ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅井万福丸(輝政)が磔に処される(今日は何の日)

10月17日 天正元年(1573)


浅井万福丸は、北近江の鷹といわれた浅井長政の嫡男。

生母は不明。お市ではないとの説も。
2011年のNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」で主役となる江や茶々、初の兄です。

天正元年(1573)、織田信長は、3万の軍勢を率いて北近江への侵攻を開始します。
織田軍の総攻撃が間近になったと悟った小谷城の浅井長政は、継室・お市に三人の娘(茶・初・江)と一緒に山を降りるように説得します。

織田信長も、妹・お市の身を案じ、小谷城に遣いをやり、降伏を勧告。
長政は拒むお市を説得し、三人の娘と一緒に信長の本陣へ送り届けました。

しかし嫡男の万福丸は越前へ逃がし、敦賀の木村貞之介という者のところへ預けます(生まれたばかりの次男・万寿丸は城下の寺院へ預けられた)。

天正元年9月1日、浅井長政、自害。

信長は禍根を絶つため、「我が甥である万福丸を、長政に劣らぬ立派な武将に育てる」と
お市を騙し、万福丸の居場所を聞き出したといいます。

そして早くも9月3日、万福丸は捕まり、羽柴秀吉のもとへ送り届けられたのです。

信長はすぐにその処刑を命じたといいます。

万福丸は天正元年10月17日、関ヶ原で磔(串刺しとの説も)に処されました。
万福丸、享年10。


捕まってから処刑まで、1ヶ月半、この間、何があったのでしょうか?

お市による兄・信長への、助命の懇願か?

なおこのいきさつは、秀吉の独断という話もありますが真相は不明です。





1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

 

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 逸話 織田信長 浅井長政 お市の方 万福丸 羽柴秀吉 茶々 お初 お江

木下藤吉郎結婚 伊達政宗誕生 豊臣秀頼誕生(今日は何の日)

8月3日 永禄4年(1561)
木下藤吉郎、浅野長勝の養女「祢(ね)」と結婚。

木下藤吉郎(豊臣秀吉)は24歳、
祢(ね)(ねね・おね・北政所)は14歳。

この結婚には、こんな逸話があります。
当時、秀吉は信長の足軽組頭をつとめていました。
その頃から秀吉は、浅野長勝の養女・ねねに心惹かれていたようです。
しかし、最初にねねに縁談の話を持ちかけたのは前田犬千代(前田利家)でした。
ところが、14歳のねねの返事は・・・
「ごめんなさい。私は犬千代さまより、藤吉郎さまの方が好きです」
落ち込む犬千代であったが、男らしくそのことを藤吉郎に告げます。
こうして、木下藤吉郎とねねは結ばれたといいます。


それから6年後の8月3日 永禄10(1567)年 
伊達政宗、陸奥国に誕生

米沢城主・伊達輝宗と義姫(最上義守の娘)の間に嫡男として生まれます。
幼名は梵天丸。梵天とは神が宿る幣束のこと。つまり梵天丸は神の化身という意味があります。
伊達政宗が生まれた永禄10年当時、
武田信玄46歳、織田信長33歳、豊臣秀吉30歳、徳川家康24歳でした。



8月3日 文禄2(1593)年
淀殿(羽柴秀吉側室)、大坂城二之丸において男子(拾丸:ひろいまる)を出産。

昨日のNHK「天地人」では、深キョン(淀殿)が、稚児を授かったことを比嘉愛未ちゃん(菊姫)と常盤貴子ちゃん(お船)に話していましたね。来週あたり生まれるのでしょうか?

拾丸は後の豊臣秀頼です。
秀吉の次男(一説には三男)として生まれました。兄の鶴松はすでに世になかったので、秀頼が事実上の後継者となります。


秀頼の誕生は、正室・ねね(北政所)と側室・茶々(淀殿)の確執を生みます。

ねねの結婚記念日と、茶々の子の誕生が同日。偶然というか因縁というか・・・


  

ポチっとお願いします。いつもありがとうございます。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 羽柴秀吉 豊臣秀頼 伊達政宗 ねね 北政所 茶々 淀殿

織田信長、淀城を攻略 岩成友通が討死(今日は何の日)

8月2日 元亀4・天正元年(1573)

岩成友通、織田信長の命を受けた細川藤孝(細川 幽斎)らとの淀城攻城戦に於いて討死した日

岩成友通は徹底して織田信長に激しく対立した戦国武将。三好三人衆のひとり。 

足利義昭の織田信長討伐に応じた岩成友通は、淀城(淀古城)に立て篭もります。
淀城には、岩成友通・番頭大炊頭・諏訪飛騨守の三将が立て篭もっていました。


しかしこのうち番頭・諏訪に対しては羽柴秀吉が内応を持ちかけ、承諾を取りつけることに成功していたのです。

 
織田信長は残る岩成友通を討つべく、細川幽斎らの軍勢を淀へ向かわせます。

織田勢が寄せると、岩成友通は城中から討って出て敵中へ切り込みます。

すると内通していた番頭・諏訪の両名がにわかに織田勢へ味方し、岩成は敵中に孤立してしまいます。


それでも岩成はなお並居る敵勢の中を切りまわりますが、やがて細川幽斎家中の下津権内に挑みかかられ、組討ちのすえついに首を落としたと伝えられています。


関連史跡 ゆかりの地
淀古城 京都府京都市伏見区淀納所付近
妙教寺境内に小さな「淀城」の石碑が建てられている。

1589(天正17)年 豊臣秀吉は側室淀殿が懐妊すると、弟秀長に命じて淀古城を修築します。
産所とするために修築された淀古城に入った茶々は、鶴松を出産しました。ここから、茶々は淀殿・淀君と呼ばれるようになりました。

 








ポチっとお願いします!いつもありがとうございます!

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 織田信長 岩成友通 京都府 細川幽斎 茶々 淀殿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。