ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史上初の集団銃撃戦? 織田軍VS三好三人衆(今日は何の日)

9月7日 元亀元年(1570)

織田信長、摂津国陣中より和泉国槙尾寺へ、鉄炮筒10挺の贈呈を謝す。

永禄11年(1568)、上洛を果たした織田信長は、朝倉攻めを開始しますが、妹・お市の方の婿である浅井長政に妨げられ、やむなく全軍撤退。京に逃げ帰り、浅井・朝倉討伐を決意。徳川家康と北近江に出陣し、姉川で浅井・朝倉を撃破します。
その2年後、三好三人衆との「野田城・福島城の戦い」さなかのことでしょうか。

鉄砲を集団的に使用した最初の戦いは「長篠の戦い」(1575)が有名ですが、それより5年前のこの「野田城・福島城の戦い」が最初ともいわれています。 
『信長公記』には信長軍に加わった雑賀衆・根来衆の鉄砲兵は3千兵とされているようです。これに三好三人衆も鉄砲で応戦していますので、相当数の鉄砲が使われたといわれています。

織田信長は、永禄12年(1569)に和泉国堺の商人・今井宗久に命じて、堺内外に鍛冶職人を組織して、鉄砲の生産を任せています。鉄砲の他にも、弾丸・火薬などの大量生産を依頼して後に備えていました。 

織田信長が、摂津国の天王寺から天満森へ陣替した9月7日、その陣中から出した書状が冒頭の槙尾寺へのものだったと思われます。

しかし、わずか10挺の鉄砲に謝辞の書状を出すとは、非情に律儀な感じがしますね。

「野田城・福島城の戦い」の結果は、本願寺顕如軍が突然戦線に参加し、織田軍に攻めかかり、さらに近江の国で浅井・朝倉連合軍が背後を突き、織田信長は大敗を喫して、帰京しています。

ゆかりの地・観光・旅行情報
槙尾寺(まきおでら)大阪府和泉市槙尾山町136 0725-92-2332
正式には「槙尾山施福寺」(まきのおさん せふくじ)

日本を代表する古い寺。 創建は欽明天皇時代(539~571)。
真言宗の弘法大師「空海」が唐に渡る前の20歳の時に、沙弥戒を受けた寺としても有名です。愛染堂は剃髪所跡。御髪堂には空海の髪が保存されているといいます。 
紅葉の名所です。


交通:泉北高速鉄道、和泉中央駅下車 槙尾山口行きの南海バスで槙尾中学校前で下車 シャトルバスに乗換え終点で下車、徒歩約30分
南海本線泉大津駅よりバス槙尾山行 約1時間




大阪に観光・旅行の際は、ぜひこちらを!


 

 

1クリックで1票、応援お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 織田信長 三好三人衆 紅葉の名所 大阪府

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。