ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長宗我部元親が黒瀬城を落とし南伊予を平定(今日は何の日)

10月19日 天正12年(1584)

長宗我部が土佐を統一したのは天正3年(1575)。

天正3年といえば、織田信長がその2年前に浅井・朝倉を滅亡に追い込み、翌年には長島一向一揆を鎮圧、中央で勢力拡大・統一事業を進めながらも信長包囲網に対していた頃です。
そしてこの当時は、長宗我部元親と織田信長は友好関係にありました。

元親は土佐統一後も信長と誼を通じ、領土拡大を目指します。
「一領具足」と呼ばれた半兵半農の強兵を率いて、阿波・讃岐へ進出し、天正8年(1581)までには四国の大部分を平定します。

しかし、その台頭を快く思わない信長と対立するようになり、四国征伐の準備までされていましたが、天正10年(1582)6月、本能寺の変で信長が急死。

窮地を凌いだ元親は、再び四国の平定を進め、天正10年(1582)阿波を掌握。
そして天正12(1584)年10月19日、西園寺公広の黒瀬城を落とし、南伊予を平定します。

そして翌年、河野通直らを降して伊予を制圧し、ようやく四国全土を統一するも、そのわずか数週間後、秀吉による四国征伐がはじまり、10万の兵が押し寄せ、秀吉に降伏、伊予一国の領有となってしまうのです。

信長は生前、元親をこう評していたといいます。
「鳥なき島のコウモリ」
田舎大名だが、油断のならない奴。


ゆかりの地・史跡
黒瀬城 曲輪、石垣、井戸跡などが残ります。
愛媛県西予市宇和町卯之町
JR予讃本線卯之町駅~徒歩10分で登城口

1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 長宗我部元親 織田信長 高知県 愛媛県

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。