ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田信長が上杉謙信追伐のための督促(今日は何の日)

閏7月23日 天正5年 1577年
織田信長が、伊達輝宗とその家臣・遠藤基信へ、上杉謙信の「悪逆」を「追伐」するので 、越後国の本庄繁長と相談することと「軍忠」を督促す。(「伊達家文書」・「建勲神社文書」)

上杉謙信、没する8ヶ月前のことです。

この頃、越後国の上杉謙信と信長との関係は悪化していました。
謙信は天正4年に石山本願寺と和睦。
信長との同盟を破棄して、信長との対立を明らかにしました。
そして謙信を盟主として、毛利輝元、石山本願寺などが反信長に同調し結託しました。

しかし、謙信は没し、お家争いが勃発。そして信長包囲網は崩壊してしまいました。
その後、信長は上杉氏との戦いを優位に進めていくのです。



 

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 織田信長 上杉謙信 伊達輝宗 遠藤基信

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。