ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長宗我部元親が黒瀬城を落とし南伊予を平定(今日は何の日)

10月19日 天正12年(1584)

長宗我部が土佐を統一したのは天正3年(1575)。

天正3年といえば、織田信長がその2年前に浅井・朝倉を滅亡に追い込み、翌年には長島一向一揆を鎮圧、中央で勢力拡大・統一事業を進めながらも信長包囲網に対していた頃です。
そしてこの当時は、長宗我部元親と織田信長は友好関係にありました。

元親は土佐統一後も信長と誼を通じ、領土拡大を目指します。
「一領具足」と呼ばれた半兵半農の強兵を率いて、阿波・讃岐へ進出し、天正8年(1581)までには四国の大部分を平定します。

しかし、その台頭を快く思わない信長と対立するようになり、四国征伐の準備までされていましたが、天正10年(1582)6月、本能寺の変で信長が急死。

窮地を凌いだ元親は、再び四国の平定を進め、天正10年(1582)阿波を掌握。
そして天正12(1584)年10月19日、西園寺公広の黒瀬城を落とし、南伊予を平定します。

そして翌年、河野通直らを降して伊予を制圧し、ようやく四国全土を統一するも、そのわずか数週間後、秀吉による四国征伐がはじまり、10万の兵が押し寄せ、秀吉に降伏、伊予一国の領有となってしまうのです。

信長は生前、元親をこう評していたといいます。
「鳥なき島のコウモリ」
田舎大名だが、油断のならない奴。


ゆかりの地・史跡
黒瀬城 曲輪、石垣、井戸跡などが残ります。
愛媛県西予市宇和町卯之町
JR予讃本線卯之町駅~徒歩10分で登城口

1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 長宗我部元親 織田信長 高知県 愛媛県

土佐の武田勝頼没後400年祭・・・なぜ土佐で? 武田勝頼落人伝説

高知県の仁淀川町で、武田勝頼没後400年を記念したお祭りがあります。

「武田勝頼没後400年祭【秋の陣】」 10月10日(土)
於:大崎八幡宮境内(高知県吾川郡仁淀川町大崎)
詳細はこちら 武田勝頼土佐の会HP
http://katsuyoritosa.web.fc2.com/index.html
(まだ詳細はアップされていません)

武田勝頼は、言わずと知れた甲斐の武将。武田信玄を父に持つ甲斐武田家第20代当主で、武田家最後の武将です。

信玄没後、戦国最強といわれた武田軍を率いますが、長篠の戦で織田・徳川連合軍に大敗。
天正10年(1582)、織田信長が甲斐侵攻作戦を開始すると、同年3月、勝頼は韮崎新府城に火をつけ岩殿城を目指します。しかし小山田信茂の裏切りに遭い、岩櫃城を目指して天目山に分け入ったところを滝川一益の軍に遮られ、田野の地まで引き返したところで一族とともに自害しました。

というのが良く知られている歴史ですが。 

土佐には、勝頼は天目山では自害してはおらず、影武者を使った事が言い伝えられています。

信長の軍に負けた武田勝頼の一行は、上野国利根郡に一時隠れ、その後諸国を巡り、武田家の末裔である香宗我部家の住む土佐へ入ります。

土佐といえば長宗我部。
羽柴秀吉に知られるのを恐れた長宗我部元親は、勝頼に土佐の山奥に行くことを勧めます。
その後、大崎村川井入った勝頼は「大崎玄蕃(おおさきげんば)」と名乗ったというのです。

天正13年(1585)には、寺村に武田家の先祖を祀る為の菩提寺(流光山成福寺)を建立しています。現在も成福寺跡には、「観音堂」と「聖観音立像」が現存しているといいます。
さらにその翌年、勝頼(大崎玄蕃)は、川井に「川井神社」またの名を「武田城八幡宮」(現在の大崎八幡宮)を建立しています。

そして、慶長14年(西暦1609年)8月25日64歳で逝去したといいます。

土佐には、勝頼の墓(鳴玉神社)、勝頼の長男・信勝の墓、娘の墓、孫の墓、手鏡、伝説の元となっている400年前から伝えられて来たという土佐の武田家系図のほか、仁淀川町大崎地区には、武田勝頼の変名である大崎玄蕃にちなんだ「玄蕃踊り」が400年間受け継がれているといいます。

この伝説、皆さんはどう思いますか?

土佐ではこの言い伝えを、しっかりと守っています。

そして10月10日は、土佐各地に伝わる玄蕃踊りの、始まりの場所とされる大崎八幡宮の境内で踊りや太鼓を奉納し、武田勝頼没後400年を祝います。



「武田勝頼没後400年祭【秋の陣】」の詳細はこちら

武田勝頼土佐の会HP http://katsuyoritosa.web.fc2.com/index.html




高知県へ観光・旅行ならこちらがお得! 1泊2日 東京~高知 往復航空券宿泊代朝食がついて、驚きの2万5200円から!詳しくはこちら↓

 

1クリックで1票、応援をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 武田勝頼 高知県 滝川一益 小山田信茂

長宗我部元親が安芸城の安芸国虎を攻める。国虎自刃、安芸氏は滅亡(今日は何の日)

8月11日 永禄12年(1569)
長宗我部元親が安芸城の安芸国虎を攻め、安芸氏を滅亡させる。

安芸氏は、壬申の乱(672年)で土佐へ追放になった蘇我赤兄の子孫として伝えられ、地頭として安芸庄を支配し、繁栄の基礎をつくりました。

戦国期には大豪族として、土佐国東部で最大の勢力を誇るようになりました。安芸城の城主である安芸国虎は、土佐統一を進めていた長宗我部元親と対立。激しい抗争を繰り返しました。

永禄12年(1569)4月、長宗我部元親は安芸国虎に宛て、「和睦したいので岡豊城へ来ていただきたい」という書状を送りますが、国虎は「無礼千万」として取り合いませんでした。これを大義名分として元親は安芸領へ攻め込みます。

7月、元親は、7200人の兵をひきいて金岡城(安芸郡芸西村)を落城させ、これに対し国虎は5300人の兵を集めて、八流(安芸市)で守りを固めました。
八流は海に面した自然の要害でしたが、長宗我部軍の奇策により動揺した安芸軍は総崩れとなり撤退します。
そして、この間に長宗我部軍が安芸軍内の協力者の先導で山越えし、城の背後から攻め込んだため、安芸軍は全軍城に引き揚げ、安芸城に立て籠もることとなりました。籠城は24日間に及びましたが、敵に内通する者が出て、城内の井戸に毒を投げ入れたため、ついに国虎は城を明け渡すことを決心します。

国虎は一子千寿丸を阿波へ落ちのびさせ、夫人を生家の一条家(中村市)のもとに送り返した後、全将兵の助命を条件に浄貞寺に入り自刃。永禄12年の今日、8月11日のことでした。 その墓は、殉死した有沢、黒岩両家老の墓に守られるように、今も浄貞寺に残っています。

安芸国虎ゆかりの地・史跡
安芸城址 高知県安芸市土居
問い合わせ 安芸市商工観光課 0887-35-1011
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線安芸駅より車で5分

浄貞寺 高知県安芸市西浜556 0887-35-3081 

高知県安芸へ観光・旅行の際はこちらがお得!




ポチっとお願いします。励みになります。

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 長宗我部元親 高知県 安芸国虎

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。