ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田信長の要請により山科言継が、足利義昭参内用の装束を調達する(今日は何の日)

10月7日 永禄11年(1568)

「足利義昭参内用の装束」とは、まもなく控えている、征夷大将軍就任のため京都御所に参内するためのものでしょう。(なぜ山科言継が装束の調達などをしているのか?これはまた別の機会で)


京を支配する松永久秀と三好三人衆を排して幕府権力を回復するため、上洛の機会を窺う足利義昭(義秋)の援軍要請に応え、織田信長は永禄11年の9月26日、ついに上洛を果たします。
関連記事9月4日分「今日は何の日」参照

しかし信長は入洛後息もつかずに、28日柴田勝家ら四将を先頭に立て、岩成友通の守る勝龍寺城を攻め、30日には芥川城、越水城、滝山城を次々と落とし、信長は義昭に供奉して芥川城へ入城します。

10月2日、信長は池田城を攻め寄せ、城下に火をかけて町を焼き払い、芥川の本営に凱旋。ここに五畿内およびその隣国が信長の支配するところとなります。

芥川城滞在中、信長の元へは参賀の使者が内外の珍物を携えて続々と来訪し、「門前に市をなすがごとき盛況」となったといいます。
松永久秀九十九髪茄子の茶入れ(当時の茶人の、垂涎の的)を進上。
今井宗久は、名物松嶋茶壷紹鷗茄子の茶入れ千利休の師:武野紹鷗が所持していたもの)を献じます。
中には九郎判官義経(源 義経)が一の谷で着用したという鎧を進上するものもあったといいます。
みんな一生懸命ですね。

そして10月7日 かねてより信長が山科言継に要請していた、足利義昭参内用の装束が出来上がり届きます。
山科言継は、足利義輝の御服を参考にしたといいます。

14日、信長、義昭、帰洛。
18日、義昭は朝廷より正式に宣下を受けて征夷大将軍に就任し、22日参内を果たすのです。


1クリック1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 織田信長 逸話 武野紹鷗 山科言継 足利義昭 柴田勝家 岩成友通 松永久秀 今井宗久 千利休

足利義昭から上杉謙信へ上洛を促す書状が届く(今日は何の日)

10月4日 永禄8年(1565)
フィギュア 上杉謙信 Aタイプ
Amazon.co.jp通販サイト/Amazon

永禄8年(1565)の永禄の変で、第13代将軍・足利義輝が、松永久秀や三好三人衆らによって惨殺され、将軍の権威は著しく失墜します。

京を支配する松永久秀と三好三人衆を排して幕府権力を回復するため、上洛の機会を窺う足利義昭(義秋)は、諸国の大名としきりに連絡をとります。

上杉輝虎(後の上杉謙信)に対しては、何度となく手紙を送っています。

永禄8年(1565)の8月5日には、謙信に対して、室町幕府再興を表明した書状を送っています。

そして10月4日には、北条氏康と和睦し上洛することを促す書状を、謙信に届けています。

謙信は上洛しませんでしたが、上洛の意思は示したようで、翌年の永禄9年(1565)年3月の、義昭からの書状には、「援軍派遣の意思表示を賞す」といった内容があります。

しかし、謙信には先にやらなければならないことがあったようです。

同年の5月、謙信は、「“武田信玄を討伐して”北条氏政と和睦した後に上洛し三好氏・松永氏を滅ぼし、京都の公方と鎌倉の公方を復興することを祈願」しています。謙信にとっては、「上洛は信玄を破ってから」という気持ちがあったのでしょうか。

足利義昭は諸国の大名に、援軍要請の書状を出していましたが、いずれも上洛に関しては消極的でした。

その中で唯一、積極的に上洛の意思を表明したのが、織田信長でした。
足利義昭は、明智光秀の仲介により、織田信長を頼って尾張へ移ります。

そして、織田信長が足利義昭を奉じて上洛を果たしたのは、永禄11年9月のことでした。

1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 織田信長 上杉謙信 松永久秀 三好三人衆 逸話 北条氏康 北条氏政 武田信玄 足利義昭 明智光秀

武田信玄 上洛を開始(今日は何の日)

10月3日 元亀3年(1572)


戦国武将ペンダント・鎧『武田・武田菱』
Amazon.co.jp通販サイト/Amazon

武田信玄は、常々「早く西上して天下を取り、まつりごとを正しく行いたい」と強く望んでいました。
ですから、足利義昭の要請は、きっかけに過ぎないと思いますが・・・

元亀2年(1571年)2月、武田は織田家との同盟関係を維持したまま、足利義昭の信長包囲網要請を受ける形で、2万5000の大軍を率いて徳川領へ侵攻し、4月15日には、三河国足助城(真弓山城)を攻略します。
しかし当時武田は、上杉・北条・徳川に3方を囲まれている状況で、長期間の遠征を維持することができず、甲斐へと撤退します。

ところが、思わぬ形で東方の憂いがなくなります。
元亀2年の12月、北条氏康の遺言により、跡を継いだ北条氏政は武田と甲相同盟を復活します。これで3方のうちのひとつの憂いがなくなりました。

この年、織田信長は比叡山を焼き討ちにし、浅井・朝倉連合軍との戦いも優位に進めています。

危機迫った足利義昭は翌年・元亀3年(1572)の1月、本願寺顕如を通じ、武田信玄へ織田信長の背後を脅かすよう依頼します。

 

フィギュア 武田信玄


信玄は、まだ北の上杉謙信からの脅威があったため、本願寺顕如に要請し、越中で一向一揆を起こさせます。
こうして戦力を一点に集中できるようになった信玄は、9月29に西上作戦を開始。
そしてついに10月3日、武田信玄は、2万2000の兵力を率いて甲府から出陣しました。


その後、武田信玄は三方ヶ原の戦いで徳川家康を破り、三河に侵攻するも、持病が悪化し、信州駒場で没します。

天下取りを目指して甲府を出陣してから6ヵ月後のことでした。


武田信玄 (学研M文庫)
Amazon.co.jp通販サイト/Amazon





1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもポチっとお願いします。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 武田信玄 織田信長 徳川家康 本願寺顕如 足利義昭 北条氏政 北条氏康 山梨県 愛知県 静岡県

室町幕府のラストエンペラー没す(今日は何の日)

8月28日 慶長2年(1597)


足利義昭は、室町幕府の第15代将軍で、室町幕府最後の将軍。
 
永禄8(1565)年、足利義昭は、亡き兄・義輝の側近だった一色藤長、細川藤孝らに助けられ、幽閉先の奈良興福寺の一乗院を脱出します。
その後、越前の朝倉家などを頼りつつ、各地を転々とします。 貧乏公方」とまで言われ、大名家に助力を嘆願する毎日でした。足利将軍家復活への執念は、剣豪将軍ともいわれた兄・義輝に勝るとも劣らなかったといいます。
 
足利義昭は気位が高く名誉心に富み、それに見合った力量を備えていました。
将来を見通す力、現実を見る力、決断力を秘め、苦しい立場に追い込まれても忍耐強かったといいます。
だからこそ、自ら兵を持たず、信長包囲網をつくり上げることが可能でした。
足利義昭は、俗に言われる陰険な小者ではなかったといわれます。
 
永禄11年(1568)、足利義昭は流浪の末、織田信長に助けられ、念願であった室町幕府第15代将軍に任じられます。
 
しかし義昭は、織田信長が中央での実権を握るための道具として自分を利用したのだと気づき、兄の義輝同様、操り人形になるのを嫌った義昭は、信長と激しく対立するようになります。
 
信長包囲網を築くも失敗に終わると、義昭は信長によって京都を追われ備後に下向します。
 
そして天正10年(1582)、ついに本能寺の変を引き起こす(?)のです。
(本能寺の変・足利義昭黒幕説)
 
 

足利義昭の晩年は秀吉の御伽衆に加えられ、太閤の良き話し相手となります。

天正16年(1588)大坂で落飾し昌山道久と号す。

慶長2年(1597)の8月28日、大坂で死去、享年61。

ポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 足利義昭 織田信長 本能寺の変

足利義昭が毛利輝元らへ援助を要求した日(今日は何の日)

7月24日 元亀4・天正元年1573年

足利義昭、毛利輝元・小早川隆景・吉川元春へ援助を要求する。

織田信長に京を追われた将軍足利義昭は毛利領内へ逃げ込みました。

これにより、毛利と織田の対決は決定的となりました。



テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 足利義昭 毛利輝元 小早川隆景 吉川元春

足利義昭が、人質として嫡男の義尋を信長に差し出し降伏した日(今日は何の日)

7月18日 元亀4年1573年 織田信長39歳
足利義昭が、人質として嫡男の義尋を信長に差し出し降伏した日。


以下、その経緯

7月3日挙兵した室町幕府第15代将軍・足利義昭であったが、信長はすぐさま、義昭近侍・三淵藤英が守る二条城を取り囲み、7月10日無血開城させる。

続いて信長は、義昭が籠もる槇島城を包囲。

7月16日、信長は槇島城を攻撃し、足利軍の兵士50人ほどを討ち取り、槇島城の防御施設をほとんど破壊。

7月18日、義昭はついに、嫡男の義尋を人質として差し出して降伏した。その後、信長は義昭を、京都から追放。
これにより、実質的に室町幕府は滅亡した。

織田信長ゆかりの地・史跡

二条城  京都市中京区二条通堀川西入二条城町541番地
料金:一般600円 
開城時間:午前8時45分~午後4時(閉城 午後5時)
元離宮二条城事務所 075-841-0096

現在、「築城400年記念 展示・収蔵館」公開中
黒書院 松の障壁画展  ~修理完了後初公開~ 平成21年7月10日(金)~8月31日(月) 
※二条城が休城になるため、7月、8月、1月の毎週火曜日は休館になります。
午前9時~午後4時45分(受付は午後4時30分まで)
※二条城の入城受付は、午後4時まで
入館料:100円(小学生以上)
※ 別途、入城料が必要

織田信長ゆかりの地・史跡

槇島城
現在は完全に失われており、石碑を残すのみ。
京都府宇治市槇島町大幡 槇島公園に槇島城記念碑が建てられています。






 

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

Tag : 織田信長 足利義昭 京都府

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。