FC2ブログ
ゆかりの地 都道府県検索 温泉特集 おすすめホテル・旅館(随時作成中) NEW戦国関連書籍
山梨ビデオ制作

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石田三成の名言・逸話

ある年の10月、毛利輝元から秀吉公に献上したいと大きくて見事な桃が届けられました。

旧暦の10月といえばすでに初冬。桃の時期ではありませんが、この時期には珍しい大きな桃を献上すれば秀吉は喜ぶことでしょう。 

しかし石田三成は、毛利家の使いの者に返してしまいました。
石田三成はその使いのものにこう言ったといいます 

「珍しいものであるから殿下は喜んで召し上がるでしょうが、万一病気になられることがあるかもしれませぬ。なるべく季節のものを献上されるのが良い」と。

現代は、季節外れで珍しいというのが好まれますが、旬の物と比べたら味も栄養分も数段落ちます。旬のものが一番美味しいんですね。

この逸話は、主君・秀吉に対する石田三成の気配り、誠実さを伝えるもので、忠実無比の家臣だったことが分かります。



次は有名な石田三成の名言

関ヶ原の戦いで敗れた石田三成は、即戦場を離れます。逃れた先の伊吹山で捕らえられ、六条河原の刑場に引かれていく途中、三成は警護の者に湯が飲みたいと願い出ます。

しかし、湯がなかったため、代わりに干し柿を渡すと「それは痰の毒になるからいらない」と断りました。
「これから首を刎ねられる者が、毒絶ちするとは稀代未聞のことよ」と警護の者が嘲笑うと、三成は毅然としてこう言いました。

「大義思ふ者は、仮令首を刎ねらるる期迄も命を大切にして、何卒本意を達せんと思ふ」 (明良洪範)
(大義を思う者は、首を刎ねられる最後の瞬間まで命を大事にして、なんとか本意を達しようと思うものだ)

石田三成は関ヶ原の戦いで敗戦後、自刃せず即戦場を離れました。これは命を惜しんだわけではなく、大坂に潜入し機を見て再挙をはかろうと考えたものといわれています。



戦国武将フィギュア/石田三成


トートバッグ石田三成
 

ポチっとお願いします。とても励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 戦国時代 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 石田三成 逸話 名言 毛利輝元 羽柴秀吉 グッズ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。