ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上杉景勝が五十公野城を攻略(今日は何の日)

10月24日天正15年(1587)

上杉景勝軍の寄せ手は直江兼続、藤田信吉。
上杉景勝31歳、直江兼続27歳の時のことです。

天正15年(1587)年10月13日、景勝は新発田重家領内の五十公野(いじみの)城の東の峰続きに本陣を構え、火矢・大砲で攻めます。
そのときすでに城内には内応者が出ていました。
それは城主・五十公野信宗の側近、河瀬次太夫、羽黒権太夫などでした。

信宗自身も本丸を出て討って出たのですが、藤田信吉隊が木戸に迫ったところで、内通者が城門を開け放ち、藤田軍を引き入れます。
寄せ手は木戸を押し破って乱入、二ノ丸に火を放ったため、やむをえず信宗は本丸に入ろうとしますが、「ニの見橋」の上で内通者の羽黒権太夫が馬上よりこれを引きずりおろし、そこを河瀬らに頸を切られてしまいました。
そして10月24日、城兵一千余も討ち死にし、新発田氏の重要拠点だった五十公野城は落城してしまいました。(10月13日説あり)

そのまま上杉景勝、直江兼続は1万の兵で新発田城を包囲。
新発田勢は家臣共々最後まで戦いますが、ついに新発田重家は城を打って出て、敵陣に突入すると甲冑を脱ぎ捨て、真一文字に腹を掻き切って自刃したといいます。

ここに、7年もの間、直江兼続を悩ませ続けた新発田重家の乱が集結します。

ゆかりの地・史跡
五十公野城址
新潟県新発田市五十公野 新発田市立東中学校裏手
城跡説明板、曲輪跡、堀切、土塁など。

五十公野御茶屋
新潟県新発田市五十公野4926
入場料:無料 
休館日/月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日が休み)、12月1日~3月31日
新発田市役所(生涯学習課):TEL.0254(22)3715(代)
五十公野御茶屋は、新発田藩藩主溝口家の別邸、茶寮として使われた庭園。

現在の建物は1814年(文化11年)建築。1999年(平成11年)に復元修理。新潟県指定有形文化財および国指定名勝です。
奉先堂公園の名称で日本の歴史公園100選にの指定されている、回遊式日本庭園は見事で、日本の美の奥行きを十分に感じさせてくれます。現在の御茶屋は、数寄屋造りの簡素なたたずまい。ゆったりとした気分になれる場所です。
紅葉も素晴らしいところですよ。


1クリックで1票、応援お願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
こちらもポチっとお願いします。とても励みになります。
スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 逸話 直江兼続 上杉景勝 新潟県 新発田重家

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。