)

7月16日 天正14年1586年 政宗20歳
伊達政宗、二本松城を攻め、畠山氏敗走。

二本松城落城により、父・伊達輝宗の弔い合戦が終結。
この年、父の菩提を弔うため米沢市遠山町に覚範寺を建立。

7月16日 天正16年1588年 政宗22歳
佐竹・芦名氏らと和睦

7月16日 元和8年1622年 政宗56歳
伊達政宗の母・保春院(義姫)没  享年76でした。

この年、亡くなる前、義姫は、江戸にいる政宗の正室・愛姫に手製の下げ袋を贈り感激させているといいます。
(Wikipediaより)

政宗は寛永13年(1636)母・義姫の十三回忌にあたり菩提を弔うために、覚範寺和尚を開山として迎え、保春院を創建しました。

政宗最後の参勤となる江戸出発の2日前の4月18日に、8年の歳月をかけ創建された保春院の完成を祝い参詣しています。

そしてこのわずか1ヵ月後の5月24日、江戸の江戸桜田上屋敷にて政宗、永眠。


※保春院の本堂には政宗がつくった母の位牌と、保春院が夫亡き後38年間手を合わせていた
輝宗の位牌が残されているといいます。

見ることが出来るかどうかは不明です。情報がございましたら、お教え下さい。

伊達政宗・愛姫ゆかりの地・史跡

二本松城
福島県二本松市郭内4地内
JR東北本線「二本松駅」から徒歩20分
東北自動車道「二本松IC」から車約5分
問い合わせ先 二本松観光協会0243-55-5122


覚範寺
仙台市青葉区北山一丁目12-7 022-234-0829

伊達政宗・義姫ゆかりの地・史跡
臨済宗 妙心寺派 少林山 保春院
〒984-0811 仙台市若林区保春院前丁50 TEL.(022)256-0486

 

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

Tag : 伊達政宗 愛姫 福島県 宮城県

戦国武将物語 伊達政宗その10

愛姫イラスト


麗しい姿と“仏の心”(その2)

政宗の母が、政宗の食事に毒を盛ったという「毒殺未遂事件」(天正18年)。(※注1) 一命を取り留めた政宗は母・御東(義姫)にこう言い放ちます。 「あの女、私の母親ではない!」

その時愛姫(めごひめ)は、母が陰謀に及んだ複雑な事情を汲みつつ、政宗自身の本心は尚、母の愛情を強く求めていると諭して、母・御東を許し復縁するよう提言したと伝えられています。

その名の通り、仏のような愛に満ち溢れた心が想像できますね。
ただ単に「内面の強さ」だけでは説明できない性格の持ち主だった愛姫。

その妻を信じて末永く寄り添った政宗
二人の相性は、どれほどピッタリあっていたのか…。


愛姫小路

■愛姫小路(福島県田村郡三春町の字渋池)
○天正7年(1579)の冬、愛姫が政宗の元へ嫁いでいく際、その行列が通っていったといわれる道
彼女はその後二度とこの三春の地を踏むことはありませんでした。
愛姫の人生にとって、大きな一歩を記した記念の道として碑が建てられています。
そう思うと小さな道にも、壮大な歴史ドラマを感じることができますね。


※注1
「伊達日記」には御東が政宗を毒雑しようとしたとある。
「伊達治家記録」では、母の居る御西館へ出かけ箸を取ったところ「すなわち目開き、血を吐いて気息絶入す」とあり激しい腹痛が襲い、解毒剤の撥毒円を服用して一命を取り留めたとしている。
仙台市博物館長・佐藤憲一氏は、母義姫が政宗を毒殺しようとした話は作り話だとしている。


↓お得な格安ツアープランはこちら↓



テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

Tag : 伊達政宗 愛姫 逸話 福島県

戦国武将物語 伊達政宗その9

麗しい姿と“仏の心”(その1)

眉目秀麗と賞賛され、「家庭をよく治め、慈悲深く聡明な奥方であられた」と
語られた、政宗の正室・愛姫(めごひめ)。

今ブーム?のNHK「天地人」では、
以前“独眼流”を演じた渡辺謙の娘・あん杏さんが演じていますね。
一度仕事でお会いしたことがありますが、顔が小さく純粋な子だという印象でしたよ。

結婚当初2人の間には、なかなか子供が授からず、継承問題で夫婦仲が険悪になったり、先に側室に男子が生まれたりといろいろ悩まされ、ついには…

私は、何の役にも立たない女」と思い込んで自信喪失。

それがまた、政宗を苛立たせる原因になったといわれる程、悩み多き妻であったようです。
でも、今の世の中でもけっこうあるケースだったりするかもしれません。

そんな愛姫であったが、彼女の性格がよく現れた“事件”がありました。
(つづく)


三春滝桜

■愛姫のふるさと三春町(福島県)

○愛姫が生まれてから11歳でお嫁にいくまで過ごした地。
父親は戦国大名・田村氏の三代目清顕で愛姫は一人っ子だった。
街のシンボルともいえる「三春滝桜」で全国に知られる町でもあります。

三春滝桜
国の天然記念物で、樹齢1000年以上の紅枝垂桜(ベニシダレザクラ)。
樹高は12m、枝張りは東西22m、南北18m。日本三大桜の1つであり、
まさに一見の価値あり!

のこりわずか。でもまだ間に合います!
ツアーお得情報! 政宗と愛姫に逢いに行こう!

↓↓↓【ネット限定】5/2~5/5出発限定!GWスペシャル!往復JRで行く 仙台・秋保温泉 2日間
↓↓↓1泊2日 23,200円より!




テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

Tag : 伊達政宗 愛姫 福島県 逸話

戦国武将物語 伊達政宗その5

伊達政宗イラスト

「父の復讐」 第5話(最終話)

父の恨みを晴らすときが来た

二本松城を守るのは、憎き畠山義継の子、まだ12歳の国王丸と一族郎党だった。

者ども、かかれー!

政宗が父に届けとばかりの大声を張り上げる。

二本松城は政宗の猛攻に耐えてはいた。しかし小十郎の謀略が成功し、重臣らが次々と伊達勢に内応してく。
戦はすでに決した。

ついに国王丸が降伏すると約束したため、政宗は攻撃をやめた。

しかし、国王丸は翌日約束を破り、城を逃亡していった。
伊達の家臣が追おうとするのを政宗は止め、そしてこう言った。

ほうっておけ 国王丸はまだ子供だ

傍らの小十郎、成実は政宗の胸中を察した。

父が討たれた時、きっと12歳の国王丸も涙したであろう。
たとえ許せぬ敵であっても国王丸の気持ちが政宗にはよく分かった。(「父の復讐」完)

来週も引き続き、伊達政宗の物語をお送りする予定です。お楽しみに!

二本松城
二本松城(霞ヶ城)
日本百名城。国指定史跡

あだたら高原 岳温泉 眺めの館 ホテル光雲閣
安達太良山麓に広がる爽やかな高原の温泉郷。全国でも珍しい酸性泉。
源泉引き湯100%掛け流しの酸性泉は「美肌の湯」としても有名!眼下に広がる雲海や、朝日が昇る姿は絶景。遠くには阿武隈山系が一望できます!
【レディースプラン】ぷるぷる美顔エステ付プランが人気!12,800円~
おまかせすればとってもお得!サービスプラン! なら格安8,400円~
(じゃらんnet提供)

自然環境に恵まれ、空気と水が美味しい岳温泉は、日本温泉協会のアンケートで、『自然環境日本一』に選ばれたほか、 日本観光協会主催の『第4回優秀観光地づくり賞』を受賞しています。

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

Tag : 伊達政宗 逸話 温泉 福島県

戦国武将物語 伊達政宗その4

「父の復讐」第4話

二本松城を必ずや落としてみせる

小浜城に戻った政宗は、片倉小十郎景綱を呼んだ。
小十郎は、「武の成実」に対して、「智の景綱」と言われ、政宗の教育係だった人物で、政宗よりも10歳年上でこの時は30歳になる。

二本松城は、要害堅固な城じゃ。どう攻める

小十郎は答えた。
内から攻めるのがよろしいかと存じます

うむ。小十郎、ではそなたに任せる

小十郎は、早速密書を送るなどして、二本松城のなかに内応する重臣らを増やしていった。
そして、頃合を見て小十郎は政宗に進言した。
準備が整いました。そろそろ、よろしい時と思われます」

政宗は静かに腰を上げた。
父上、仇を取ってまいります」(つづく)

小浜城

小浜城  福島県二本松市
二本松城攻略の拠点となった城

小十郎の梨の木
近くの片倉小十郎屋敷跡に、小十郎お手植えの梨の木の大木がある。樹齢400年とか。

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

Tag : 伊達政宗 逸話 福島県 片倉小十郎

戦国武将物語 伊達政宗その3

「父の復讐」第3話

おのれ、畠山義継。 父上、この仇はきっとこの政宗が!」

政宗は、初七日法要を済ますと父・輝宗の弔い合戦のため早くも小浜城を出発し、畠山氏の二本松城の領地で、3万の反伊達連合軍と戦闘を演じた。
二本松城救出のため行動を開始した佐竹、芦名を主軸とする大連合軍だ。

父の無念を晴らす戦じゃ!引くな、引くな、突撃じゃ!総攻撃じゃ!」

しかし数の上で五分の一以下の戦力という伊達軍。次第に陣形が崩れ、形勢が悪くなる。
敵の銃弾が、政宗の鎧に命中する。しかし今は亡き父から賜った頑丈な政宗の鎧は玉を跳ね返す。

数に勝る敵軍は、次々と新手の兵を繰り出す。
さすがの伊達勢も疲労が見え始め、総崩れ寸前となる。

伊達成実が叫ぶ。
討ち死に覚悟で総攻撃じゃ!皆の者、俺に続け!」

殿軍の指揮を執る73歳の鬼庭左月斎入道良直も吠える。
良直は、政宗の曾祖父・稙宗の代から四代にわたって伊達家に仕える老武将だ。
命を懸けて戦うのが武将の誉れ!わしが殿をお守り申す!」

良直は高齢のために重い甲冑が着けられず、黄綿の帽子を着けて戦い、200以上の敵軍の首を取る。

敵味方入り乱れての戦となった。
良直は殿軍の指揮を巧みに執り、敵軍の追撃を食い止め、敵を政宗まで近寄らせなかった。

しかし、政宗に近づけぬとみた連合軍は、大将の合図でいっせいに銃身を良直に向けた。

良直ついに銃火に討ち死に。

そしてこの戦は、敵軍の撤退により、ほどなく終結を迎える。(人取橋の戦い)。

九死に一生を得た政宗は、まだ温かい良直の体を抱き寄せ言った。

左月斎、見事であったぞ」(つづく)


人取橋
人取橋  福島県安達郡本宮町大字青田字茂庭
古戦場一帯は、現在は田園地帯となっている。瀬戸川を境に、北側に伊達軍、南側(郡山方面)に連合軍が陣を張り、川を挟んで激戦が展開されました。

あだたら神社

安達太良神社 福島県本宮市本宮字舘ノ越232
神徳
「宇奈明神二柱の神(高皇産霊[たかみむすび]神・神皇産霊[かみむすび]神)は、天之御中主[あめのみなかぬし]神とともに造化の三神として崇敬されている神様で、全てのものをむすび、むすばせ給う、万物生成霊威の神です」とあります。
つまり縁結びのご利益があるようです。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 伊達政宗 逸話 伊達成実 福島県

戦国武将物語 伊達政宗その1

「父の復讐」 第1話


何?父上が拉致されたと!? 義継、卑怯な!」

小手森城を攻略し、自信に満ち溢れる政宗に、急な知らせが入った。

大内定綱の没落を間近で見た畠山義継は、伊達家に和議を申し出た。政宗の父・輝宗の取りなしにより和議が成立するはずだった。

ところが畠山義継は輝宗を拉致してしまう。

急報を聞いた政宗はすぐに駆けつけ、畠山義継を追跡する。

しかし義継の脇差しは輝宗の胸にピッタリと当てられ、政宗も手足が出せない緊迫した状況にあった。

父上っ!」

父・輝宗はそのまま阿武隈川向こうの義継の領地に拉致されてしまう寸前となった。

すると父は、
伊達の家名を汚すな!自分とともに義継を撃て!」と政宗に大声で命じた。(つづく)

宮森城


宮森城  二本松市郭内三丁目
城跡の麓には御膳清水と呼ばれる輝宗も使ったといわれる歴代城主の御用水跡が残る。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 伊達政宗 福島県 逸話

ツアー情報 上杉謙信・景勝、直江兼続、伊達政宗

戦国武将ファンにおすすめのツアーをご紹介していきます。
今回紹介するツアーには、中部発ですが、上杉謙信・景勝、直江兼続、伊達政宗ファンは必ず抑えておきたい場所が日程に入っているので、特に初心者におすすめです。

目的地 山形県米沢 宮城県仙台
出発地 中部国際空港
出発日 2009年4月9日~2009年7月15日
日程 2泊3日 

日程に入っている主な場所はこちらです。

上杉神社
上杉謙信を祀ります。松岬(まつがさき)公園の中央に鎮座。
境内には、本殿、拝殿のほか、稽照殿、上杉謙信公像、春日神社、福徳稲荷神社などがあります。

松が岬公園
伊達、蒲生、直江、上杉諸氏の居城した跡。明治6年に城が取り壊され翌年公園として市民に開放、四周を濠に囲まれ、桜の名所となっています。

稽照殿(けいしょうでん 宝物殿)
特別展「天地人博2009」開催中です!
上杉謙信の遺品を中心に、景勝、鷹山など歴代藩主や直江兼続らの遺品や遺墨、甲冑、武具、刀剣など、重要文化財132点を含む1,000点以上の品々を収蔵展示しており、その規模は東北一を誇ります。
直江兼続が所用していたといわれている「金小札浅葱糸威二枚胴具足」、いわゆる「愛」の前立の甲冑も展示されています。

伝国の杜(米沢市上杉博物館)
国宝「洛中洛外図屏風」・「上杉家文書」など上杉氏ゆかりの文化財を多数所蔵しています。
こちらも「天地人博2009」が開催中です!
この展示会では、大河ドラマに描かれている世界と、直江の実像の世界、2つの世界に迫っているといいます。

山寺(立石寺)
天台宗の高僧、慈覚大師が開山(806年)し、松尾芭蕉が「閑さや岩にしみいる蝉の声」(しずかさやいわにしみいるせみのこえ)で有名な「せみの句」を詠んだ東北を代表する古刹。
1015段の石段を上り切ると、根本中堂(国指定重要文化財)が目の前に立ちます。京都の比叡山延暦寺の別院。織田信長の比叡山の焼き打ちに遭った後、延暦寺が再建された際に、今度は立石寺から法灯の火を分けたのだそうです。

青葉城址(仙台城)
仙台城は400年以上前、伊達政宗公が天然の要害である青葉山に築いた城です。現在、主要な建物は残っていませんが、青々と茂る樹木や大きな石垣などに城の面影が残ります。市を一望する天守台には、勇ましい伊達政宗公騎馬像があります。支倉常長像もありますよ。
青葉城資料展示館や仙台市博物館もあるのですが、滞在が30分とあるので、こちらは立ち寄らないのでしょうか?政宗ファンにはちょっと残念です。

瑞鳳殿(伊達政宗霊廟)
伊達政宗が寛永13年(1636)に死去すると遺命により、翌年の寛永14年(1637)に2代藩主伊達忠宗が現在地に菩提寺である瑞鳳寺と共に造営しました。瑞鳳殿の建物は伊達藩内に数ある霊廟建築の中で最高傑作とされ、様々な彫刻に極彩色が彩られ桃山建築を継承する豪華絢爛なもので、昭和6年(1931)に国宝に指定されます。しかし、昭和20年の仙台大空襲で焼失し、昭和54年(1979)に再建、創建当時の姿が見事に甦っています。
資料館には、発掘された頭蓋骨のレプリカ,頭蓋骨をもとに製作した政宗の木像等が展示解説されています。


※紹介したものが見られるかどうか、詳細はご自身でご確認下さい。


ツアー名「米沢・天地人博2009と山寺・仙台 3日間 基本プラン」
料金 50,000円
詳細はJTB 
http://www.jtb.co.jp/

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

Tag : 上杉謙信 上杉景勝 直江兼続 伊達政宗 宮城県 福島県

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。