ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝倉義景自刃 朝倉家滅亡(今日は何の日)

8月20日 天正元年(1573)

朝倉義景は、織田信長の攻略を受けた小谷城の浅井長政に援軍を出しますが、織田軍の猛攻を受け、居城のある一乗谷へ敗走。

織田軍は一乗谷城にも迫り、義景は城を出て洞雲寺(大野市清瀧)へ逃れます。そして勇猛で知られる僧兵集団がいる平泉寺に使いを送り、助けを求めます。(平泉寺は当時朝倉氏と同盟関係にありました)

しかし平泉寺はすでに信長と内通していました。 
信長は、朝倉一族の景鏡(かげあきら)に対しても、信長軍に見方すれば褒美を与えると条件を出しました。

朝倉景鏡は、平泉寺と手を組んで信長に味方することに決心。義景のいる洞雲寺に使いをやり、六坊賢松寺へ移るように勧めます。

8月19日、義景は六坊賢松寺へ移りましたが、翌8月20日の早朝、景鏡は平泉寺衆徒と一緒に義景を襲いました。義景は景鏡が裏切ったことを知り、絶望のうちに自害します。

辞世の句は「七顛八倒 四十年中 無他無自 四大本空」(苦しみもがいた四十年の生涯であったが、結局他もなく自もなく、人の実体は空なのだ)

五代続いた名門の、あっけない幕切れでした。朝倉義景 享年41。


最後まで義景に付き添った近臣も自刃、近臣・鳥居景近は、景鏡勢の中へ斬り込んだものの引き返し、義景の後を追って自刃したとされています。


朝倉義景ゆかりの地・史跡
六坊賢松寺(けんしょうじ) 正確な場所は不明 (曹源寺か?)
曹源寺 福井県大野市明倫町2-18 
朝倉義景の墓の隣には、ともに自刃した近臣鳥居景近・高橋景倍の墓があり、その後ろには愛王丸、小少将(側室:愛王丸の母)、光徳院(義景の母)三人の共同墓があります。

朝倉義景館跡 墓所 福井県福井市城戸ノ内町
館跡の墓は天正4年、村民の建てた小祠が始まりで、寛文3年(1663)福井藩主松平光通によって現在の墓塔が立てられました。
朝倉氏遺跡管理事務所 TEL:0776-41-2173

愛王丸、小少将、光徳院が京都へ護送される途中で殺害された場所に、愛王丸を祀るお堂があるといいます。
愛王堂 福井県南越前町今庄

 

福井への観光・旅行はツアーがお得です。

 







ポチっとお願いします。とても励みになります。

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 織田信長 朝倉義景 福井県 鳥居景近 高橋景倍 愛王丸 小少将 光徳院

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。