ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅井万福丸(輝政)が磔に処される(今日は何の日)

10月17日 天正元年(1573)


浅井万福丸は、北近江の鷹といわれた浅井長政の嫡男。

生母は不明。お市ではないとの説も。
2011年のNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」で主役となる江や茶々、初の兄です。

天正元年(1573)、織田信長は、3万の軍勢を率いて北近江への侵攻を開始します。
織田軍の総攻撃が間近になったと悟った小谷城の浅井長政は、継室・お市に三人の娘(茶・初・江)と一緒に山を降りるように説得します。

織田信長も、妹・お市の身を案じ、小谷城に遣いをやり、降伏を勧告。
長政は拒むお市を説得し、三人の娘と一緒に信長の本陣へ送り届けました。

しかし嫡男の万福丸は越前へ逃がし、敦賀の木村貞之介という者のところへ預けます(生まれたばかりの次男・万寿丸は城下の寺院へ預けられた)。

天正元年9月1日、浅井長政、自害。

信長は禍根を絶つため、「我が甥である万福丸を、長政に劣らぬ立派な武将に育てる」と
お市を騙し、万福丸の居場所を聞き出したといいます。

そして早くも9月3日、万福丸は捕まり、羽柴秀吉のもとへ送り届けられたのです。

信長はすぐにその処刑を命じたといいます。

万福丸は天正元年10月17日、関ヶ原で磔(串刺しとの説も)に処されました。
万福丸、享年10。


捕まってから処刑まで、1ヶ月半、この間、何があったのでしょうか?

お市による兄・信長への、助命の懇願か?

なおこのいきさつは、秀吉の独断という話もありますが真相は不明です。





1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

 

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 逸話 織田信長 浅井長政 お市の方 万福丸 羽柴秀吉 茶々 お初 お江

織田信長、小谷城へ攻撃開始 浅井久政自害(今日は何の日)

8月27日 天正元年(1573)



天正元年(1573)、織田信長は、3万の軍勢を率いて北近江への侵攻を開始します。

浅井長政は居城の小谷城に5000人の軍勢とともに籠城し、朝倉氏へ援軍を要請します。朝倉義景は自ら2万の軍勢を率いて小谷城の北方まで進出しますが越前への連絡路を脅かされたためやむなく撤退。

 
織田信長は本陣に羽柴秀吉を残して、自ら軍を率いて撤退する朝倉軍を猛追します。8月17日には、朝倉氏の居城一乗谷城を攻め、焼き払い朝倉義景を自害に追い込み、朝倉氏を滅ぼします。 

そして8月27日、小谷城攻略を請け負った秀吉は、3000の兵を率いて、浅井久政(長政の父)と浅井長政の連携を遮断するため小谷城京極丸を攻撃しておき、まず浅井久政の小丸を攻略します。 

窮地に陥った浅井久政は、近侍の浅井惟安(浅井福寿庵)の介錯により自害します。(介錯を務めた浅井惟安も直後に自害)

その日、羽柴秀吉は浅井久政の首級を携え、織田信長が陣を構える虎御前山へ届けました。

浅井家が滅亡するのは、これから4日後のことです。


ゆかりの地・史跡
小谷城跡 
滋賀県東浅井郡湖北町伊部

小谷寺(おだにじ)
浅井家三代の祈願所 浅井家の滅亡とともに焼失。現在の小谷寺は豊臣秀吉の再建で、かつての寺地から南方400mの所にあります。
本尊の如意輪観音をはじめ、浅井長政正室・お市の方の持念仏・愛染明王、片桐且元の守護仏・十一面観音、菅原道真筆の両界蔓茶羅、雪舟の釈迦如来像、国の重要文化財の孔雀文磐などの宝物を所有しています。 

山門脇の大きな松の切株は、お市の方が長政と死別した後、柴田勝家に嫁ぐ直前に自ら植えたものといいます。

再来年は、NHK大河「江~姫たちの戦国~」があり、茶々、初、江が生まれた小谷周辺は多くの人が訪れるスポットになっているでしょうね。

静かに拝観するなら、今年か、来年前半までがよろしいかと。
小谷寺境内、普段はうっそうと茂る天然林の中、静寂そのものだそうです。


拝観料200円 問い合せ 高密照円TEL:0749-78-0257
JR長浜駅からタクシーで20分/駐車場 普通5台

ポチっとお願いします。とても励みになります。

 

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 織田信長 浅井長政 朝倉義景 羽柴秀吉 NHK 滋賀県

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。