ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜名湖 紅葉温泉紀行  家康に運を授けた“出世城”!

家康に運を授けた“出世城”!
~静岡県浜松市~

家康が生涯で最大の負け戦を喫したことで知られる
遠州浜松の居城・浜松城周辺は、紅葉の名所としても
知られています。
今回は浜名湖畔の街から、秋のおすすめ“観光ルート”を
勝手気ままにご紹介します…



▼“やらまいかスピリッツ”が宿る:浜松城
三河から東進し、今川領の制圧を開始した徳川家康が、
名将・武田信玄の侵攻に備える拠点として、1570年に
築城した浜松城。

遠州一帯を見渡せる丘にそびえ、440年もの歴史を刻む
(現在の天守閣は昭和33年再建です)お城で、これからの時期
には日本庭園を中心にして紅葉が広がり、赤・黄・茶色など
色とりどりの紅葉で埋め尽くされます。

歴代の城主が幕府の要職についたことから、別名「出世城」と
呼ばれているんですが、浜松は、かの本田宗一郎氏の
「やらまいか精神」でも知られる土地。なにやら土地柄が
与える影響が強いのかもしれませんね。

※やらまいか=遠州の方言で「やってみよう」の意味。
 全てのことに前向きに取組む気質・心意気を表す言葉。

▼犀ヶ崖(さいががけ)資料館
犀ヶ崖は浜松城の北側約1kmにある渓谷。
家康が大敗を喫した「三方ヶ原の戦い」の古戦場で、
戦死者を祀ったお堂跡には、家康苦悩の時期を物語る
資料が公開されています。

その近くには「みやひろ」という、かなり美味しい
ラーメン屋があり、昭和31年の開業以来、
浜松っ子に愛され続けています…
(おすすめ:丼表面を覆い尽くすように焼豚が盛られた
                  チャーシュー麺・700円)

▼もうひとつの決戦地!浜名湖かんざんじ温泉

ホテル ウェルシーズン浜名湖

浜松城から街道で結ばれた浜名湖畔の舘山寺(地域)は、
紅葉温泉の両方を楽しめる欲張りスポット!
県下最大の温泉施設「華咲の湯」が魅力の宿です。


(じゃらんnet提供)

遠州灘天然とらふぐ懐石料理」プラン
遠州灘(太平洋)は全国屈指の天然とらふぐの漁場!
地元舞阪漁港より直送の冬の味覚の王様「天然とらふぐ」を
思う存分楽しめるプランです。
「ふぐ」といえば下関ですが、下関発の最高級とらふぐの多くが、
ここから下関へ陸送されているんです!

 

注目の宿泊者特典!
浜松っ子にとっての“ディズニーランド”!? 「浜名湖パルパル」
無料入場券・割引券などが盛りだくさん。
パルパルは、その昔、仮面ライダー1号・2号がゲルショッカーと
死闘を繰り広げた“古戦場”でもあります…

1クリックで1票、応援お願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 徳川家康 温泉 静岡県

奥三河 紅葉温泉紀行 家康ゆかりの名刹で気分爽快山登り!

~愛知県新城市~

若き家康が治めていた三河の地は、
豊かな自然を残す穴場的な歴史散策路が
数多くあるんです。
特に紅葉の季節におすすめしたい“観光ルート”を
勝手気ままにご紹介します・・・



フィギュア 徳川家康 Aタイプ
Amazon.co.jp通販サイト/Amazon


▼家康誕生の秘密:鳳来山東照宮
JR飯田線・本長篠駅からバスで30分ほど
山間を走ったところにある古刹・鳳来寺は、
702年開山、真言宗五智教団の本山。
四季折々の自然が魅力の山寺ですが、
紅葉の季節(11月)には「もみじ祭り」を開催。
観光土産の物産展なども行われおすすめです!

江戸時代,鳳来寺山に東照宮が建立。
鳳来寺山には,かつて家康の母の於大(おだい)の方が,
鳳来寺山の薬師に懐胎を祈願して家康を身ごもった
という伝説があったため、家光がここに
東照宮造営を命じ,完成させたそうです。
日本三大東照宮に数えられていますが、これには
諸説あるそうで、“言い張ってる系”かもしれません。
でも、天下人・家康の心身の基礎が築かれた地だけに
かなりの説得力があると思います。

ちなみに鳳来寺の石段は、1425段!
裏手のパークウェイから車でも上がれますが、
単調な階段ではなく、ちょっとした登山道みたいな
感じなのでトレッキング感覚で上ることができて、
かなりの癒やし効果が得られるし、本堂付近からの
絶景もよりいっそう格別なものに!
  
▼渓流をのぞむ露天風呂が魅力!湯谷温泉
【おすすめの宿 「旅荘みつい」】

鳳来寺山の麓を流れる清流のせせらぎと
紅葉に染まる木々にかこまれた開放的な
露天風呂…
そして、旬の味をいかした田舎会席料理が
魅力の宿です。

(じゃらんnet提供)

「秋だから、思い切って松茸食べちゃお♪♪」プラン
“すだち”を絞って豪快に「焼松茸」!
香りを楽しむ「土瓶蒸」
究極の贅沢「松茸のすき焼き」
目の前で出来上がる「松茸釜飯」
秋の味覚の王様・松茸を色々なお味で楽しめる
かなり“お得”なプランだと思います!

でも、なんといっても一番のご馳走は、
奥三河の“澄んだ空気”なんですけどね。



奥三河の旅館・ホテル一覧はこちらから

1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 徳川家康 温泉 愛知県

悲運の妻、家康正室・築山殿、殺害される(今日は何の日)

8月29日 天正7年(1579) 

築山殿(瀬名)は、弘治3年(1557)、15歳の時、松平元信(後の徳川家康:当時16歳か?)と結婚します。
瀬名は今川義元の姪。今川氏の血を引く気品のある女性だったといわます。

永禄3年(1560)の桶狭間の戦いで、伯父の今川義元が討たれ、家康は岡崎に戻り、今川の敵方・織田信長と同盟を結んでしまうのです。
このことが今川氏真の怒りを買い、永禄5年(1562年)3月、瀬名の実の父である関口義広(今川家一門)が、正室と共に自害させられてしまいます。

以後、家康と瀬名の間はギクシャクし始めます。

瀬名は駿府城から岡崎に移り、築山のそばに住みます。
このため築山殿と呼ばれるようになります。

永禄10年(1567年)、長男・信康と織田信長の長女・徳姫との結婚が成立します。
しかし築山殿にとって徳姫は 「父や伯父を死に追いやった信長の娘」としか映らず、折り合いは良くなかったといいます。

そしてついに築山殿は憎さのあまり、甲州から美貌の側室を信康に迎え、息子夫婦の仲を裂こうとしたといわれています。また武田勝頼と内通し徳川家滅亡をはかったともいわれています。(築山殿に、武田氏と裏で外交ができるような力があったか疑問視されています)

その他にも、唐人の鍼医減敬との内通、侍女おまんを裸で縛り付けする、などの悪女ぶり。

徳姫が築山殿の悪行を父・信長に密告したことにより、信長が家康に、築山殿と信康の処刑を命じます。

(このあたりの事実は明らかではなく、信長は、信康殺害だけを命じたとする説、信康の殺害も、築山殿の殺害も徳川家の事情によるものとする説があります) 

そして天正7年(1579)の8月29日 
家康の命令が下り、築山殿は野中重政と岡本時仲により、人里離れた山中(佐鳴湖岸小藪村)で殺害されてしまいます。(築山殿の侍女の一人も入水し殉死)

築山殿は時に38歳だったといわれ、首は岡崎に運ばれ、胴は家康の命により、渓翁禅師によって西来院に葬られました。

現在、築山殿の廟堂である西来院・月窟廟の前には、2基の石灯籠があります。
これは、家康に命じられて、築山殿を殺した家臣のひとり、野中重政の子孫が、100年後に曽祖父の罪障消滅を念じて寄進したものといわれ、築山殿の死後、様々な不吉な事が起こり、その殺害に加わった家康の家臣やその子孫たちは、怨霊のために不幸に見舞われたといわれています。

延宝 6年(1678)、西来院の玄風禅師の願いにより、法要がいとなまれ、法名も清池院殿潭月秋天大姉と改められています。 
また月窟廟は、昭和20年(1945)の空襲で本堂などとともに焼失してしまい、現在のものは、昭和 53年(1978)の四百年忌に復元されたものとのこと。

なお築山殿非難の文献は江戸時代の中期以降から見られるようになったといわれ、はたして悪女だったのかどうか疑われています。

築山殿の墓 西来院 静岡県浜松市中区広沢 2-10  



東京から浜松まで格安3,200円!


浜松駅から徒歩5分、モーニングサービス付(パン&コーヒー無料)、セミダブルで大人1泊2,500円!!



ポチっとお願いします。とても励みになります。


テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 築山殿 徳川家康 今川義元 織田信長 静岡県 徳姫

徳川家康、甲斐国新府に入る(今日は何の日)

8月10日 天正10年(1582) 
徳川家康、甲斐国新府に入る

天正元年(1573)武田信玄が信州駒場で病死します。 武田勝頼は、徳川領・遠江の高天神城を落とし、東遠江を平定し、領土を広げます。

 しかし翌年の長篠の戦いで大敗を喫すると、織田・徳川連合軍の逆襲が始まります。

天正9年(1581年)、徳川軍の攻撃によって高天神城陥落。 高天神城の陥落は武田家の威信を大きく下げ、国人衆は大きく動揺、日頃から不仲な一門衆や日和見の国人の造反も始まることになるのです。

武田勝頼は、織田・徳川連合軍への備えのため、躑躅ヶ崎館より強固な韮崎の地に新府城を築城して防備を固めます。

しかし、翌年(天正10年)2月には、信玄の娘婿の木曾義昌が、織田信長に寝返ってしまいます。

その頃、織田信忠が伊奈方面から、金森長近が飛騨から、徳川家康が駿河から、北条氏直が関東及び伊豆から武田領に侵攻してきます。

これに対して武田軍では組織的な抵抗ができず、領内各地で敗走や降伏が相次ぎます。

天正10年3月、勝頼は未完成の新府城に放火して逃亡。 
そして武田氏ゆかりの地である天目山で、正室の北条夫人、嫡男・信勝と共に自害します。

ここに450年の歴史を誇る名門・甲斐武田氏は滅亡しました。

その年の6月、本能寺の変で織田信長が急死すると、事実上空白地帯となったこの旧武田領を巡って、徳川・北条・上杉、真田が対立を深めていきます。

徳川家康は、酒井忠次・奥平信昌に信州路を進ませる一方で、自身は7月には甲斐へ入り、そして8月10日、新府城に入ります。 

この争いは、徳川家康と北条氏直の戦いに発展(天正壬午の乱) さらに天正壬午の乱は、小田原の役へと発展していきます。

ゆかりの地・史跡

新府城(新府中韮崎城)  山梨県韮崎市中田町中条上野 国指定史跡

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 武田勝頼 徳川家康 山梨県

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。