FC2ブログ
ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田水軍の拠点 遠江国遠目城・持船城を徳川軍が攻撃(今日は何の日)

9月19日 天正7年(1579)
 
甲斐の武田信玄は、信濃侵攻を本格化させるため天文23年(1554)に甲相駿三国同盟を締結します。しかし川中島の合戦が一段落するのと時を同じくして、駿河の今川義元が敗死し今川氏真が当主になると、武田信玄は徳川家康と今川領の分割を提案、密約を結び、今川領に攻め取ることにしました。
武田信玄は永禄10年(1567)、駿河に侵攻するも、今川方に北条氏政の援軍が到来し、さらに北条氏政と上杉謙信との同盟が締結したため、戦況不利とみて信玄は撤退します。
それから2年後の永禄12年(1569)、信玄はまず今川に味方する北条を攻め、抑えることに成功すると、駿河に侵攻。花沢城、徳之一色城を落とし、駿河を支配下に置きます。
 
駿河への侵攻は、武田信玄にとって領土拡大だけでなく、もうひとつ大きな夢のためでもあったのです。それは戦国最強といわれた武田軍が持てなかったもの、海、そして水軍でした。
山に囲まれ海のなかった甲斐国が、念願の海を手に入れたのです。
武田信玄は水軍を使って、北条水軍に対抗するだけでなく、京に攻め上ることを考えていたのでしょう。
 
武田信玄は早速、旧今川の家臣を船大将におき、水軍を編成します。
そして孫子の兵法を元に、向井伊賀、伊丹大隈らが諸種の水軍流を折衷して独特の「甲州水軍」を組織します。
 
その武田水軍の拠点となっていたのが持船城とその出城である遠目砦でした。
 
武田信玄存命中に、その活躍の場を与えられることはほとんどありませんでしたが、天正元年(1573)には、北条水軍と戦っているといいます。
 
その武田水軍(海賊衆)の編成
旧今川衆・・・船17艘
旧伊勢衆・・・武田軍唯一の大型軍艦1艘、船20艘
旧北条衆・・・船15艘
 
天正7年(1579)の9月19日、高天神城包囲のために横須賀城を本陣としていた徳川家康は、まず持舟城の出城であった遠目砦をおとし、大崩の海岸沿いに持舟城を攻撃し、これもおとします。
 
 
 
しかし武田水軍が無くなったわけではなく、その後も袋城(清水城)を水軍基地とし、天正8年(1580)には武田勝頼が、駿河湾の重須沖で相模水軍と激しい海戦(重須の戦い)を行いました。
 
武田信玄ゆかりの地・史跡
持船城 静岡県静岡市駿河区用宗城山町
JR用宗駅から徒歩10分
塁,堀切,竪堀,井戸が残ります。
 
遠目砦(当目砦) 静岡県焼津市浜当目字殿山
JR焼津駅から徒歩30分
曲輪,空堀が残ります。
 
袋城(清水城) 静岡県静岡市清水区本町 JR清水駅から徒歩20分ほど。
武田氏が築いた水軍基地 清水湊の発祥 
遺構は何もありませんが、上総稲荷神社には袋城の石とされるものが置かれています。


1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。
スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 武田信玄 武田勝頼 静岡県

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。