ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田四天王・滝川一益 逝く (今日は何の日)

9月9日 天正14年(1586)
 
滝川一益は、近江甲賀の出身で、浪人中を織田信長に拾われたと伝わります。
武功によって出世し、織田四天王にまでのぼりつめた織田家中の重鎮で、豪放磊落な武将として知られています。
その戦いぶりも勇猛で、先鋒でも殿でも、一益に任せておけば安心だと信長にほめちぎられました。
 
永禄12年(1569)伊勢北畠氏の攻略や、天正2年(1579)伊勢長島一向一揆征伐での武功を認められ、長島城と北伊勢などの支配権を与えられました。
この頃には、宿老として名を連ねるまでに出世しています。
 
天正10年(1582)には、甲斐武田の征伐を企画、一益自身も軍監として出陣し、武田勝頼を天目山に追いつめ討ち取り、関東管領の栄職につきます。
 
しかし、本能寺の変後の北条氏との神流川の戦いで大敗。滝川軍1万8千、北条軍5万が激突したこの戦は、戦国史上、関東で最大の戦といわれ、滝川軍は3,760名もの死者を出しました。
さらに羽柴秀吉との織田家後継者争いにも敗れ、剃髪し越前大野に蟄居します。
 
そして越前の小さな所領で、晩年を穏やかに過ごし、
天正14年の9月9日、亡くなりました。享年62。
 
関東管領として上野の厩橋城に住んでいたときのこと。
山で鶴と雀を見つけた一益は、しばらく眺めたあと、静かに近臣にこう言ったといいます。
【滝川一益 名言】
『我らが昼夜の心遣い察して見よ。汝らは鶴を羨まず、雀の楽しみを候え』。
(鶴は、我ら大名のように常に周囲を警戒しながら餌を食べ、寸部の油断もない。大名はわずかの間も気楽に過ごすことはできない。それに比べて、雀は人がいても平気で餌を食い、仲間同士で遊んでいる。お前たちは雀の楽しみを味わうが良い)
 
大名としての生活に疲れていたのでしょうか。
織田四天王にまでのぼりつめた一益の言葉。その立場になってみなければ言うことができません。そう、その立場になってみなければ・・・!
 
 
今週特集している前田慶次は、一益の甥っ子とも実子とも言われています。
(加賀藩史料)
 
ゆかりの地・史跡
厩橋城(前橋城) 群馬県前橋市大手町1丁目 
石垣、土塁、堀などの一部が現存します。
 
滝川一益墓所
高野山金剛峯寺 和歌山県伊都郡高野町高野山132
信楽寺 島根県松江市竪町88
妙心寺 京都府京都市右京区花園妙心寺町64


1クリックで1票、応援お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

 

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 織田信長 滝川一益 前田慶次 逸話 名言 群馬県 島根県 京都府

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。