ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽柴秀吉が、石田三成・千利休を従えて有馬に湯治(今日は何の日)

9月14日 天正13年(1585)

天正13年(1585)というと・・・
その3年前、本能寺で織田信長が討たれ、羽柴秀吉は謀反を起こした明智光秀を山崎の戦いで敗走させると、翌年、信長継承問題で対抗する柴田勝家を賤ヶ岳の戦で破ります。さらに天正12年には、小牧・長久手の戦いで、織田信勝と徳川家康を配下にすることに成功。
羽柴秀吉は、実質的な天下人となっていました。
そして大坂城を築城して居城とし、天正13年7月11日には、人臣の最高位である「関白」となります。さらに9月9日、朝廷より、「豊臣姓」を下賜されます。

その5日後のことです。 
9月14日 羽柴秀吉、治部少輔・仁右衛門・紀介・抛筌斎・施薬院全宗・今井宗久・今井宗薫ら側近を随行させ摂津国有馬に湯治。

「治部少輔」とは石田三成、「仁右衛門」とは増田長盛。「紀介」とは大谷吉継、「抛筌斎」は千利休のことです。

秀吉はこの前年くらいから頻繁に有馬に湯治のため訪れています。体調が思わしくなかったのでしょうか?
しかし、これだけ多くの側近を連れての湯治は珍しく、関白になったことのお祝いも兼ねていたのかもしれませんね。

ちなみにその年の2月5日には、ねね(北政所)が、有馬湯山に薬師堂建立(再建)のため、1500貫と地料として100石を寄進しています。妻として秀吉を陰で支えていた様子がちょっと分かりますね。

 


1クックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 羽柴秀吉 ねね 千利休 温泉 逸話 兵庫県 石田三成

コメント

No title

妻の力も立派ですね。
武将だけでなく妻も祝福されるべきです。

私もブログで戦国時代について語ってます。

コメントありがとうございます!

そうですね。功名をあげた武将たちの妻を調べてみると、かなり興味深いものがありますね。ゆうたさんのブログ拝見しました。知らないこともたくさんあって勉強になりました!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。