ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まことの武将・武田信繁と真田信繁(幸村)

武田信繁は、信玄の4歳下の弟です。別名:典厩
文武・人物ともに優れ家中の人望も高く、武田信玄の
副将として活躍しました。

永禄4年(1561)第4次川中島の戦いで、
上杉軍が武田軍に迫り、武田軍が劣勢に追い込まれる中、
武田信繁はすぐさま信玄に遣いをやります。

「我が隊は全員玉砕をもって眼前の敵を防ぎとめるので
援軍の必要はない。御大将にはよろしく大局の戦勝を」
と伝え、自ら敵陣に突撃し、討ち死を遂げました。
武田信繁、享年37。

戦いの後、信玄は信繁の遺体を抱いて号泣したといいます。

遺骸は鶴巣寺(のちに典厩寺)の境内に埋められました。

美濃・崇福寺の快川紹喜は
「典厩公の戦死は、惜しみても尚惜しむべし。蒼天」
書き記しています。

武田四天王のひとり、山県昌景は
「古典厩信繁、内藤昌豊こそは、毎事相整う真の副将なり」
と評したといいます(『甲陽軍鑑』)。

また江戸時代の儒学者である室鳩巣はこう賞賛しています。
「典厩公こそは天文、永禄の間に賢と称すべき武将であった。
兄信玄に使えて人臣を失うことなく、その忠臣、誠実は
人の心に通じ、加えて武威武略に長じ、知剛知柔、
まことの武将とは信繁のごとき人物をいう」


第4次川中島の戦いの際、信玄の小姓役だった真田昌幸は、
信繁の武勇に深く感じ、次男に信繁と命名しています。


武田信繁ゆかりの地・史跡
典厩寺
武田信繁の菩提を弔うために真田昌幸の長男・信之が
寺号を典厩寺と改称して、寺領5石の朱印地を給しました。

八代藩主・真田幸貫は、万延元年(1860)、
川中島合戦300年を記念して閻魔堂を建立し、
6,000余名といわれる戦没者の菩提を弔いました。

典厩寺の山門は、真田3代藩主幸道の霊屋の門を
移築したもの。
典厩寺は真田歴代藩主から手厚い保護をうけました。

武田信繁の墓の他、典厩信繁公の首きよめの井戸、
信玄の愛石(躑躅ヶ崎館の庭石)、
謙信の力石(春日山の石)
川中島典厩寺記念館などがあります。
長野市篠ノ井杵渕1000  026-292-3335

川中島典厩寺記念館
入館料:大人200円 小中学生150円
信玄や信繁、山本勘助の絵や、
信繁が着用した鎧・兜・刀・槍の柄、鶴の足の鞭、
謙信の鉄扇などが置いてあります。

1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅 - ジャンル : 旅行

Tag : 逸話 武田信玄 武田信繁 真田幸村 長野県

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。