ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室町幕府のラストエンペラー没す(今日は何の日)

8月28日 慶長2年(1597)


足利義昭は、室町幕府の第15代将軍で、室町幕府最後の将軍。
 
永禄8(1565)年、足利義昭は、亡き兄・義輝の側近だった一色藤長、細川藤孝らに助けられ、幽閉先の奈良興福寺の一乗院を脱出します。
その後、越前の朝倉家などを頼りつつ、各地を転々とします。 貧乏公方」とまで言われ、大名家に助力を嘆願する毎日でした。足利将軍家復活への執念は、剣豪将軍ともいわれた兄・義輝に勝るとも劣らなかったといいます。
 
足利義昭は気位が高く名誉心に富み、それに見合った力量を備えていました。
将来を見通す力、現実を見る力、決断力を秘め、苦しい立場に追い込まれても忍耐強かったといいます。
だからこそ、自ら兵を持たず、信長包囲網をつくり上げることが可能でした。
足利義昭は、俗に言われる陰険な小者ではなかったといわれます。
 
永禄11年(1568)、足利義昭は流浪の末、織田信長に助けられ、念願であった室町幕府第15代将軍に任じられます。
 
しかし義昭は、織田信長が中央での実権を握るための道具として自分を利用したのだと気づき、兄の義輝同様、操り人形になるのを嫌った義昭は、信長と激しく対立するようになります。
 
信長包囲網を築くも失敗に終わると、義昭は信長によって京都を追われ備後に下向します。
 
そして天正10年(1582)、ついに本能寺の変を引き起こす(?)のです。
(本能寺の変・足利義昭黒幕説)
 
 

足利義昭の晩年は秀吉の御伽衆に加えられ、太閤の良き話し相手となります。

天正16年(1588)大坂で落飾し昌山道久と号す。

慶長2年(1597)の8月28日、大坂で死去、享年61。

ポチっとお願いします。とても励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 足利義昭 織田信長 本能寺の変

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。